昨日は月島さんの原作からネームを上げて、
今日は早起きして、目標2ページ。
そうです。「いつもの」(タイトルね)と言っておきながら、
周期が全然いつものじゃない、
1年に4回の漫画家週間がやって参りました。

一昨日にサロンバー「フランス座」へ行き、
「漫画書きたくないんだよねー、あぁ大変だ。大変だ。」
と石野ママに酒も飲まず愚痴をこぼしていましたが、
それは本音ではなく、そんな事を言う自分が、
嬉しくて溜まらないのですよ、実のところ。
僕の少年時代の夢は「漫画家」だったので、
つまり、漫画家さんがやりそうなことを
一通り全てシュミレートしたいのです。

あとは何だろね。
頭にタオル巻いたり、灰皿を一杯にしたり、
ペンダコを作ったり、腰痛になったり、
電話がリンリン鳴って宙を舞ったり、
ドンドン!(ドアを叩く音)「先生締切ですよー!!」
と言われたり。

こんなことを言うと、お知り合いの先生方に、
「そんなもんじゃねーよ」と怒られそうですが、
かくゆう僕もイラストの仕事の時は、
アシスタントはいないものの、同じような体験をしている訳です。
マンネリカップルがコスプレで再度盛り上がる的なものでしょうか。
まぁ、まず一番にそんなことを考える前に描けと。
はい。

そんな訳で、1年に4回の名付けて"趣味レート"。
秋も近く肌寒いということでスタート。
あぁ大変だ、大変だ。