山川彌千枝『薔薇は生きてる』という書籍の表紙を描きました。
彼女は1933年にわずか16歳で肺結核により亡くなり、
遺稿集として編まれた本書は、当時ベストセラーとなり、
川端康成や高見順らから高い評価を受けたそうです。
そこに綴られている短歌、日記、絵から、
不思議と古さなど一切感じないのは、
いつの時代も乙女心は普遍的ということかもしれません。
とても美しいこころの作品に額縁を添えられたこと、
光栄に思います。彌千枝さん。

乙女本と言えば、能町みね子さんの
『オカマだけどOLやってます。』が面白いです。


題名の通り彼女は男性だったのですが、
ラジオのリスナーさんから教えてもらった
コレなんて、視点がほんと女性らしい。
それ以前に文章自体面白いので是非読んでみて下さい。

また、小学館きららで前号からはじまった、
月島さんとの共作「微風(そよかぜ)アパート」の第2回を描き上げました。
(第1回はコチラからご覧になれます)
今回はバンドをしている男の子のお話。
男の子を描く時心掛けていることは、
僕も女性になったつもりで好きな男性像を描くということです。
可愛い男の子が描けました。

それはそうと月島さん、Blog更新しないと怒るワヨ!!
いつの時代も乙女心は複雑なのです。