怒涛の締切ラッシュも残すところ、あとひとつ。

まず、NHKブックから発売中の鈴木謙介ウェブ社会の思想
こういうの、論文って言うんだろうかね。
読むのははじめてだったけど、
古谷実漫画の例を挙げて現代社会を見る角度は、
斬新でかつわかりやすく、目から鱗でした。

そして毎月恒例となった角川・赤川次郎ベストセレクション。
今月は『プロメテウスの乙女』『探偵物語』です。
2冊とも若干今までと違ったイラスト技法(?)を取り入れています。お楽しみに。

そして今日は飯塚健著『彩恋』(小学館)を仕上げました。
「さいれん」と読みます。洒落たタイトルですね。
これは8月4日から公開される映画の原作本で、
女の子3人による青春は1度だけ、
または夏休みはもう終わり~♪。

飯塚さんは音楽がとても好きみたいで、
くるりやハイロウズの曲なんかも自然にストーリーに入っています。
ここ最近読んだ本の中で年代的にも一番リアルにガツンと、
そしてホロリときました。
文章の上手い下手や好き嫌いは人それぞれですが、
夜は短し歩けよ乙女の森見さんとはまた違った、
美しくセンスの良い言葉遣いです。
月末発売された際には書店で、是非。


さぁさぁ、週末はS▲ILSのライブだよ。
共演はぶっちょカシワギくんの遅すぎた青春バンド"トンボ"。
そしてサイキック青年団から我らが"兄貴"竹内義和先生の弾き語り。
司会・草壁コウジでお送りするライブ&トークショウです。
みんな来てね。竹内先生の弾き語りだけでも見る価値あるんだから。
ほんとに楽しみだわ。

2007年6月10日(日)「セミの抜け殻」
共演/竹内義和・トンボ・草壁コウジ
会場/大阪心斎橋・CLAPPER
open 18:30/start 19:00 | 1500/2000
問合せ)大阪市中央区西心斎橋2-10-34心斎橋ウエスト363ビル B1F
TEL : 06-6213-6331