良く眠れた昨日は朝から月島さんと打ち合わせ。
フクロウが2羽揃って、それはそれは眩しそうに目を擦りながら、
「少し遅れたけど、誕生日プレゼントだよ」と言って、
安達哲『さくらの唄』上下巻をいただく。
無理しちゃって。
去年のリプトンミルクティも同じくらい嬉しかったのにさ。
でも2月14日付近にプレゼントを貰うと、
バレンタインみたいでくすぐったいじゃないか。
男同士で可愛い光景じゃないの。
どうもありがとね。



絵描きを目指す美術部高校生の青春もので、
山本直樹や喜国雅彦の雰囲気にも似て、
ちょっと汗ばむ本当の青い青春。
面白かった。
それはそうと、読ませたい本があるって
素敵だなと思いました。
今度、彼の誕生日には聞かせたいCDをあげよう。

春に発売をあわせるということで、
彼と共作している「いつもの」連載の大学漫画は
4月発売予定とのこと。

夜はこの度めでたく1人暮らしをはじめた
「コウジのひとりあるき」こと、
草壁さんと久々に2人っきりでラジオを録りました。
つなぎの番外編的な。
どういう風にアップしよう。
その後、夜を徹してイベントの打ち合わせ。
面白いことが出来そうだ。

朝、葉月京先生から、コメント・イラストを寄せて頂いた、
恋愛ジャンキー第21巻と、洋菓子が届く。
心遣い、大変嬉しく思います。



そんな今日、阿倍野は雨模様。
ソーダ水を跳ねて遊覧する路面電車を想像する度、
GOMES THE HITMAN「雨の夜と月の光」を聞きながら、
やっぱり街へ出たくなるけれど。