昨日は朝まで仕事をして、そのまま我が母校・大阪芸大に
青春の弔い合戦をしに行きました。
と言うのも、今回S▲ILSが出演させてイベントの企画団体 "ニューフォークサークル"は、
助手2年を含めた大学生活6年間、
雨の日も風の日も学内でブツブツと弾き語りをしていた横で
楽しそうに音楽活動をしていたサークルで、
まぁ、早い話バンドを組めなかった僕は羨ましかったのです。

ちょうど僕の青春が影を落とす12号館の下、3時半。
「帰ってきたなぁ」といった気持ちでライブは始まりました。
ベースの俊介くんとサポートキーボードのシフゾウ優ちゃんは、
このサークル出身なのでいつもより伸び伸びと、
ドラムのロンさまはフィアンセが見に来ていたのでいつもよりしなやかに、
リーダー藤野氏は初の芸大、初の学祭ということで、
いつもより弾けるようなフレーズを弾いていました。
僕はと言えば、何かとりつかれていたモノを
振り払うような死闘だったので良く憶えてませんが、
前回の下北沢monaレコードの時より、
安定して歌えて、1回弦を多く切りました、3弦。

今回のイベントで取りを勤めた"ニーハオ!"は京都の女の子3人組バンド。
ベース2本+ドラム編成かと思えば、
キーボード・サンプラー・ドラムにトランスフォーム。
暴力的かと思えば可愛くて、無茶苦茶かと思えば整理されていて、
ああいうのって正に女性ならでは正直さとバランス感覚なんだと思う。
とっても格好よかったです。

来てくれた人たち、遠いところ本当にどうも有難う。
山の空気はとても美味しかったでしょう。
呼んでくれたNFC、大変お世話になりました。
さあ、僕も除霊も済んだので、次はまた新たな気持ちで
音楽活動に取り組めるような気がします。
次は12月28日に扇町ムジカ、3月か4月にはまた東京。

これにて1ページ目は終了。


撮影・邪王院弘