最近は日記も書けないほど忙しいと、
久しぶりの第1行目に相応しい台詞を吐いたところで。

今日は月島さんと一緒に、
大学漫画「いつもの」第2話のネーム制作。
「ネーム」というのは、別に名前というわけじゃなく、
イラストでいう「ラフ」、音楽でいう「プリプロ」、
映画でいう「絵コンテ」みたいなもので、
ノートに簡単な絵で構成を決める工程です。

彼と一緒に何かをやると、
いつもアイデアが湯水のように溢れ、
作業時間も短縮できるのが、あら不思議。

僕はストーリーを作るのが苦手で、
大学生の時、一度は漫画家になるのを諦めました。
だけど小学生の時にタイムカプセルに入れた夢は
「ゆでたまご先生になる」。
そして、幸か不幸か運命か、
ゆでたまご先生には2人じゃないとなれないので、
僕らの夢もまだまだはじまったばかりのようです。

じゃあ、本当の"ネーム"を付ける時が来たら、
「ゆでたまご"2世"」、もしくはそのまま襲名で。
あぁ、やっぱり同時代にそんな名前にすると
「新・加瀬大周」みたいでややこしいので、
それなら「坂本"1世"」で。