ということで昨日は千日前クラブウォーターに、
シフゾウのライブを見に行ってきました。
いやぁ、格好良かった。
ベンフォールズファイブとオブモントリオールと
矢野顕子と無国籍な調味料と牛乳をミキサーに入れて、
出来上がったジュースって言ったら分かりやすいのかな。
前回、S▲ILSのサポートドラムも叩いてくれた
Vo/Keyの豊福優子さん。
MCやピアノに男気があるんだけど歌は女の子で、
バンドメンバーもみなさんも格好良く、
素晴らしいバンドでした。

上にそんなことを書いて、
下にこんなことを書くのもどうかと思うけど、
僕はライブを観るのがとても苦手だ。
展覧会や演劇、スポーツ観戦も同じく、
非現実的なものを受け入れるコップは、
きっともう既にいっぱいなんだろうと自己分析している。
映画や漫画、CDや小説、ラジオやテレビなんかはいいんだよね。
生の人間が目の前に居ないから。
そして出すのもいいんだよ。
割と得意な方だと思ってる。

だからCDはたくさん持っているし、
好きなアーティスト・バンドもたくさん居るんだけど、
ライブに行った回数はほとんどない。
「嫌い」な訳じゃないんだよ「苦手」なんだ。
むしろ気持ちは「好き」で、身体の方が「苦手」と言う。
アレルギーに似てるんじゃないかな。
猫好きだけど抱いたらブツブツやクシャミが出ちゃうような。

そんな僕がライブ会場にお客さんとして居るってことは、
凄くその人のことが好きってこと。
ほら、みなさんシフゾウに興味が出てきたでしょう。
まぁ、逆説的効果を狙った訳じゃないけど、
関西近辺の方は一度お試しあれ。


その後、銭ゲバに寄ってちょっとしたお土産を渡し、
日本橋でおうどんを食べて帰る。
自転車で走る大阪のむせ返る空気が、
何だか妙に心地よかった。
そうだった。夏は暑いものだったね。