今日は明日提出の確定申告の準備を済ませ、
夜はS▲ILSの練習でした。
今回サポートドラムをしてくれる豊さんが、
一番曲を覚えているようで、
とても恥ずかしかったけど、
最後にしたカバー曲はみんな楽しそうで良かった。
何のカバーをするかは、来た人だけのお楽しみ。

帰りにファミリーレストランに寄って、
リーダーの藤野"ソフトロック大将"慶一郎とミーティング。
僕という人間は随分と武装が豪華になってしまったんで、
中々、今更、こころに到達する人が居ないんだけど、
そんな話を出来るリーダーは、
数少ない到達したツワモノ(キワモノ)なので、
"リーダー"って読んでるんだよ。

彼といい、草壁さんといい、月島さんといい、
最近近い人の年齢が「30」なのは、
勿論、僕の精神年齢が高いからじゃなくって、
そういうとこ全てお見通しで、
上手く扱ってくれてるからなんだろうな。


毎日は感謝すべき素晴らしい人生だ。
山彦で帰ってきたのは、いつだって僕の声だろう。