あっという間に2019年も残すところあと2カ月半ですね。という事はカレンダーも残り僅か2枚。
DSC_3008.JPG

2011年からはじまり、いろいろな形、開き方を試行錯誤し、2012、2014、2016、2019年とこれまで5冊のカレンダーを作ってきました。
HMC6VdZKjz.jpg
7月、出版社の方から「2020年のカレンダーはどうします?」と聞かれ、ふと2011年からサイン会の際にときどき言われていた「卓上も欲しいです!」というお声を思い出しました。その時は、「会社では飾れないのはわかるけど、絵のカレンダーだからそりゃ大きい壁掛けの方が良いでしょう」と思っていたので一応試しにTwitterでアンケートを取ってみることにしました。『もし来年のカレンダーが3択なら壁掛けと卓上と両方セット、どれが良いですか?』と。上記のような理由から圧倒的に壁掛け希望者が多いとたかをくくって結果に驚きました。

圧倒的に卓上が多かったのですね。理由は上記の会社の都合だけでなく、一人暮らしや住宅の都合で、壁に穴が開けられないという理由や、飾る場所を選びたい、コンパクトな方が好き等。というより、2011年からの8年間、合計すると7割の方の卓上希望にまったく気付いていなかったにも関わらず、インタビュー等では「イラストでは自分のやりたい事より他者の求めるものを優先したいので、センスよりマーケティングを重視している(キリッ)」等と豪語していた自分が走馬灯のように。ふぅ…とんだ道化師だぜ。ビシッとスーツきめてパーティ出席したのに、家に帰ってきたらチャック全開だったことに気付いた時、友達からメールで「お前今日チャック空いてたぞ」って、もっと早く言って~!社会の窓も鼻毛出てるのも、そういうのその時言ってぜんぜん大丈夫なタイプだから!あぁ、やはりやりたい事と出来ている事はいつも違うのですね(遠い目)。それなのに7割の人が8年間も我慢して壁掛けを使ってくれていたなんて、どれだけ優しいんだ。。。僕はあなたたちの為に生きるっ!!

と言うことで早速、人生はじめての卓上カレンダー制作にうつります。まずはかたち。卓上なら縦長と横長が売っているけど、どちらの方が良いのだろう?僕のイラストは本の表紙なら縦長、CDのジャケットでも正方形で、横長のものが圧倒的に少ないので、「壁掛けと同様に縦長が良いだろう」と出版社に伝えようとしたところ「いや待てよ…」とさっき出た逆の結果を思い出しました。とりあえずアンケート取ってみよう。

ガーン!またも外れた!!ふぅ…危ない危ない。これまでの空想上ではなくほんとうのマーケティングはかなり精神にキますね。理由は「縦長は倒れやすいから」とのシンプルなもの。その後も細かなアンケート、意見交換を繰り返し、ことごとく予想は外れ、精神がボロボロになりながらも、







ついにはじめてのマーケティングによる、はじめての卓上カレンダーが完成しました!
02.jpg
中村佑介 卓上カレンダー2020
13頁/サイズ:18×20×8.5cm/飛鳥新社/1320円(税込)
🧀全国書店、ネットショップにて発売チュウ🐭

vsimK14qOD.jpg
イラストは最新から過去作まで、季節に合わせた12枚をセレクト。予定を書き込みやすく裏写りしにく紙質を選び、裏にもスケジュール欄(こちらに六曜は記載)のある両面仕様。いつものように各月にコメントもあります。チラッと見える脇腹には日々の疲れから解放されるビタミンカラー。さらに2019年のカレンダーがポスターになったように、使用後も各イラスト部を切り取れば、12枚のポストカードになります。
1.jpg
2.jpg
という訳で2020卓上カレンダーのメイキングでした。今回の制作を通し、まるで表紙の回し車を駆け回るネズミのように、今まではその場をドタバタと走っていただけで、あらためて空いた扉から出て、みんなの声を聞かなくっちゃと実感しました。制作にご協力頂いたすべての皆さま、心より感謝申し上げます。本当にどうもありがとうございました。次はお返しする番ですね。生活に、お仕事に、勉学に、皆さまの予定をいっぱい書き込んで、2020年も元気に歩みを進められますように。その時にお傍でご協力出来ればこれ幸いです。少し気が早いですが、2カ月半後の2020年からもどうぞよろしくお願いいたします。
h1b.jpg

https://www.amazon.co.jp/dp/4864107211
(届いた方から早速のレビュー!ありがとうございます)

CDジャケットを描いている仕事柄、「絵を描くときはどんな音楽を聴いてますか?」という質問をよく頂きます。もちろん音楽は大好きだし、CDジャケットを描くときは、その中に収録されている音楽だけを繰り返し聴きながら描いていますが、それ以外はだいたいAMラジオを聴いていることが多いです。

というのも、絵は目と手と集中力を使うので、テレビを見ながら、また友達と遊びながら描くことはできず、それでも耳の寂しさを癒すため、子供の頃から自然と長時間誰かが喋ってくれているAMラジオが友達になりました。僕以外にもそんな出会いをした方は多いのではないでしょうか。当時聴いていたのは、MBS『ヤングタウン』とABC『サイキック青年団』(どちらも関西ローカル)、そして今も聴いているオールナイトニッポンです。

そんな長年聴いてきた「オールナイトニッポン」ですから、イラストの依頼があった時は、夢巳心地で舞い上がりました。それなのに、制作があんなに難航するなんて…

イラストの仕事とは、1枚の絵で見せる読書感想文のようなものなので、先ほども言ったように、CDジャケットならその音楽を、本の表紙ならその文章を、テスト勉強のようにくまなく調べ、そこから、そのテーマや内容がきちんと伝わりやすくなるモチーフを抽出し、整理し、線や色で構成してゆきます。つまりラジオの場合は、当然のようにまずはラジオを聴かなければいけない。しかし、AMラジオの魅力とは2時間なら2時間、その放送時間だけでなく、先週、先々週…脈々と続く流れが産む長い親友関係のような密閉感なのです。つまり「オールナイトニッポン」の今まで聴いてなかった曜日も含め、月~土まで、これからしばらくぜんぶ聴き逃してはいけない。そこでまずは通常の仕事以上に時間を頂きました。

とは言え、元々ラジオ好きなので、「へー、あの人はこんなことに興味があるのかー」とか「アハハ、あの番組の裏ではそんな事情が!?」とか、「ふむふむ、今日初めてリスナーになった人のことを考えながら喋ってる。。。だから売れたんだな!」など色々な発見をしながら、ふと我に返りました。「ハッ!?…ただ遊んでいるみたいじゃないか!」と。真面目に仕事をしているつもりが、傍から見れば、ただただラジオを聴いてゲラゲラ笑っている人です。急に罪悪感が膨らんできた僕は、ラジオを聴きながらできる別の仕事に取り掛かることにしました。それが年始に発表したTVゲームロックマン30周年記念イラストの仕事です(全貌はコチラから)。またまた子供の頃から大好きだったもの。

47581900_1217133128451884_5188307827531702407_n.jpg

こちらも長くたくさんの機種で続いているシリーズなので、まずは今集められるものを揃え、一通りプレイしてゆきます。「へー、このキャラはシリーズごとに設定が少し違うんだな」とか「アハハ、難しいけどやっぱおもしろいなー」とか「ふむふむ、当時の限られたドット絵だからこそ、ボスキャラは毎回色とデザインで差別化してるんだな」など色々な発見をしながら、ふと我に返りました。「ハッ!?…余計遊んでいるみたいになったじゃないか!」と。真面目に仕事をしているつもりが、傍から見れば、ただただラジオを聴きながらゲームをしてる人です。夏休みの子供です。

そんな度重なる罪悪感を乗り越え、聴き続け、下書きをし、
下書き.jpg
更に重なる罪悪感を乗り越え、聴き続け、ラフに進み、
ラフ.jpg
そしてついに出来上がった「オールナイトニッポン」のイラストがコチラ!

LgxAswkFXm.jpg

左上から菅田将暉さん、星野源さん、横山由依さん、岡村隆史さん、山下健二郎さん、オードリーの若林さんと春日さん(※担当曜日順)。他のメディアとは少し違った、ラジオの中の一面を描かせて頂きました。現在配布中のニッポン放送さんのタイムテーブル(2月号)に6パターンの表紙として使って頂いておりますので、どうぞお好きな絵でお楽しみください。関東圏以外の方はぜひ郵送をご活用ください。詳しくはコチラから。


そして僕自身のラジオ番組一期一絵(毎週金曜日23:00~23:20/ラジオ関西)は、今週末にいよいよ2回目の公開収録。

DweckOdV4AAgqTe.jpg

と言っても、いつもの講演会で、母校・大阪芸術大学の卒制展&オープンキャンパス中なので学生さん以外でも、どなたでもご参加可能です。入場無料、先着順。終了後、いつも通り絵の講評も行いますので、希望される方は作品も持ってきてくださいね。

一期一絵・公開収録(中村佑介講演会)@大阪
日時:2019年2月10日(日) 14:00~
会場:大阪芸術大学|9号館101教室
入場無料(※受付は当日13:30~先着280名まで)


胸の中で、夢は漫画家だった子供時代の自分が、いつも別の職種であるイラストレーターになった僕を睨み続けていました。でもこれらの仕事を通し、ようやくあの頃の自分と、今の僕が、ガッチリと握手できたような気がしました。たいへんでしたが、楽しかったです。変わらず、引き続き、よきラジオライフを。

年末といえば、いろいろバタバタと忙しいですが、カレンダー択びがたいへんな時期でもありますよね。どれを選んで良いのかわからなくなるくらい、好きなものがたくさん出てるなんて、それこそ贅沢な悩みでもありますが、無情にも刻一刻と来年は差し迫ってきては、気ばかりが焦ります。

カレンダーは大きく分けると2つのジャンルがあります。ひとつは"装飾性"重視のもの。芸能人、アニメ、動物、絵画、風景、格言など絵柄がついているものですね。目立つ大き目のサイズや枚数が楽しめる日めくりなんかもこちらが多く、どちらかというと家庭用として使われます。もうひとつはほぼ数字と文字のみで構成されており、書き込みスペースの広さや、大きさも卓上等のコンパクトを追求した"機能性"重視のもの。こちらは学校やオフィス用として使われることが多いでしょう。

自分も2011、2012、2014、2016年と過去4作のカレンダーを作ってきましたが、イラストレーターとしてはどうしても前者(装飾的)に寄ってしまいつつも、消費者としては後者(機能的)を好んで使っている。だったら「その2つを併せ持つことが出来ないのか…!?」と毎度に頭を悩ませ、ついにはどうして良いのかわからなくなってしまい、リクエストを頂きながらもそれ以降カレンダーは出しておりませんでした。
BnwC1zfU2l.jpg

そしてようやく答えが見つかり、3年ぶりに2019年度カレンダーを発売することとなりましたので、ここで詳しくご紹介させて頂こうと思います。

Dpi4rCwU4AAi9Ax.jpg
【中村佑介2019カレンダー
http://amzn.asia/d/02rrxZl
A3サイズ/12カ月+ぬりえ5枚/1300円(税込)

カレンダーを出していない間、昨年~今年に大阪、東京、名古屋で初の大型展覧会『中村佑介展』を開催してみて、そこでたくさんのグッズを作らせて頂いた中、とりわけポスターが作者の思いのほかご好評の声を頂き、たいへん驚きました。

47125776_1898383173594087_5935200102158172160_o.jpg

また、使い終わったカレンダーをポスターのようにずっと部屋に貼って下さっているファンの方々の写真も見ることがあったので、それなら今回はポスターをつけちゃおう!それも12枚!!と思い付きました。

sJwDdzNeQtOLXvlNZAhXMQ.jpg

そう、今回のカレンダーは上の絵柄と下の日付部分のデザインを別々にして、使い終えても下をハサミや定規とカッターで切り取れば、12カ月すべてがポスターとして使用できるようにしました。

02.jpg

また同じくカレンダーを出していない間の2016年にぬりえ本「COLOR ME」を出してみて、それも画集やカレンダーとはまた違った楽しみ方をしてもらえるんだ!と驚き、だったらぬりえもつけちゃおう!と。

03.jpg

カレンダーの最後のページ、つまり来年の12月の次の頁からぬりえ5枚、付録としてつけました。こちらも切り離しができ、「COLOR ME」ではどうしてもサイズの都合上、塗りにくかった部分もありましたが、今回はA3サイズと倍以上大きいので、塗りやすいと思います。またカレンダーはポスターになることも考え、ツルっとした軽い紙。ぬりえは別の、画材を択ばないザラッとした分厚い紙にしましたので、アクリルガッシュも使用できます。

DozKmE1UwAAyUqV.jpg

8P-As7OTRIGpsu_HEEKgfg.jpg

そしていつも通り、最新作までの中から季節に合わせた12枚を選び、コメントもありますので、ぬりえの絵柄も合わせ、そちらはお手元に届いてから、毎月楽しんで頂けたらと思います。

Dpi4uH8UYAAjubu.jpg

もうすぐ新しい年がやってきて、平成もおわりますが、こちらはつかいおわっても、いつまでもご一緒できたらこれ幸いです。

rbZbpWhBSvGZo8x5o758yA.jpg
【中村佑介2019カレンダー
http://amzn.asia/d/02rrxZl
A3サイズ/12カ月+ぬりえ5枚/1300円(税込)



追伸/帰省の際にはぜひコチラも。

DsKd1w2U0AExYSE.jpg

いやー、長かった。今回はとにかくすっごい長かった。。。

って書くと、タイミング的に今年1年の印象みたいに聞こえますが、いいえ、先日リリースされたASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューアルバムホームタウンのお話。

91Zm10f-cJL._SL1280_.jpg

というのも、前作"ワンダーフューチャー"から3年半あったものの、その間もベスト盤や新ソルファ、シングル、映像作品集、またvo.ゴッチのソロ等、リリースはコンスタントにあったので、ファンの方にとってはそんな印象はそんなにないと思うのですが、ニューアルバムの予定は、実は1年半くらい前から既にあり(通常は半年くらいでリリース)、その当初は"愛と希望のプレイリスト"という違ったタイトルで、内容も楽曲提供を受けた曲を中心に構成されたコラボ要素の強い、例えるならカバーソング集的な企画盤といった趣きでした。

それもそれで、バラエティに富んでおもしろい内容だったのですが、アルバム全体としての統一感に欠ける場合、数曲を1枚の絵にまとめないといけないジャケットとしては描きにくいなぁ。。。さて…どうしたものかと考えあぐねていると、ゴッチもそのように感じたのか、オリジナル曲をもっと追加すると、制作を延長&リリースを延期し、タイトルは短く"プレイリスト"に変更。そして更に熟成させ、次に現れた時には、『ホームタウン』として、1年半前の企画盤的印象はない、シングル曲もコラボ曲も馴染む、実にまとまりのよい正真正銘9枚目のオリジナルアルバムという見事なかたちに仕上がっていたのでした。


おおらかでどっしりとしていて、でも新しい軽やかな感じも混ざってる、例えるなら「お正月に久々に故郷に帰ると、懐かしい景色の中にも新しいお店もチラホラ出来てた」みたいな、まさに"ホームタウン"な感じ。だからジャケットも同じようにしようと、まずはラフスケッチ

ju_CkW9Sbz.jpg

線が粗いだけで色も完成品とイメージはほぼ同じですが、まだ水面に映っているのが白鳥の雛ではなく猫になってたり、ロゴも角ばった感じですね。ま、こんな風に、アルバムとしてのコンセプトがしっかりした分、そこからのイメージもすんなり浮かんだものの、制作期間は彼らと同様にこれまたいつもの倍以上に時間がかかりました。というのも、今回はとにかく「町」を背景ではなく主人公として丹念に描かなくてはいけないと思い、より細かく描けるよう原画をいつもの倍以上のサイズにして挑んだからでした。

DSC_1369.JPG
製作途中の原画…ジャケット部分だけでトレース台からはみ出しています(笑)

そして、今のこの楽チンなデジタル配信や聞き放題サービス全盛時代(だから当初のタイトルは"プレイリスト"だったのでしょう)、わざわざお店に足を運んで、手に取り、封を開け、プレイヤーにセットする…etcという一連の「モノを所有する」という行為ってどんなに特別なことなのだろうと改めて考え、「作品」とは別に「商品」としての面で、手に取って下さった方にしか伝わらない部分も、プレゼントとして練り込もうと思いました。予算のかさばる特殊仕様だと、本末転倒に値段が上がってしまうで、箔押しや透明印刷等ではない何か。

そうか。いっぱい描けばいいのか!と、配信では表示されることのない、裏までグルっと続くジャケットや、初回限定盤のそれぞれの装丁や歌詞カードの無数のイラスト、

818RfUzxfKL._SL1500_.jpg

また今回の絵は、デジタル画面上では縮小されるので、いつも通りのまっすぐでくっきりの線に見えますが、印刷では線の"かすれ"や、あえて定規を使わなかった"ゆらぎ"が見えるようにしました。すると、実際に手に取って見た人にだけ脳への情報量が増えるので、「なんか深みのある」感じで、一枚の絵をより長時間楽しめるからです。MP3とアナログレコードの音の違いみたいなものですね。以下、町の一部分を見ればその部分、何とな~く掴んで頂けると思います。

C8eRJNaZOJ.jpg

こうしてじっくりコトコト出来上がった『ホームタウン』。これ以上お話しするのは無粋になりますね。他にもいろいろと絵の要素として楽しめる部分もいつも通り隠しておきましたので、年末のゆっくりとした時間の中で、ぜひ絵も音も、初回限定盤で、そのすべてを味わって頂ければ幸いです。


そして年が明けたなら、同様に手に取る楽しみを詰め込んだコチラを、ぜひお使いくださいませ。次回はそのお話。それでは。

カレンダー.jpg
中村佑介『2019カレンダー





(どちらも再版がないものですので、どうぞお早めに)

40歳になって、快楽への耐性(慣れ)が出来たことや、若い人の文化がその親世代のリバイバルも多いので「もうまったく新しい刺激には出会えないのかな…」と退屈になる日も多い。そんな中、マーベルやピクサーを含めた最近のディズニー映画を見ると、ストーリーはもちろんだけど、まるで海のように、(ターゲットの)広さと(表現の)奥深さって両立できるんだなぁとその姿勢や結果に感動する。そしてまだ文化に対して、あたらしい感動ができたこと自体に毎回驚く。

イラストレーターを志しはじめる前の若い時は、「メジャーな作品=(全て)浅い」と感じ、それなら逆にと、漫画も音楽も映画も絵画もゲームも、マイナーやインディの作品ばかり需要していた。そこにこそ「深さ」があると思ったからだ。いや、そうでなければ困ったからだ。当時の何者でもない自分にとっては。というのも、その行為自体は、深さの追求というよりも、まだ発展途上で自分らしさを確立したい自分の自己投影であって、親しみやすさに近かったのだと思い出す。そして、その当時に指していた「深い⇔浅い」も、今考えると「過激⇔穏やか」という単なるパッと見の表層の模様で、とく中身である深度には関係なかったような気がする。当時好きだったマイナーな作品の表現の水面は、ただグロかったり、ただエロかったり、ただ抽象的だったりで、マグマのようにグツグツと泡部いている。でも実際、膝くらいまでしかない浅い川だったりした。もちろん、マイナーで深いものもたくさんあったけど、また、インターネットで知の集約ができて以後は、そういった知られてないけど良いものは、だいたい浅瀬に浮上し、買う買わない、好き嫌いは別にして、みんな知ってる存在になった気がする。音楽でいうと、個人的ではない「隠れた名盤」など、だんだん存在しえなくなってきてるのかと思うと、それもそれで探す楽しみが減ったようで寂しい気もするけど。

逆を考えると、多数決のように、ターゲット層の広いメジャー作品は、表現はわかりやすく噛み砕き、モラルは厳しめになりらざるを得ないが、それらとテーマ(深い⇔浅い)はまったく別のところにあることに気付いていなかった。すなわち広さと深さの両立も可能であると、例えば最近のディズニー映画『ズートピア』はすんなり教えてくれる。

「差別とは何か?」という、これだけ聞くととても難しそうなテーマを持っている映画だが、子供が見たら擬人化された動物たちのルックに可愛さを覚え、「がんばれー!」って感情移入できるストーリーで、観終わったら感動できる。けど、大人が見ても、世界観がユニークで、考えさせられる作りだ。絵のことを言うと、これまでのディズニー映画のディフォルメと、昨今のCGのリアルさとが違和感なく幸せな共存をしていて、目が気持ちいい。各動物の特徴を活かした繊細な動きや設定も見事だ。

また、実写版『ジャングルブック』は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の子の話で、ズートピアと同様の「差別とは何か?」を踏まえ、さらにその先の「しあわせとは何か?」というテーマに突っ込んでいるが、一見すると、ほんとうにかわいくてただただワクワクする映画だなのが驚きの一作だ。

『ズートピア』同様、日本語吹替も素晴らしかった。スタッフロールではじめて「え、この芸能人だったの?ウソでしょ!?」と疑った程。そして観終わるとやっぱり、少し過去を振り返って、背筋を正そうとなる。すごいのは、それらのテーマが、我々の生活を決して否定する姿勢ではないので、罪悪感には苛まわず、ただただ前向きに考えさせる点。『ズートピア』と『もののけ姫』が好きな方はぜひ。また同時に、ほぼ同じ設定なのに違った着地を見せる『ピートと秘密の友達』もセットで見たい。


マーベルの一連の映画もほんとすごい。最新作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はもう言葉で説明できないほどすごい。インフィニティすごい。インフィニティすき。

『アイアンマン』や『キャプテンアメリカ』『ハルク』『マイティソー』『ガーディアンズオブギャラクシー』『ブラックパンサー』『ドクターストレンジ』『スパイダーマン』…etc、ヒーローと言う共通点だけで、まったく毛色もテーマも違った作品たちが違和感なく一堂に会している様は、豪華な幕ノ内弁当の箱をパカッと開いて見せられたように見事な手腕だ。そして、集合もの、コラボものではどうしてもキャラクター紹介に徹し、ストーリーが薄くなってしまいがちなところを、何十人もの主役が出演する映画としては短すぎる上映時間内に、すべてに"らしい見せ場"を作り、かつストーリーは止まることなくきちんと進行していく。これも広さと深さの共存だろう。敵のボス・サノスを巡る物語が、これまた勧善懲悪ではないところも、早くも自作への期待が高まる。

これらは公開規模により莫大にかけられる制作費や、監督さえも複数立て、互いに意見を出し合い、表現の行き過ぎに歯止めを聞かせる姿勢、また圧倒的な人員(スタッフ数)の違いもあるが、やはり違うのは、意識なのだろうなぁと思う。ぜんぜん諦めてないっていう。それっていちばん簡単そうで難しいんだな。例えば子供の前で、「努力すれば何でも叶う!」と説く研究家がいたとして、「じゃああなたが今日からオリンピック選手目指して」とお願いで返すと、「今仕事で忙しいから、またね」とだいたいははぐらかすだろう。ほんとはみんな何かを諦めている。でも、だからこそ日々の生活や継続ができる。

そんな夢を追いかける若い時に話を戻すと、知る人ぞ知るインディーズのアーティストがメジャーになったら聴かなくなってしまったりもした。それは才能が世の中に認めるほど大きくなったという、とても喜ばしいことのはずのに、自分の元から去ってしまったと感じた。けどいつだって去ったのは自分からだったなぁ。その人を応援していたんじゃなくって、どっちかって言うと、自分を応援していたのだろう。誰も応援してくれない(と思っていた)ので、自分くらい味方じゃないと、心がポキッと折れそうなほど、心細かったのだ。

ディズニーの映画を観おわると毎回、その頃の決して甘さなどなく、出張帰りのお父さんの靴下のような、ただただ酸っぱいだけの記憶が蘇り、鼻の奥がツンとする。それでもまだディズニーの新作に期待してしまうほどには辛くはなしに、楽しみの方が大きい。そんな作品、自分もいつか作れるんだ、ともう一度信じようと思う。だから昨日は仕事をせずに、ずっと映画を観ていました。という長い言い訳でした。はい。

おはようございます。

↑このページのトップへ