_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1094.JPG
今日のお昼頃放送のラビリンス!で下町さんぽの特集をしていました。
上野の銭湯資料館がちらっと映ってました
ここではだれでも番台に座ることができるみたいです
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1097.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1095.JPG
ずっと番台に憧れがあった銭湯ファンや
ちょっと座ってみたいななんてロマンを感じていた男性の皆様
これは是非ともどんな感じなのか体験していただきたい!
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1103.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1104.JPG
その次も偶然銭湯特集が続き
地下にあるという改良湯を25年前の地図で見つけ
探すことに
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1105.JPG
しかし、
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1106.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1107.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1108.JPG
なくなっているという。
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1109.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1110.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1111.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1112.JPG
当時と同じ場所に行くと
地下は異様な雰囲気

というかメイドさんいる
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1113.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1114.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1115.JPG
4、5年前に廃業してしまった改良湯さんは
その後元銭湯という個性を活かして
水を使えるコスプレ撮影スタジオに生まれ変わってました
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1116.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1117.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1118.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1119.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1120.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1121.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1122.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1124.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1125.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1126.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1127.JPG
元の銭湯のボイラー室やちょっとした蛇口は残しつつ
色々とカスタムされてました
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1128.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1129.JPG
メイドさんが雰囲気づくりのために水を投げてくれるサービスもあるみたいです
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1130.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_171APPLE_IMG_1131.JPG
慣れがいるみたいで
この後大変なことになっていました 笑

水投げのサービスはプロに任せた方が良さそうですね 苦笑

江戸東京たてもの園の子宝湯など
昔のカウンターになってないレトロ感のある銭湯って最近はかなり減ってきてしまいましたが
こんな感じで資料として建物がのこったり
カフェになったりと
いろんな形でのこされているのは個人的に嬉しく

廃業してしまう銭湯の話を聞くたびに寂しい気持ちになるのですが
更地や駐車場、ビルになってしまうくらいなら
こうやって元の形を使って
新たなコンテンツに生まれ変わってくれたら嬉しいですし
こういう活用のされ方がもっと増えていって欲しいなと思いました。