『銭湯パラダイスフィッシュ♨』は、下町の銭湯を舞台にした番台の若女将とサラリーマン男性の恋を描いたラブコメディ
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2680.JPG
銭湯は昔からニッポンの庶民の憩いの場であり、最近は外国人観光客にも人気のクールジャパンでもあります。
そんな銭湯の魅力を伝えるドラマを配信することで銭湯に来るお客さんを増やし銭湯を活性化できればと思います。

監督 祭文太郎

【連続ドラマの配信&展開】
ドラマはYouTubeで配信する予定で1話約3〜5分で全20話の予定です。

【連続ドラマの登場人物】
柊菜莵(ひいらぎなつ):銭湯の若女将。
桂木圭太(かつらぎけいた);サラリーマン。
白川理沙(しらかわりさ):菜莵の元カノ。市議会議員。
池尻圭太(いけじりけいた):銭湯の常連客。バーの経営者。


【連続ドラマのあらすじ】
熱帯魚の輸入販売をしている会社のサラリーマン、桂木圭太は自分のミスでコンテナの熱帯魚を大量に死なせてしまい責任を感じて自分も死のうと思う。
死ぬ前になにげに立ち寄った銭湯で死ぬ前に身綺麗にしておこうと体を洗っていると掃除にきた若女将の柊菜莵が背中を洗ってくれる。
ひとの優しさに触れて涙がこぼれてくる圭太、銭湯で癒されて生きるパワーが湧いてきて、それから毎日のように菜莵の銭湯に仕事帰り通うようになる。
そして仕事先や知り合いに銭湯の良さを知ってもらうために銭湯 に誘うようになる。 銭湯の良さを知って幸せになる周囲の人間たちを見て、圭太はおかげで以前より はるかに元気に生きる気力が湧いてくるようになったのであった。


今回銭湯の女将 柊菜莵(ひいらぎなつ)役で主演女優をつとめさせて頂きます。
_var_mobile_Media_DCIM_115APPLE_IMG_5813.JPG
銭湯好きの女の子の役で以前声優のお仕事をやらせて頂いた時の監督と同じ方で
アニメの収録の際に
自分も銭湯が好きでなくなってはいけないものだと思っていて銭湯に関する映画を撮りたいなと前々から思っていたとのお話を伺いました。

今年の中頃湯島さんにこの作品をやって欲しいとのことでオファーを頂き
湯島さんじゃなかったらこの作品は撮らなくてもいいと思ってるとの事でとても驚き
またとても光栄に思いお仕事を受けさせて頂きました。

あらすじの感じから自分の半生がすごく反映されているシナリオになっていたので監督の湯島さんにやってもらいたいの意味がなんとなくわかりました。

昨今、不思議な縁で銭湯が本当に好きな方々と一緒にお仕事させて頂き
銭湯関連のイベントや銭湯関連のアートワークのお仕事をさせて頂いてきました。

今回もそんな不思議なあたたかい縁で
また一つの銭湯が盛り上がりより愛されるような作品をみんなと作っていけたらと思いました。


最終話のみ銭湯での上映会を1月に行います。
皆様是非上映会の際は銭湯へ♨️

漫画家・銭湯アイドルの湯島ちょこです

2018年9月8日 葛飾区の風景を描くという企画にて丸山清人さんと銭湯ペンキ絵の共作させて頂きました。
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3417.JPG
ペンキ絵師として銭湯に直接絵を描くのは今回がデビューになります。
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3480.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3481.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3479.JPG
すでに大阪 湯処 あべの橋、名古屋 へいでん温泉などでは
銭湯側の希望があり銭湯の浴室内に
光栄にもわたしのペンキ絵を飾らせていただいており、
地方では珍しい銭湯富士を見ながら入れる
銭湯となっております。

制作当日は、
サウナ室のような蒸し暑い浴室内、
男女の塀の上に登り高所、狭い足場での作業となりました。
描いてる最中に上から水が落ちてくるので何か?と思い上をみると
特に何もなく
自分の汗かと驚く瞬間もありました。

ペンキ絵教室や立川での鳩の湯 師弟展示、丸山さんの仕事場見学などで
教えて頂いた丸山さんと同じ
川上塗料のペンキが一般の量販店には取り扱いがなく
入手が困難という話をしたところ
ペンキ屋さんの友人のご好意で取り寄せさせて頂き使用させていただいております。

基本 赤 青 黄色 そして白の4色を混ぜて
色を作るペンキ絵

はじめた頃はデジタルでの絵の制作がメインだったり
水彩をやってきた経験があり
理想の色をチューブから出したり
スウォッチから選べないことに困惑しましたが
今ではだいぶ再現したい色に近い色を

ここ数回の展示の制作経験を経て
さくっと混ぜて出せるようになってきました。

また初期の頃は
ペンキの特性の速乾性に戸惑う時もありました
作業中
大きな絵を描く時はそれなりの量を使うので
缶に入れたペンキが乾かないのですが少量だとすぐに固まるので
制作に速度が求められました。

丸山さんが制作中に休みをほとんど取らない理由を肌で感じました。

長時間休むとペンキが固まるので
元の液が固まってしまうと制作のロスになるという感じです。
やって初めてわかる難しさがたくさんありました。
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3481.JPG
9月8日
依頼は
葛飾区浴場組合のマスコットキャラ
ゆ2(ゆーゆ)ほのかちゃんを
湯島さんに描いてもらいたいというものでした。

背景は自由で湯島さんの好きに描いてもらっていいとのお話。

当日丸山さんは浮世絵風にすると言われていたので
キャラクターを描く事で丸山さんの絵の世界観や雄大な雰囲気が壊れて欲しくないなという想いがあり

丸山さんの描かれる色やグラデーションの雰囲気を参考にしつつ一段階あとについていく形で作業

全体の絵に馴染み主張し過ぎないように
色合いや雰囲気を調整しました。

菖蒲の花もわたしの趣味で描き込みたかったのですが
あまり描き込み過ぎると浮くので
描き込み過ぎず
でも依頼のゆ2(ゆーゆ)ほのかちゃんを可愛く描いてあげる事が今わたしにできる最高の仕事と思い
お仕事にあたらせて頂きました。
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3419.JPG

丸山さんと川上塗料のペンキのウルトラマリンが生産中止になって困っている話や
レモンイエローが緩くてすぐに垂れてきちゃうよねという話で盛り上がりました。

_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3481.JPG
写真の道具は自分自身で買い集めた道具になります

空の部分の塗りで
ローラーを使ったのでそのローラーの液を入れてた台をそのままパレットとして使っています

ペンキはかなり高く無駄遣いできないので
わたしの場合は極力拭き取らず
色を作っていきます

どうしても肌色の塗りなどでパレットに色があると濁って都合が悪い場合は
別の容器などを用意して塗ります
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3385.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3389.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3470.JPG
朝8時頃から入り
おにぎり、サンドイッチなどの朝食をみんなで食べ
準備などをし
やり始める頃には10時頃
そこから制作をスタートして17時頃にはほのかちゃんが完成

その日の撤収は18時頃になりました

翌日2018年9月9日に葛飾区のイベントでお披露目があり

昨日丸山さん達が名前を書いてなかったので
私も描き損ねていましたが
ほのかちゃんの名前と私の名前を描いて欲しいとの事で
この日に名前入れを行いました

暑い中お越しになられたお客様、
丸山さんお疲れ様でした!
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3411.JPG
私自身は銭湯アイドルの活動や
本来の漫画家としての仕事があるので丸山さんについてまわることはできません
なので弟子になるか?と言ってもらった時に嬉しかったのでペンキ絵を描き始めましたが

弟子をとるということに周りからの攻撃的な反対、心無い誹謗中傷があり
冗談だったと後日言われてしまいました

現場では
ご高齢の丸山さんがサウナのように暑い中、重い足場を1人で移動されたり
高所から奥様と一緒に下の道具を受け渡したりして一生懸命に描かれている姿を見て
何かお力になれたらと思っていたので残念でした

弟子ではないですが
こうして1人のペンキ絵師として才能を見出してもらいお仕事をいただき
一緒に同じ銭湯に描けたことを光栄に思います

今後は4人目の銭湯絵師として
“銭湯絵のない銭湯”を中心に銭湯絵を描いて
よりペンキ絵の魅力を広められたらと思いました

またもともと得意なコミック系の技術を応用して
そういったアニメ系と銭湯のコラボの案件も先人の銭湯ペンキ絵師の方達のテイストをリスペクトした上で対応していけたらと考えています
より多くの層に銭湯の魅力を知ってもらい
癒された、元気になったと言ってもらえたら光栄です

涼しかった夏を忘れる数日の後37度の猛暑が帰ってきました。
東新宿で降りて1湯目を目指しましたが
交差点に立ってると頭痛が…
なんかしんどいな…と思っているとフラフラしてきてしまって
このままでは倒れてしまうと思い近くの喫茶店に避難

飲み物を頼むとしんどそうにしてたからか店員さんが心配してくれて
冷たい水とかをくれました。
少し休んで時間が迫ってきたのでオフろう会へ

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2231.JPG
1湯目 東宝湯
2、3回目の訪問です。
ここの若女将さんは美人さんで元芸人を目指されていた方です。
当日はおばあちゃまがカウンターをされていました。

ここの銭湯は本当に地元のおばちゃん達に愛されててしかも
結構話しかけてくれる気さくな方が多く
この日も知らないおばちゃんと近いロッカーになったというだけで
どっからきたの?とか
帰るねバイバイーなど友達のように話しかけてくれました。

湯島はまだちょっと頭痛がしててクラクラだったので
ポカリを購入して飲んで
水浴びてぼーっとしてまた水浴びてポカリ飲んでとかしてました。

早めにカウンターの横スペースに上がりクーラーの涼しさを味わいつつぼーっとしていました。が
頭痛もだいぶ収まり
眠さがきていました。(大丈夫な眠さだろうか?)
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2227.JPG

2湯目 弁天湯
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2233.JPG
龍宮の湯と桃源の湯があり今日は入れ替えで女湯は桃源の湯
露天がありました。
夕暮れ時の露天が汗ばんだ体に涼しさと温もりを運びもはや天国…
あ〜気持ちいいやばい このまま死にそう…
とか思いつつ夕暮れ空とお風呂を堪能

湯島のエネルギーが足りなかったので軽くコンビニよりファミチキを食べたのもあって
気持ち良さが倍増しました

3湯目 大星湯
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2264.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2262.JPG

AEDを国内でも真っ先に導入した銭湯で有名な銭湯
定期的に講習なんかもやっています。

オーナーとお会いできAEDを実際に触らせてもらいました
とても緊張しましたが貴重な体験をファンと一緒にさせてもらえました❤️👏楽しかった〜
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2263.JPG
そのあと懇親会へ
地元の海鮮とちゃんぽんのお店へ
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2311.JPG
この時間に山梨 甲府の方からのファンの方が来てくれて山梨の方の銭湯などを勧めてくれました
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2314.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2312.JPG
今日もお疲れ様〜!かんぱーい!

また銭湯でお会いしましょう♨️

↑このページのトップへ