価値の減価償却されるように
男女の価値も残念ながら
今の日本においては減価償却です。

"飽きる"特性をもって生まれた
人間の本質は変えられない。

減ることは変えられないけど

時間経過を緩めることは出来る。

男女のコミュニケーションは

アンチエイジングのような一面があります。


新鮮な気持ちを細く長く
持ち続けるためのアクションを学ぶ。
そして実行する。

円滑な男女コミュニケーションを

長続きさせる秘訣です。

P4io2IkobZ.PNG

同じ趣味を持つ。
逆に全く違う趣味を持つ。

それぞれの楽しみを
分かち合う。

大切なのは
お互いが互いの
楽しみを分かち合うこと。

否定しないこと。
受け入れること。

貴方は円滑な
男女コミュニケーションを
長続きさせたいと思いますか?

貴方に読んで欲しい参考記事はこちら
お金は「守る」ほうが得をするというマインドセットが必要だ











タイトル 2019年、男性力が試される!

日本はセクハラ防止対策後進国です。

世界はすでに、#Metoo を超えています。

「女性も男性に対して
寛容になるべきだ」

その想いも理解できます。

しかしながら、様々な抑圧を
受け続けてきた女性たちに

その言葉が今、届くでしょうか…。

セクハラ後進国日本で
今だに

「あの頃はこんなことくらいで…」

と女性の嘆く男性になるか。

「女性は変わった!男性も変わらねば!」

と未来を見据える男性になるか。

貴方はどちらの男性になりたいですか?

貴方に読んで欲しい参考記事はこちら
https://www.cafeglobe.com/2018/01/066903nyt_goldenglobe.html

セクハラにタイムズ・アップ! 黒一色で迎えたゴールデングローブ授賞式 [The New York Times]