おっと。
なんやりかんやりしてたら
ブログ更新できんかった。





今日はエピックにて、
5月24日 渋谷o-crest [ i n g ] vol.1の



新グッズの制作をしてきたよ〜!




そこのデザインはあーだこーだ、とか
ここにこの色使うならどーたらこーたら、とか
やっぱりコレなら映えるんじゃないのか、とか


こういう会議って、ほんっっと楽しい。
大変だけどたのしい。
そんで、それが物販に並んで、みんなが身につけてくれると尚うれしい。

ものづくりの瞬間。







さてさて、お待たせいたしました。
亀歩問題(問5)の解答です。






(問5)
昔サディとつがいで飼っていた、
行方不明になってしまった亀の名前は?

ヒント:ロシアっぽい








今回の問題
ちーとマニアックすぎたかな?



案外わかるかなーと思ったんだけど
意外とそうでもなかったので
ちと反省。







さて。
正解は…









ででんっ











セバスチャン・ロマノフスキー

モロゾフ2世
でしたー!!








わーわー
ひゅーひゅー
ぴーぴー
ぱちぱちぱち










これね、なにげに、CDのクレジットに書いてあるんです。

レミングスの「スペシャルサンクス」には、サディと共に書いてあると思うんだけど。

しかも、表記間違えて載せられちゃってます。
モロゾフが、モロゾス とかになってた気がするな。

リリースされてからその間違いに気付いて、
愕然としたことを覚えています。笑




気になったひと、是非チェックしてみてくださいな〜



スペシャルサンクスなんて、
普段目を通さないところだと思うけれど。





レミングスに載ってなかったとしても、
どれかのCDには必ず載ってます。






そしてね、セバスチャン・ロマノフスキーモロゾフ2世(通称:セバスチャン)はね、
なんで「2世」だなんて付くのか、というと、


むかーし、あたしが小学校1〜2年生だった頃かな。

初めて亀を飼った時に、
つけた名前がセバスチャンだったんです。

その時もつがいだったんだけど、
レオナルドとセバスチャンだったかな。





レオナルドはもちろん、かの有名な

「○ュ—タント・ター○ルズ」

から頂きました次第です。







ちなみに、その2匹が他界してしまった後、
もう一度2匹つがいで亀を飼ったのですが、
その2匹の名前は

ハッピーとトッピーでした。








いきなりめっちゃ簡単ですが。









名前の凝り度0%ですが。









まあ、子供の時なんてそんなもんですよね。











さて、4月も今日で終わりです。
明日からは5月!










●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●











もしも、「君」がここから飛び立たなくても

僕はなんの関係もなく

自分が飛びたいときに飛び立つから






だからもしも、僕が飛ばなかったとしても

「君」も僕を待たずに、

飛んで行ってよ。








写真:ひぃたん 「壁」