青森旅行3日目です。




今日で青森旅行も最終日。
しかし、最終日なのにやっぱり雨です。




あのー、あれかな。



もう、あれかな。













呪われてんのかな。













さてさて。
ここは私達が泊まっていたホテル「不老ふ死温泉」の名物ともなる

「不老ふ死温泉」なのですが、
上の写真の通りかなり質素な造りです。


混浴と女湯に別れて低い壁とすだれで分けられているんです。


女湯の方が男湯より若干高い位置に温泉があるんですが、

女湯から普通に立って着替えようとすると、
女湯から男湯の様子が見えます。







あれです、






女湯から男湯が見えるんです。










あのね、別にね、
おじさんとかおじいさんの裸とか、


見たくないです。










だから、みんな見えないようにかがんで着替えてました。
私も母も例に漏れず、かがんで着替えました。






その後、みんなでかの有名な「十二湖」へ行き、
色んな湖を見ました。



結構小さなめな湖が
あちらこちらに点在していて、
曇りだったし若干霧が出てたから
よく見えなかったのが残念だけど、
とても不思議な雰囲気が漂う場所でした。





右の写真は、
十二湖の中でも最も有名な

「青池」。


とてもとても小さい湖なんですが、
透明度がすごくて、
何故か水の色が綺麗な青色に見える、ということから
青池と呼ばれているようです。


その名に恥じずしっかり青色で、
透明度の高い湖でした。

シシ神の森を思い出しました。







その後みんなでイカ焼きを食べたり、
「ねぶたの里」へ行き
巨大なねぶた祭りの作品を見て感激したり、
お土産買ったりして
夜の12時に羽田に到着しました。




飛行機の中では、
操縦士さんがスムーズに飛び過ぎたのか
予定より1時間も早く飛行場に着いてしまい、
お客さんを降ろす場所が空いていなく、
しばらく待たされました。


客席の中で笑いが起こるのを、初めて見ました。











左の写真は、我らでこぼこ三兄弟。
とっても仲良しです。
よく、この三人で歩いていると一家族と間違われます。


でも、この歳の差の弟がいれば、
仕方が無いだろうとも思います。






しかし青森旅行は楽しかったなあ。
何年かぶりに家族旅行しました。
これからしばらくまた行けませんが、
しっかり休養を取ったぶん、
引き続き頑張りたいと思います。









よし、
行ける。








●●●●●●●●●●









君に太陽の祝福を。


目を細めて、


君が笑う姿を。









写真:パスタ 「朦朧」