青森旅行2日目。





どうです、この写メ。


もののぉぉ〜けぇ〜たちぃ〜〜だけぇぇぇぇ
(ジブリ作品「もののけ姫」サントラより。)


って感じでしょう。
そうでしょう。








そうでしょ?



そう思うでしょ?


ねえ。








ほら。









さぁ!!


















…午前7時ホテルにて起床、今日もやっぱり曇りです。
っていうか雨降ってるやん…

あたしとママンは、びっくりするくらい雨女です。
旅行へ行くと、大体雨降ってるか天気悪い気がします。
晴れが一番好きなのに、哀しいです。

うちのママンが、犬と猫好きなのに
犬猫アレルギーなのと同じくらい哀しい気持ちだと思います。
(ママンの場合は雨女をも携える二重苦なのでもっと哀しいでしょう。)


しかし、
カンカン照りじゃない分涼しくて過ごしやすい感じでした。





っていうかさみぃよ。







左の写真は、通称「マザーツリー」と呼ばれている巨大な楠(くすのき)。
トトロの住んでる樹と同じ樹です。(…だよね?っていうかこれ、楠だよね?間違ってないよね?)

この写真じゃ伝わりにくいかもしれませんが、
とても立派な樹でした。

この山に生きてる樹は立派な樹が多かったけれど、
この樹はやはりマザーツリーと呼ばれているだけあって、
一際目立っていました。



マザーツリーに触ってみました。




冷たくて、硬くて、大きかった。




何百年も前からここに立ってて、
何百年も前から続く景色を見て来たのだなあ、と
なんだか感無量になりました。

人間には見ることの出来ない歴史を
この樹は感じてきたのかな。











っていうか
マザーツリーに辿り着くまで結構な時間車に乗っていたのですが
いかんせん暇だし、そりゃあもう暇だったので、
みんなで面白いことをしよう、みたいな空気になったんですね。

そんで、なんか動物の鳴きまねをする、みたいな空気になったんですが、
兄が
「モモちゃん(チンパンジー)が飼育係に怒られて興奮する時のマネ」
をしだしたんですが、





その時


兄が野生に

帰りました。










最初はその物まねを普通に披露してくれて、
家族みんなで大爆笑だったんですよ。
マジで似てるもんだから。
っていうか猿がそこにいるのかと思うくらい似てたから。





でもね、
みんなが普通に爆笑し終わった後でも、



ずーーーーーーーーーっと窓の外に向かって
そのマネをやり続けているんです。







ずーーーーーっとです。












その姿は、










そのまま野生に帰そうかと思うくらい

猿そのものでした。






彼の中で眠っていた何かが呼び覚まされたのでしょうか。





ちなみに元ネタはドンキーコングだそうです。






●●●●●●●●●●





夢見る不死鳥
軽やかに。

大空舞い
花びら謡い
川は笑う
海は震える。

その夢の中の
景色にあった、
あの一部始終。
退廃的な
美しい、木造の夢。



無人が夢に火をつける。



燃える燃えるよく燃える。



私はそこでガソリンに呼び掛ける、
おい、お前夢を叶えてみないか。




夢見る不死鳥
緩やかに。

もう、この世界には、飽きたって。
もう、この世界には、疲れたって。

何にも言わず、
飛び立った。



写真:パスタ 「道端の枯れ草とか」