月別アーカイブ / 2016年07月



7/13は名古屋 鶴舞DAYTRIPでライブでした!
昨日から引き続き、湯野川広美BANDで!

大阪から名古屋に移動してきて
入り時間まで時間があったので、
みんなでトンカツを食べに行きました。

DAYTRIPの八木さんが空いてるかどうかお店に電話してくれたんだけど、
ランチのオーダーストップ30分も過ぎてるのに、せっかく東京から来てくれたから待ちます、と!!


嬉しい!!!!
感謝!!!
神対応!!!




そんな素敵なお店はここ!

気晴亭 本店。



本当ならオーダーストップしてる時間なのに、嫌な顔1つせず、
ニコニコと丁寧な対応をして下さるスタッフさん。

接客も細やかな配慮がたくさん散りばめられていて、
トンカツもメチャ美味だし本当に良いお店だった…!!



今しか飲めない!!とビールを片手に嬉しそうな楽器隊w



名古屋名物、まんざ!
美味しかった!





大盛りを前に嬉しそうなベースのツボちゃんとドラムのまささん。



1番すごそうなメニューを頼んだギターの匡くん!
エビフリャーがおっ立ってます!w

匡くんか私のFacebookから、
匡くんの食レポ動画が見れます( ´ ▽ ` )
(私は撮りながら爆笑)



帰り際には店長が直々にご挨拶に来て下さり、
3代続いているお店という事でしたが、味は言わずもがな、こういう細やかな心遣いのできるお店が3代続くお店なのだなぁ、と本当に心を打たれました。

ライブ前にしっかり英気を養えました!



ライブが始まり、
どのアーティストも素晴らしいので
楽屋でテンションが上がりまくる湯野川バンド。

多分、ハコにいた誰より楽屋で盛り上がってましたw

今日の出演者は

the slumber
可能性の問題
meltin
九十九
湯野川広美BAND

でしたー!


顔合わせで
「緊張に押し潰されそうですw」
と言っていたthe slumber、堂々とステージをやり切っていたよ!

私を呼んでくれたDAYTRIPの八木さん率いる可能性の問題、
練習してないから茶番にならないように頑張るwとか言ってたくせに
めっちゃカッコ良いし!

アコースティックでは何回か対バンしてるミサキちゃんのバンド、meltinは
やっと轟音で見れたー!
やっぱミサキちゃんの声は良いなぁ。

今日の演者の中で断トツの轟音バンド、岡崎から来た九十九は
パワフルだったなー!
楽屋で聞いてたけど、テンション上がったわー!

九十九のボーカルまめちゃんとパチリ!
青春時代、ジンをたくさん聴いてくれていたんだって。
嬉しかったよ。





そしてトリをつとめさせてもらった湯野川広美BANDのセットリストは、

1.輝く世界
2.言葉の向こうに優しさを
3.花柳彩々
4.剣姫
5.アカシックレコード

en.ボーカリストの唄

でした!


もうね、やり切った!
楽しかったよ!!


CDもいっぱい買ってもらえて
嬉しかったなぁー!

PAをやって下さった鈴木さんが、
『好きな女性ボーカル3本指に入るひぃたんが本当に大好きで!
今日PAやれて嬉しかった!!』

って言って下さって、
更に更に嬉しかったー!

匡くんも本命バンドALLaNHiLLZの新しいアルバム【CoCoRo】を持ってきてたんだけど、
全部完売してたよ〜



DAYTRIPの18周年、
私のソロも200本目、
全部全部が最高に終わって良かった!

そしてDAYTRIPの打ち上げでメシが美味しすぎて…!!!
レシピ教えて欲しいw




帰りは睡魔と闘いながら
みんなで協力してなんとか家路に着きました!


私はというと、帰ってくるなり疲れ果てて
20時間も寝てしまいましたw


さすがに寝疲れしましたよ…

でも寝まくったおかげで
完全回復!!!



さーーーーーー
まだまだワクワクする事たくさんあるからね!!



よろしくーー!!!



7/12は、湯野川広美BANDで初ショートツアーに出発しました!

東京ではライブしてたけど、
湯野川広美BANDで遠征行く機会がなかなかなかったから、
今回が初でした!

ウキウキわくわく!!






サービスエリアでわきあいあい!

移動の車の中でも
あれやこれや話しながら、
えっちらおっちら大阪へ。

車で大阪行くの久しぶりだった〜



早めに梅田Zeelaに到着し、
Zeelaに併設しているスタジオBass On Topにて1時間だけ確認リハ!

受付の方がジンを知っていて、
サインを残してきました( ´ ▽ ` )ノ



カメラを向けると変顔しかしない、
ドラムのまささん。

彼をイケメンに撮るには、
盗撮しないといけません。


この日のライブは、
府中FLIGHTでよく一緒にやってた
Over The Dogsも一緒だったので
なんだか不思議な気分だったー!



熱いイベントだったなー!
飯室大吾さんともやっとお会いできた!

対バンもみんな素晴らしかったな〜
震えたわ!!

湯野川広美BANDもドッカンやってきましたよー!

今日のセットリストは

1.輝く世界
2.剣姫
3.花柳彩々
4.アカシックレコード
5.ボーカリストの唄

でした!


久しぶりに会うお客さんもいて
本当に嬉しかったなぁ。

ジンも好き!
湯野川広美も好き!
湯野川広美BANDも好き!!

って言ってもらえて
本当に安堵した。

良かった。
この気持ちが、想いが、伝わって良かった!



SEKIRARAのユリカも遊びに来てくれて、
顔を合わすなりボロボロ泣いてて。
その涙が、嬉しかった。

物販とか、フロアで、
私に声をかけてくれると同時に
ボロボロ泣きだす女の子や女性の方が結構いらっしゃるのだけれど

どうして泣いているのか、その理由はわからないけれど、
ただ1つだけ解るのは、

『この人は、今日まで一生懸命戦って来たんだな、誰にも言えない心の内と闘いながら、張り詰めて来たのだろうな』
ということ。

だから、とても愛おしくなる。
その人が戦って来た軌跡が、汗が、涙が、血が、この目に見えてくるようで。




打ち上げはたこ焼き付き!
明日もライブなのでソフトドリンクのみで参加。



DOTAMAさん、飯室大吾さん、
Over The Dogsのツネさんと!



Over The Dogsでサポートドラムやってるケンちゃんと!
前はプラハってバンドでよく一緒にやってたんだよ( ´ ▽ ` )
今では世界を羽ばたくドラマー!


いやー素晴らしい1日だった!

泊まった宿が和室でちょっと怖かったのは内緒ですw

疲れ果てて、夢も見ないでぐっすり眠りました。



7/10は八王子Match Voxで
カゲキノリコさんのイベント
【MASAYUME vol.6】
に出演させて頂きました!


この日、うっかり写真を撮り損ねて
全然写真が無い、という失態…


大阪での弾き語りイベント『いのちの唄』でもお馴染みの眞鍋のバンド、
Self-Portraitも一緒だったし、
いのちの唄に出演してくれた事のある奥野涼君も弾き語りで出演していて、
知り合いがいて嬉しかった( ´ ▽ ` )


八王子Match Voxに最後に出演したのはいつだったか…
ジンでデビューしてからもしかして1回も行ってないかも…?


ジンが高校生の頃はよく出演させてもらってたなぁ。



学校が終わって、制服のまま行って、そのままライブした事もあった。
懐かしいなぁ。



今日の出演アーティストは

ハルカミライ
Self-Portrait
奥野涼
湯野川広美
HIP BEAN SPROUT


でした!

トップバッターのハルカミライは初めましてだったけれど、
1発目から全力疾走、全力投球。


そこから全アーティスト、とても力強いライブをしていた。


カゲキノリコさんという女性が、全アーティストにとても愛されているのが、
ステージを見てて本当によく解った。



時に涙ぐみながら、撮影をしつつライブを楽しむノリコさんの姿が、
とても印象的でした。



私のライブは、というと。



本番直前までどうも心の様子がおかしく、いつもの調子が出ない。

どうしようかなぁ、と悩みながら、
私の出番の時間が迫る。



自分の登場SEが鳴り、覚悟を決めて登場し、1曲目を唄い終えたあと、
今日はいつも通りの戦い方ではダメなのだ、と悟った。



人間だから毎回毎回いつもと同じ、とは行かない。

テンションが上がらない日、テンションが高い日、嬉しい日、悲しい日、
緊張している日、怒っている日、
色々ある。


だから、今日の自分が1番無理なく戦える武器を見つけ出さなくちゃならない。

どんな大御所と対バンしようと、
どんなに体調が悪かろうと、
そんなものは関係無い。


今日の自分を如何にして『使う』か。



そして私は、
いつもよりもっとワガママなライブをしよう、と心に決めた。

MCも、唄い方も、ステージングも、表情も、全部。



それが今日の私の1番映える戦い方だ、と。



ライブが終わったあと、
楽屋でノリコさんが号泣していた。


良かった、とても良かった、
本当に出てもらって良かった、と


ノリコさんは泣きながら言って下さった。



私は、主催の方にこんな風に言ってもらえて、本当に良かったと思った。
嬉しかった。



けれど、お客さんの目にはどう映ったのかなぁ、と気になりながら
疲労困憊で物販席に座ってボーッとしていると、
Self-Portraitの眞鍋が隣にやってきて、



ひぃたんさん、最高でした。
やっぱ、背中デカイっすわ。



と言ってきた。



私はとてもビックリして、
そしてとても嬉しくて、



本当に?
それなら良かった。良かったよ。
ありがとう。



とフラフラになりながら答えたと思う。
本当に本心で、良かった、と思った。



後輩にカッコ悪い背中見せる事がなくて本当に良かった、と。


トリのHIP BEAN SPROUTが
最後の曲で泣きながらMCをしていて

『喉を壊したけど、それでもあなたを幸せにしたいから唄う』

と言って唄っていて
そうか、こういう切り口もあるんだなぁ、と
色んなバンドが、色んな唄歌いがいるんだなぁ、と思いを巡らせながら
この日のイベントは幕を閉じた。


私はこの日何が何でも終電で帰らなくてはならなくて、
打ち上げが始まるまでの短い間、奥野涼君と色んな話をした。

彼とはこれから末永く付き合いがあると思うので、
この話はまたいつか!


結局打ち上げで乾杯する前にタイムリミットが来てしまって、
足早に帰ってしまったけれど


残ってみんなと話したかったなぁ。


でも、また会えるし、その時にたくさん話そう!

↑このページのトップへ