月別アーカイブ / 2015年09月





9/19は騎馬武者ロックフェスに遊びに行って、
9/20はFOREST CAMP MITO 2015で唄ってきたんだ。

その事については、また後日書こうと思う。
書きたい事が山ほどあるからね。

今日は、なんだか違う事が書きたくて
ブログを更新している。

まだ、この時点で何を書くか決めていない。


今、私は家族と伊豆に歩き旅に来ている。

お父さんと弟と、
ひたすら歩きまくる旅。

歩くの、好きなんだ。
すごく好き。


夏が終わり秋がやってきていて、
ちょうどバトンタッチする狭間くらいの気温。


夕方には鈴虫の声が聞こえる。


朝からひたすら歩いて
足が痛くなっても歩いて

歩いて歩いて歩きまくって
とても幸せだ。


唄っている時も幸せだけど、
緑の中や風景の中を歩いている時も
穏やかで静かで
とても幸せだ。




最近、いろいろあったので
妙なテンションになってしまう事がある。

その中で自分をコントロールできなくなって、
人にしこたま迷惑をかけたりして
落ち込んだりもしている。

迷惑をかけた人たち、
本当にすみません。。


だから、
歩きに行きたいなぁと思っていたところだったんだ。

それでリセットされる訳ではないんだけど、
心の中を静かにする必要があった。

自分と向き合う、という訳でもない。


ただ、静かにする必要があった。


そして、今。
とても静かだ。
穏やかだ。


そしてなんだか、
どうしてだかわからないけれど、
なんだか少し、
哀しい気持ちでもある。


なんでだろうな。
それについては全然わからない。
感傷に浸っているのかもしれない。




神社の階段を
好き勝手に登り下りするヤギたち。

首に首輪が巻かれている。

手を差し伸べてみたら、
餌を持ってないやつはお断りだ、と

フンッて鼻息を一つ鳴らして
興味なさそうにどっかへ行った。

世慣れた野良猫みたいだなぁ。


父と弟と、真面目な話から他愛もない話やゲラゲラ笑う話をしながら
ひたすらに歩き進める。

宿に着いたら歩き疲れてクタクタの体を温泉に入って温める。

美味しいご飯に舌鼓を打ち、
部屋に帰ったらみんなでマッサージをし合い、
すやすやと眠る。


そしてまた歩いて、歩いて、歩いて。
休んで、歩いて、また少し休んで、
また歩く。

良い休日を過ごしています。


我が家には人間以外の生き物が4匹いる。

猫が3匹と亀が1匹だ。




亀も含めてみんな中々の過酷な状況から、我が家にやってきた。

亀のサディは子亀の頃に
とある大手のお店で、虫かごの中に濡らした水草1枚入れただけの、
水すら張ってない中で投げ売り山積みで売られていた。

高校生だった私はその虫かごを手に取り、そのまま家にお持ち帰りした。

せめて名前だけは立派にしよう、と

サディスティック・ファビュラスナイトという名前を付け、
愛称はサディだ。




今では体もずいぶん大きく重くなり、
今日も元気に水槽の中で泳ぎ回っている。


5歳になる三毛猫のミサメは、
5年前の夏の大雨の日に道路で轢かれているのを拾い上げ、
大手術の末、我が家にやってきた。

猫と暮らすのはミサメが初めてだったけど、人見知りをしない優しい性格で、
人間が大好き。
好き嫌いもなく、空気も読む。

甘えん坊の女の子で、
下の子たちの面倒見も良い。

私が精神的にしんどい時も
よく助けてもらったな。


4歳のスイは男の子。

この子は美雨の兄弟に、と近所の子猫を保護した方から譲って頂いた。

目の開いていない頃に拾われて、
他の兄弟と共に愛情たっぷりに可愛がってもらっていたので、
唯一ボロボロになっていないのはスイだけかもしれない。

ヤンチャな男の子だけど、強く噛んだり引っ掻いたりは絶対にしない優しいイケメン。

お尻を撫でられるのが好きで、
よく『お尻なでて!』と催促に来る。



去年の1月に水戸ライトハウスの前で出会った子猫、ライト。

入りの時からボロボロの小さい体で
ハコの周りをウロウロしていて、
ライブハウスに許可を取って楽屋に連れて帰った。

たちまちみんなのアイドルになり、
その場でみんながつけた名前がライト。

甘えん坊の女の子で、
怖がりなところがあるけれど、
兄弟猫たちが大好き。

いつもみんなのそばにいて、
毛繕いをしてもらったり、一緒に丸くなって寝たりしている。



耳たぶをおっぱいに見立てて、
チュッチュしにくるチュッチュマンライト。



抱っこ大好きダッコマンなミサメ。
爪たてられて痛いけど、
こうやってマフラーみたいになるのが好き。



膝の上でくつろぐスイ。
昔はあんまりゴロゴロ言わなかったけど、年を重ねるにつれてゴロゴロ言うようになってきた。


水槽と濾過器を丸洗いしてるときは、
お風呂で待機のサディ。


こんな感じで
我が家は今日も賑やかです。


今日は後楽園ホールに
キックボクサーのナオキックさんの引退セレモニーを見届けに行ってきました。

出会ったのが遅すぎて、
1度も試合を見る事ができなかったけれど

セレモニーを見ていて、
ああ、本当に素晴らしい選手だったんだな、とわかりました。

客席側からのラブコール、愛のある拍手。
グッと来てしまったなぁ。

現役選手に向けての言葉も、
胸に届きました。
私は格闘家ではないけれど、

『将来性がないとか色々嫌なこと言われるかもしれないけど、そんな事全然気にしなくていい!俺たちのやってることは、誰かの人生を変えてしまうくらいすごい事なんだから!』

みたいな事を叫んでいて
ミュージシャンとしてかなり共感してしまった。


チケットに添えられた、ナオキックさん手書きの温かいメッセージも
ナオキックさんの人間としての魅力がグッと伝わってきた。

キックボクサーとして15歳から21年間、
本当にお疲れ様でした!

ナオキックさんの引退セレモニーに
1人のミュージシャンが力をもらいました。

これからもよろしくお願いします!


ナオキックさんの今後の活躍に期待を込めて!!

↑このページのトップへ