月別アーカイブ / 2012年11月



ここ2日間くらい、友達のガンちゃん(♀)と一緒にいた。

ガンちゃんは7月にやったワンマンの時にメイクをしてくれた子で、
その肩書きはエステティシャンであり、メイキャップアーティストだ。

ガンちゃんは本気で可愛い女子だが、
美容の鬼であり、熱心な仏教徒でもある。

これまで私に、美容のいろはから神社での作法まで色々教えてくれた。
幅広い女子である。


↑これガンちゃんね。今は髪の毛すげー短いけどね。

出会ったのは高校生の時で、
当時ガンちゃんは「cancanから出てきたんですか?」みたいな完全なる女子でした。

一方、ワタクシはというと、
「オオカミに育てられたんですか?」みたいな野生児丸出しのメス、という。

うん、女子っていうか雌って感じだったね。笑


そんな対照的なワタクシ達であるが、
当然ながらそんなに接点はなく、
つい最近までほんとうに「それなりのお付き合い」しかしてこなかったんだけど

普通だったらそれとなく離れていって
ほぼ交わることがない生活を送っていたであろう関係だったはずだったんだが、
なぜかガンちゃんがこまめに連絡をくれるもんだから、
なんだかんだ切れることはなかった。



ほんで、つい数ヶ月前。
とある事情で個人的に私ピンの写真を撮らなくちゃならなくなって、
誰かメイクしてくれないかな〜って思ってたときに、
ガンちゃんに思い当たったんだよね。

快くOKしてくれるガンちゃん。

そこからですよ。本当の意味でガッツリ仲良くなったのは。

ただのcancan系カワイイ女子だと思っていた大間違いだった。
こんなに変なヤツだったなんて…
こんなに面白い世界観持ってたなんて!


だってさ、ガンちゃんてね、
多分、初めて会った人は、

なんてぶりっ子なヤツなんだろう…
頭空っぽだわーこの子…

って思ってしまうような感じなのよ。
3トーンくらい高い声で「ん〜わかんなぁい♪」っていう感じの。



すっかり騙されたよ。
そのぶりっ子が、濃過ぎる世界観を隠すための擬態だったなんて…
その様は、まるで木の枝の姿に自分を似せるナナフシのようだったよ…
衝撃的だったよ…


人間を本当の意味で知ろうと思ったら、
しっかり向き合って自分の擬態と相手の擬態を完全に解けるくらいの仲にならないと
いつまで経ってもその人がどういう人なのか解らないなあって改めて思ったわ。


それからは、たくさん話をしたなあ。

主に、周りの人が聞いたらどん引きするレベルの話を。
だから、会う場所は大体いつも私の家。


私は無宗教だけれど、無神論者ではない。

神様はたくさんいると思っているし、
生まれた落ちた環境や育った場所によって
信じる神様が違うのも当然の事だと思っている。

世界各国、それぞれの言語があるみたいに。

私の周りにはいろんな宗教の人がいるけれど、
みんなとても素敵な人たちだ。
話を聞くのも面白い。

色んな宗教家の中には過激派やお金目当てで騙すようなひどい人もいるんだろうけど、
幸運な事に私はまだそういう人に出会った事がない。
本当に幸運な事だ。



長々と話したけれど、何が書きたかったのかというと、
2年前に引っ越してきてから、近所の神社にまだご挨拶に行ってなくてね。
昔からこの地域を守っている神様にちゃんとご挨拶しに行きたいなあ、と思っていたんだけど
いろいろありましてなかなか行けなくて。

それをガンちゃんに相談したら、一緒についてきてくれて、
日本の、その土地の神様への作法やお礼の仕方を教えてくれたわけです。

まず一つ教えてもらってびっくりしたのは、
神様にお願いごとをあまりしない方がいい、ということ。

神社やお寺に行ったらお願いごとをするのが当たり前だと思っていたから
それを聞いた時にすごくびっくりしたんだけど、

神様にお願いごとをしたら、
それが叶ったときにちゃんとお礼をしなくてはならなくなるらしい。
考えてみたら当然の事なんだけれど。

これからは「いつもありがとうございます」と感謝の念だけを送って、
身の丈に合わないお願いごとをするのはやめようと思った。
ようは、借金つくるみたいなもんだしね。

誰かに叶えてもらうんじゃなくて、
ちゃんと自分の力で叶えて行こうって思った。

そんで、お願いしっぱなしのところには、
ちゃんとお礼とごめんなさいをしに行こう…と思いました。



こういう事を信じるか信じないかは本当に人それぞれだと思うけれど、
宗教云々関係無しに、
知らず知らずのうちにでもお世話になった人や存在に対して
ちゃんと感謝やお礼ができる人間でありたいと思うから

その人にとっての作法や礼儀をちゃんと知っておいて、
それに倣った形で返したいと思うから、
ガンちゃんみたいに作法や礼儀を知っている人が教えてくれて本当に良かったと思う。

外国に行って外国の神様に何かお願いをして叶えてもらったら、
その神様の礼儀に沿った形でお礼をしたいし。

でもまだまだ、お礼や感謝を述べるべき人はたくさんいるんだよなあ…
あたしまだ全然できてないよなあ。。
特に、実際に私の周りで私を支えてくれている人たちに対して
ちゃんとできてないよなあ…ってすごく思う。反省。

ごめんなさい。ちゃんとします。。



そんな感じで、すごく濃い2日間になったわけです。

感謝ってすごく大事。

そして、すごく見失いがちなものだと痛感したわ。






●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●








『ひぃたんの周りの人が
ひぃたんに対して言う辛いことや嫌なことは
全て【愛の言葉】だよ。
だからひぃたんさえ聞く耳を持てば、
君はもっと光る。
スーパースターにだってなれるさ。』




この言葉を、ふっと思い出した。

何年か前に、
私にこう言ってくれた人がいた。

ちょうど、私がすべての言葉を飲み込もうとして、
でも飲み込めずに、
涙を流しながらいやいやしていた時期のことだ。

その人が、今、どこでどうしているか、
私は知らない。

知らないけれど、
今なら、この言葉の意味が解るような気がした。


解るまで、こんなに時間がかかって、
本当にごめんね。






写真:ひぃたん



本日は稲毛K's DREAMにて、
Jeeptaのイベント「香り立つ声 vol,7」に出演してきました!

対バンは

Jeepta
tricot
BYEE the ROUND

というメンツで、
激アツな上に全員知り合いということで
楽しくなること間違いナシ、そしてめっちゃ楽しい一日になりました!

Twitterで、
「今日行こうかどうしようか迷う…」
みたいな人がいたから、
超絶カモン!ってリプ送ったら本当に来てくれて、
しかもすんごい楽しんで帰ってくれたみたいだから本当に良かった。

本当に本当に楽しかったよーーー!!!


そんで、
実はこのライブ当日から数日遡ったあたりで、
うちのドラムの哲之くんがBYEE the ROUND先輩にやらかしちゃってね。笑
バイザは前日ワンマンだったから、情報解禁が前日の16日予定で、
それまでシークレット扱いだったんだけど、
それをすっかり忘れてTwitterでバイザが出るってほんの少し拡散してしまって。笑

罰ゲームということで、
バイザ先輩からMCで「髪の毛をそそり立たせるように」とお達しが出て、
メンバー一同で哲之の髪の毛をパンクスタイルにするべく
ハードスプレーとドライヤーで必死に戦いました。


その画像がこれだ!








じゃーーーん!哲之、初のパンクスタイル!

立たせた髪の先っぽがやや折れているのはご愛嬌!笑





メンバー3人でえいえい言いながら立たせてました。
みんなスプレーとワックスで手べとべと。
でも、人の髪の毛をこんなにそそり立たせたことなんて今まで一度もなかったから、
すげー楽しかった。笑

哲と約10年くらい一緒にバンドやってるけど、

私「哲ー、ここ、ねじり上げていい?」

哲「いいよーねじっちゃってねじちゃって!」

っていう会話をしたのは初めての事でした。笑



途中でJeeptaのボーカル卓さんも参加。



ヘアメイクを4人も付けさせるなんて
なんて贅沢なんだ!
全員シロウトだけど!笑


そんな感じで、無事そそり立たせた髪でライブをやってのけた哲です。笑
バイザ先輩にもちゃんと許してもらえました!


打ち上げではtricotのフロント女子3人組と、
バイザのベース、オオイJAPAN先輩と、
Jeeptaのドラム、ダイゴさんとみんなで喋ってたんだけど、
tricotがあまりにピュア過ぎてオオイさん&ダイゴさん&私たじたじ…

私たち、シモネタ全然行けますよー!

なんて言うんで、どんなもんかと聞いてみたら

小2男子レベルのシモネタってどういうこと!?笑


シモネタとか言うからおねいさんとおにいさんはさぁ…
もっとさあ…こう、ねぇ…?


久しぶりに本気でピュアな人見たよ。。笑
そのままでいてくれ!tricot!!



そんで、今日が誕生日だというJeeptaドラムのダイゴさん!
おめでとうございやす!!



あーほんと楽しかった!
最高だったわー!





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●








地続きで逃げていても


あの山を越えなくちゃ。


新しい世界は見えないよ。






写真:ひぃたん



今日は、スケジュール帳とペンを新しく買った。

このペンは何ヶ月も前から欲しかったPURE MALTという三菱鉛筆のペンで、
ウイスキー樽を再利用して作られた木目調の素敵なペン。



私は普段、ゲルインクペンしか使わないから、
ボールペンやシャーペンなど使う機会ないよな…でもデザイン最高…
でもお値段もなかなか…どうしよう…って感じで
発売当初からずーーーーーっと悩んでたんだけど、

こんなに何ヶ月も片思いしてるんだからこれはもう愛だろう!という事で
買っちゃいました。



最初はナチュラルカラーのボールペン一本だけ買ったんだけど、
一本買ったらダークブラウンのも欲しくなって、
ダークブラウンのシャーペンとゲルインクペンの3本を購入!

やっぱり、本当に本当に欲しいものって、
何ヶ月経っても何年経っても好きなままなんだよね。

見た目の可愛さとか美しさに惚れて、
衝動買いしてしまったものもたくさんあるけれど、
ずーーっとタイミングを待って買ったものへの愛情度にはやはり敵わない。

私のペンケースに3本丁度ぴったり収まるのも、
運命だったとしか思えない!

失くさないように大事に使おうっと。


PURE MALTの情報に関してはこちら→http://www.mpuni.co.jp/product/category/sharp_pen/pure_malt/index.html



素敵な文房具って、なんでこんなにも胸が高鳴るんだろうなあ〜
不思議だ!






●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●








今まで、何回君に助けられたのか
数えきれないほどだなあ。



落ち込んで自信がなくなってしまった時に



「…あたし本当に才能あると思う?」


とか


「…あたし本当に音楽やっていけるかな?」


とか


何回も何回も聞いて


そのたびに、


「君は大丈夫。ちゃんと才能あるよ。」


って、
面倒くさがらずに毎回ちゃんと答えてくれた。




そのおかげで、私は今、自信を持ってステージに立ててる。
あの言葉が嘘だったとしても、
君のリップサービスだったとしても、


あの時の私には、本当に心の底からありがたい言葉だった。





改めて、伝えよう。
ありがとう。
本当に。




私、もっともっと大きく、強くなるよ。





だから、見ててよ。







写真:ひぃたん

↑このページのトップへ