月別アーカイブ / 2012年03月



東京開花宣言。
桜の季節がやってきました。
でも、もうこの間撮った桜の写真ブログで使っちゃったから
撮りに行かないと桜の写真がないや。

お花見がてら、桜の写真を撮りに行けたらいいな。


4/27に渋谷のO-Crestで開催する【東京 春のJINN vol.2】まで1ヶ月切ったし、
5/12に心斎橋CLUB DROPで開催する【大阪 春のJINN vol.3】まで2ヶ月切ったし、
春はもう目の前だ。

大阪の時はもう新緑の季節になってると思うけどね。





さて。

我が家の2匹の猫族、美雨(♀)と翠(♂)。

今日は、そんな2匹がまだチビだった頃の写真を回想的に載せようと思う。




拾ってきて、退院したばかりの時の美雨。
たぶん、生後2ヶ月〜3ヶ月くらいだったかな。

当時ブログやTwitterを見てくれてた人は知っていると思うけど、
美雨はとある雨の日、
車にはねられて道路の真ん中で気絶しているところを
拾ってきた子なのよね。





拾ってきたばかりの頃は栄養失調でガリガリで、
ノミに血を吸われまくって衰弱していて、
手術するにも血が足りなくて輸血したんだけど、
今ではこんなに大きくなりました。
上の二枚目の写真は、カメラマンのゆり姉が撮ってくれた写真ね。

小さい頃に怖い目に遭ったせいか、
かなりのビビリ&寂しがりや&人(猫?)に気を遣うが、
たまーに強気。笑



お次は翠(スイ)。




翠は、美雨の兄弟に、と里親さんからうちにお迎えした子。
美雨のように怖い目にあったことがないので、
怖いもの知らず&超マイペース。

でもその性格が功をなしたのか、
トライアルでうちに来て1日目から美雨と仲良くなってた。笑

元気いっぱいだが、決して噛んだり引っ掻いたりはしない優しいヤツ。
兄弟の中で育ったからっていうのもあるだろうな。

お腹に顔突っ込んでも嫌がらないし、むしろゴロゴロ言う。





2匹とも全く違う性格だが、
どっちも、どこへでもついてくるという点では一緒。

喧嘩もするが、仲良くやってる。
くっついて寝てることもしょっちゅう。
それを眺めている事が幸せで、
動物と暮らすのは本当に良いなあ、と思う今日この頃。


他にもサディ(亀)と、メダカ(50匹くらい)が家にいるけど、
あたしと結婚する人はもれなく全部ついてきます。
だから私が結婚する時は、美雨と翠とサディとメダカと観葉植物たちと
みんなでお嫁に行くことになります。


未来の私の旦那様、よろしくです。笑


まあ、結婚する予定は今のところ全くないけどね。笑





■04/06 横浜(金) CLUB LIZARD
■04/07(土)名古屋MUSIC FARM
■04/13(金)千葉LOOK

もよろしくね!





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●







私はいつか

君達を失うだろう。



愛しい君達は

きっと、いつか

私より先に、逝ってしまう。



そのとき、私は

救いようが無いくらい、

泣いて、泣いて、泣き暮れて、

君達を想い、また泣くだろう。

もっとこうしてあげれば良かった、と

幾度と無く想い

自分を責め

色んな事を後悔し

また泣くだろう。



だけれど決して

出会わなければ良かった、とだけは

思わないだろう。

君達と一緒に過ごしている今を

否定することだけは、きっと、しない。



だって、こんなに

素晴らしい毎日を

私に与えてくれているのだもの。



出会う、ということは

いつか、別れる、ということ。



でもそれは、
本当の意味では、
きっと哀しい事ではない。

救い難い事なんかでは決してない。



別れる哀しみより

一緒に作った今を生きているこの事実が

哀しみを越えるほど

美しく、素晴らしいことなんだもの。




最後の日まで、
必ず、愛し抜くよ。





写真:ひぃたん 「愛しいもの達」

昨夜、TwitterやHPやジンのメルマガで発表したけど、今一度!


4/27より、会場限定シングル

「夢幻の光/ブルースケール」の


リリースが決定しました!



4/27に開催される、
ジンpresents 【東京 春のJINN vol.2】@渋谷O-Crestから
プレスした1000枚が売り切れるまで会場にて販売します。

CDには一枚一枚番号がふってあって(ナンバリング)、
その番号には秘密があります。

どんな秘密があるのかは、
4/27までのお楽しみ!


この間ジンのmyspaceが立ち上がったんだけど、
そこで今「夢幻の光」と「ブルースケール」が
フルで試聴できちゃいます!

ジンのmyspaceはこちら→http://www.myspace.com/jinnlove.net

WEBニュースにも掲載中!

【BARKS】
http://www.barks.jp/news/?id=1000078205

【MUSIC SHELF】 
http://musicshelf.jp/blog/staff/2012/03/post-1114.html

【EXICITE】
 http://artistmall.exblog.jp/17614406/

【EXICITEツイッター】
 https://twitter.com/excite_music

【NEXUS web】 
http://www.nexus-web.net/column/info/2012/03/27/jn/

【WHAT's IN? WEB】  http://www.musicnet.co.jp/whatsin/news/11034



もう4/27まで東京のライブはないけど、
現在会場限定で販売しているジンのオリジナルチケットを、
4/27のやつ買ってくれたら、
当日【東京 春のJINN vol.2】のポスターをプレゼントしちゃいます。

オリジナルチケットは本当にジンオリジナルのデザインだから、
名刺型でかわいいし、
ライブが終わったあとでもとっておけるからオススメだよ!

ぜひよろしく!





今日は沖縄の友達と会ってきた。


3/20の下北沢シェルターにも来てくれてて、
誕生日に、と本をプレゼントしてくれたの。
今、その本読んでる。
古川 日出男の「gift」。
短編で、不思議な世界観で、とっても読みやすい。


その友達とはもともとバンドで知り合ったんだが、
音楽の話は10分くらいしか話さなかったな。

今日の会話の8割は、「本」のこと。


私たちはお互いめちゃくちゃ本が好きで、
かなりマニアックな話までできる。


まあ、あたしよりヤツの方がマニアックなんだが、
今日は本屋を2件はしごして、
計3時間は本屋にた。


んで、二人とも本を買い、
あたしなんて6冊も買ってしまった。


最近いろいろとやることがたくさんあって、
しばらく本は休止してたんだけど、
また本読み周期が来そうな予感。


同じ趣味を持ってると楽しいね。
今日はありがとうね!




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●










こんな世界がありました。


あんな世界もあります。


それはいつでも、美しいです。


とてもとても、美しいのです。








写真:ひぃたん 「桜」






昨日、伊豆へ世界観チャージへ行ってきた。

世界観チャージってなんぞや、って方には、改めて説明しよう。








世界観チャージとは、自分の中の世界観を足しに行く旅の事だ。
世界観散歩、っていうのも同じ。


あたしの中の世界観っていうのは、
花とか草みたいに、ちゃんと水とか栄養を足していないと
すり切れてしまったり見失ってしまったりするものなのね。



だから、時間があるときはこうして何処かへ旅に出て、
美しい景色を見て、感じて、触れて、
自分の中の世界の色を足しに行くんだよ。



これは、あたしの中でとてもとても大切なこと。






緑の中を歩く。

強い風の音がする。

太い太い樹木が軋む。

鳥のさえずりが響き渡る。

靴が、地面を踏む音。

私の、心臓の音。

呼吸の音。

山の匂い、潮の香り。



今回は遊歩道を歩いた。
何年か前に来たきりだったから、なんだか懐かしかったな。







日曜日だったから駅前には人がたくさんいて
なんだか出店みたいなのもやってたけれど、
ちょっぴり険しくてそこそこ距離のある遊歩道を歩いている人は、
あんまりいなかったな。



だから、景色や聞こえてくる音を、
ほとんど独り占めすることができた。



ラッキーだったわ。







翠に似たネコがいた。
観光客にいつも餌をもらっているのかな。
でもやっぱり野良猫だから、餌持ってないって解ると、
プイッてあっち行っちゃう。







他にも数匹野良猫がいて、
今日は天気が良かったから
草の上や石の上で気持ち良さそうにひなたぼっこしてて、
やっぱりネコはどこに行ってもネコなんだなあ、って思ったり。

だって、ごろんって横になりながら
目を細めて毛繕いしてる様は、
うちのネコの美雨や翠とまったくおんなじだったもの。





しばらく歩いてから遊歩道をはずれ、
別の場所に行くために駅で電車を待っていたら、
駅のホームに足湯があった。

なんてありがたい!

何組かのカップルの間を失礼して、早速足湯を堪能。
タオル持ってきてないのに。笑

足場の悪い山道を歩いて疲れた足には、
最高のサプライズでした。

ちなみに、出るときは足が濡れたまま靴下を履きました。
……次からはタオル持ってこよう。





次に向かったのは、大室山。
高い木が一本も生えてない不思議なフォルムの山。
…丘、か?

前に家族旅行で一回だけ来た事があったんだけど、
あの時の景色が忘れられなくてもう一回来てみた。





もう夕方だから、全然人がいない。
それでも気にせず、リフトへ。

上はかなり風が強いから、遊歩道は行けない箇所がある、と言われたが、
了解でーす、みたいな軽い雰囲気で聞き流した。
風が強いって言っても、別に大丈夫だろー的な感じで。

したらば……


着いてびっくり。
もう、強風なんてもんじゃない。
マジで吹っ飛ばされるかと思った。
まともに目も開けられないし、風に逆らって体を踏ん張っていても
風に体を持って行かれる、という
東京の台風以上の半端無さ。

あんな強風…いや、猛風、初めて経験した。







大室山は、フェンスとかの遮るものがないので、
景色を邪魔なくダイレクトに見れるのが最高なポイントなんだけど、
この日ばかりは身の危険を感じたね。

だって、崖…ではないけど、坂の方へ坂の方へと風に飛ばされるから、
マジで落っこちそうだったもん。







本当は遊歩道をぐるっと回りたかったけど、
大けが or 死ぬよりはマシ。という事で早々に断念して降りてきた。

一応、決死の覚悟で記念撮影だけはしてきた。
リフトのお兄さんも足腰踏ん張ってがんばってたよ。笑


降りてからは、目の前にあるシャボテン公園にも行ってみようと思ってたけど、
時間が無くてダメだった。
これは次回だな。






思っていたより伊豆高原は桜が咲くのが早くて、
桜祭りなんていうのもやってた。
だから、一足先にたくさん桜が見れたから、嬉しかったよ。


良い旅だった。
また来よう。




明日は、ジンから発表があるので、
楽しみにしててね!
ライブもチェック!




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●








生きてゆく上で、
忘れてしまうものがある。




素敵なのに、
大切なのに、
日々に忙殺されて、
忘れてしまう忘れたくない事たち。




それを、思い出すために。




より、強く自分の中で生き続けるように。




私は、世界観チャージをする。




そしてその全ては、
待っていてくれる、あなたに届けるために。




生きるための力を全部使って、ステージへ。






写真:ひぃたん 「手の中の」

↑このページのトップへ