月別アーカイブ / 2011年04月



ふと、歩いていたら
桜が散りまくってることに気づいた。


咲いてたのは知ってたけど
ちゃんと見てなかったなあ。


慌てて上を見上げてみたら、
だいぶ葉桜になってたり。


今年は桜見損ねたな。
花見もしなかったし。


また来年、だな。






寂しがりやの美雨(ねこ)さん。


どこへ行くにも後をついてくる。
拾って来たとき、だいたい2ヶ月くらいだって言われてたから
もうすぐ1歳だな。

美雨の誕生日は、たぶん5月。

新緑の季節に生まれたんだね。


しっかし、ハイパー寂しがりやなので
そろそろ、兄弟をお迎えしようかな、と思って。


そんなことをもんもんと考えていた矢先、
友達が目も開いてない子猫ちゃんを拾ったようで

我が家で引き取ることにしました。


でも、あたしは付きっきりでお世話してあげられないので
猫エキスパートの友達が、
乳離れするまで面倒を見てくれるらしく、


乳離れしてから我が家にくることになりました。


楽しみだなあー。


楽しみすぎて先走って
猫ベッド買っちゃったもん。


ふっわふわですっべすべで触り心地がよくて、
ずっと前から狙ってて
いつか買ってあげようと思ってたんだけど
ちょうど良い機会だからちょっと早めに購入することにしました。


美雨は、匂い嗅いだだけで入ろうとしてくれないけど。笑





新しい子、美雨と仲良くなってくれますように。




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●








間違えずにいこう、と

ついつい

足元ばかり見てしまう。




でもって

前方不注意で

たいてい、何かにぶつかったりする。




あたしが一番、強くなるときは

もういいや、好きにしよう!って

開き直ったときなんだよな。




写真:ひぃたん 「みずみずしい命の香り」



ブログをね


書きたいなあ、書きたいなあ、
今日こそ書こう


と思いながら
ちっとも書けなかった。



面倒くさかったんじゃない。

何をどう書いたらいいのか、
どこまで書いたらいいのか、
わからなかったから。



4/2に
我らがボス、西川貴教発起人の
東日本大震災チャリティープロジェクトのイベントがあった。

ジンもちょっぴり出演。
あたしのギターをオークションにも出した。

大事にしていたギターです。
ボロボロだけど。
あたしがバンドマンとして出せるもの、って
これくらいしかなかったから。

あたしに代わる誰かに、可愛がってもらえるといいな。

出戻りしてきてしまったら、それはそれで。
また一緒に暮らすさ。



ライブもあって。

渋谷O-Crestで開催されたカグライフのイベント、
三重KINGCOBRAで開催されたお客さんの追悼イベント、
千葉LOOKで開催されたcoldrainのツアーのイベント。



どれもこれも、
なんかこう、
魂の燃えるような。

体中が、沸騰するような。

それでいて、
何がなんだかわからない!って
ポジティブな気持ちで叫びたくなるような。



そんなライブだった。

一緒にやったメンツのライブも含めて。

音楽の力、っていうのを
改めて実感した気がする。

今まで、そこまでよくわかってなかったんだよな。

聴く側の目線で体感できた。
体中がぞくぞくして、たまらなく安心する感じ。
大丈夫だ、って言われてる感じ。

うまく言葉にできないや。




美雨の兄弟となる猫ちゃんをお迎えしようと心に決めて
とあるボランティア団体さんのところへ行ったりした。

まだ運命の出会い的なビビッと感が感じれなかったから
その日は見学だけして帰ったんだけど

どの子も、とても可愛かった。
美雨に似てる子もいた。

警戒して、フー!とかシャー!とか言われたりもした。


片目の無い子もいた。
みんなにいじめられるから、
檻の外にいて。

可愛かったな。
触らせてくれなかったけど。笑
(知らない人だもん、当たり前だよね。)




他にも細かく言うと
いろいろあったんだけど
なんかうまく言葉にできないから
言葉にしないでおく。




ステージの上だと、
あんなに素直になれるのに
実生活だとダメだなー
難しいなー。






●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●







突然泣き出した理由を

説明するのは

たぶん、もっと先になると思う。




「君にはきっとわからない」




と、
君に対して思うのは

もしかしたら

今は解ってほしくないのかも。





君はいつでも真っすぐで

あんまりにも正しくて

正しすぎるから



なんだか、焼けこげてしまいそうなんだよね。





正しいことと

正しくないことを

重々承知した上で

こんなにもグラグラしてるんだもの





きっと、こうして耳を塞いでいる私を
あれやこれやと言っているかもしれない

いや、全く話題にも出さず
なかったことになっているかもしれない




それすら
何もかも




今は、受け止めるのが難しいんだな。



写真:ひぃたん 「水に揺れる泡のよう」

↑このページのトップへ