月別アーカイブ / 2010年02月



AとB、

彼らがどんな会話をしているのか

考えてみよう。







A「もうすぐ頂上よ!!」
B「はっ、はいっ!!」

by.TAKEUCHIDENKILV





B『兄貴…あれって…』

A『…人違いだよ…きっと』

B『でも、母ちゃ…』

A『だから、人違いだって』


by.Fruuche



A『やぶぇ!ど~すっぺか?!』
B『だ・だ・だから危ないって言ったっぺ~。
顔の付いたキノコなんか食べるから、
おっきくなっちゃうんだべよ~』


by.onegionegionegi





A「ちょっ……梅宮和男!」

B「ちょっ…写メ!写メ!!


by.jinn_hiitan






ワタクシひぃたんがツイッターにて不定期開催する、
「吹き出しくん」。

参加自由なので、気軽にご参加ドーゾ!






【twitter始めました】

☆ツイッターひぃたんID:jinn_hiitan

☆ツイッターHP:http://twitter.com/

☆ツイッター日本語版解説ページ:http://usy.jp/twitter/index.php?Twitter


☆「吹き出しくん」って何?
→ http://jin-hiitan.exblog.jp/13829440/







ツアーと関係なく

遠出をするのが好きです。



非日常チャージをしなくては
普段感じれないものを、
感じる機会が訪れないので



隙をついて、
突然遠出したりして
メンバーを困らせます。

(注:嫌がらせをしているわけではない)





去年の誕生日にパパンから頂いた
デジタル一眼レフのカメラを持って
あっちへこっちへ
ウロウロ
パシャパシャ。


まだ、全然デジ一眼を使いこなせていないので
早く使いこなせるようになりたいなあ。







●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●









裏返しを裏返したら




一応、
見た目には普通になった








やはりその内実は

裏返し×2

ということなので




やはり
非常に複雑なものになっている。








写真:ひぃたん 「連なる朱」






1つ前のブログに、
ツイッターにて開催する「吹き出しくん」のセリフコメントをアップしました。

おもろいので、見て。笑




さて。

高崎FLEEZ、新潟JUNK miniと
2連ちゃん演ってきたわけです。


今回、水戸、高崎、新潟の3カ所
BACK-ONのツアーに参加させてもらって、


BACK-ONの人達は怖い人達じゃないんだっていうのを
しっかりわかって帰ってきました!笑




BACK-ON、3日間ほんとうにありがとう!




高崎FLEEZではインディー時代からの馴染みの、
大車輪メンバーが遊びに来てくれた。
差し入れに大量にコロッケをもらって(本当に大量!)
隙あらばバクバク食べてたアタクシです。




高崎は暑いくらいに暖かかったけど、
新潟は雨で寒かったなー


PIECE 4 LINEとマイスタと一緒にやったんだけど、
楽屋も打ち上げもすっごい楽しかった!


PIACE 4 LINEのサカイダユーキさんは、
あたしのブログを読んでくれたそうで。
写真を誉めていただきました…嬉しいッス!



熊谷ヘブンズロックで初披露した新曲、

「夢幻の光」

高崎と新潟でも披露してきました。



この曲は、
ダダダダーーーっと走っていく曲で。
サビ頭でも「走れ 走れ」って言ってるくらい。



できたとき、
4人揃って

「かっこいいじゃん!」

とウキウキした曲なのです。



まだまだ新曲は隠し持っているけど、笑
早くみんなに披露したくてウズウズしてます。





気がつけば ing vol.4まであとちょっと!


次のライブは ing vol.4まで無いから、
これからは ing のステージ作りに勤しむと思われます。



毎回何か新しいジンを見せたい!と意気込んでいるingですが、
今回も楽しみにしててちょーだい!





314

渋谷O-Crest



[ i n g ] vol.4


w/prague(プラハ)






チケット発売中!










●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●









千本鳥居は無限回廊。



永遠に続く朱色の鳥居を
ひたすら、ひたすら。



真っ直ぐ

曲がって

上って

下って

進んで

戻って



原点回帰。




御稲荷さまが
なにもかも
見ておいでだから


真っさらな気持ちで
朱色の鳥居をくぐり続けた。









写真:ひぃたん 「千本鳥居」

↑このページのトップへ