月別アーカイブ / 2009年08月




きのうは朝からいっぱい更新したな。



だって、
なんか書きたかったんだもん。



急に、爆発的に。




そして、
急に、数日なんも書かなくなる日もたまにある。





なんでしょう、このサイクル。






ほいで、今日はちっと肌寒くて
なんだか秋みたいだったね。

帰りぎわ、愛チャリ「カヤ」に乗って
すずしくなった風の匂いを嗅いだ。

秋かもしれない、って思って
なんだかワクワクしちゃった。




こうして、あたしは結局のところ
一年中ワクワクしてることになるな。








最近ね、言葉が生き返ってきたの。






なんてゆうか、
また、自由になってきた。






誰の手も触れられないところで、
深呼吸を繰り返すことが、
あたしのリハビリだった。






うまくできなくなったりして
いやになっちゃったりして

そんな自分にうんざりもしてたけど
同時に、信じてもいた。







あたしが、何もかもを忘れて、
空っぽになるわけないじゃないか。




必ず、また見えるようになる。

悩んだ分、苦しんだ分のおまけ付きで。






んで、その兆しが見えつつある。







音楽って、いっつも不安定だ。


安定してる音楽なんて、
そんなものつまんない。


不安定くらいがちょうどいいんだ。


とくに、ジンみたいなバンドは、さ。






強くなろう、強くなろう、って
傷ついちゃいけない、泣きわめいたりしちゃいけない、って


何年も何年も自分に言い聞かせて


そんで、それがついに叶って
傷つかなくなって、泣きわめいたりしなくなって、
強くなった気がしていたけれど



これって、別に強くなったわけじゃないのね、って
どっかで気付いたんだよね。



傷つかなくなった分、
なんにも考えられなくなって

泣きわめいたりしなくなった分、
機械的になってしまっていた、って

ある日、急に思って。
んで、青くなったよね。





やべえ、って。





傷ついて、泣きわめいて、不安定で、
それって、
一番生み出すエネルギーになるんだ、って
一周して、やっとわかった。




大事だったんだ、こういうこと。


いらない、って思ってたもののほとんど。
あたしの中の、大事なことだった。





こうして、階段を登ってゆくんだね。





間違ったと思ったら正しかったり、
正しいと思ってたら間違ってたり。




白と黒、光りと影を繰り返して、
まだまだあたしは成長してゆく。




まだまだ、ジンは伸びてゆく。








●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●









よく考えたら、
自分のすっぴんがきらい、だなんて
哀しいことだなあ、と思った。




だって、
あたしの顔は、
嘘偽りのない顔は、



この、
すっぴんの顔なわけなんだし。





あたしはあたしのままを、
愛したいし
愛されたいな。





心も体も

生まれたままのすがたで

この先の道も、共にゆく。







写真:ひぃたん 「生まれたまま」



ジン会議中


某ファミレスに迷い込んだ、
キレイなグリーンのカナブン君。




過ってハルカの首筋に止まってしまい、
びっくりしたハルカにたたき落とされてしまった、
運の悪いやつ…。




ので、
虫の嫌いなメンバーに代わって、
外へ逃がす役を遣わされたワタクシ。





どこか、なるべく、
人間のいないところへ行きなさい。



スタジオ終わったんだけど



搬出終わったあと、
おもむろに車につんであった

「サラテクト クール」
(虫よけスプレー)



もっくんに

ぶしゅう

ってかけられた。




もっくんも、
自分で自分に

ぶしゅう
ぶしゅううう

ってかけてた。





どうせなら、
搬出する前に

ぶしゅうう

ってしてくれれば良かったのに。



これから車に乗るのに、
なんで
ぶしゅううってしたの?


って
もっくんに聞いたら
返ってきた一言








「涼しいから。」








虫よけ目的じゃないんかい。

↑このページのトップへ