月別アーカイブ / 2009年06月




さようなら、6月。







そしてもうすぐライブだ。



7/2 大阪DOROP
7/3 名古屋アポロシアター

7/8 新宿ACB



この3本は、全部ジェネラルヘッドマウンテンと一緒に演るんだ。
楽しみだなあ。






さて、タイトルが決まった。






たくさんたくさん案を用意してたきたけど、
結局のところ、
ギリギリでピンと来て継ぎ足した案が、
一番良かったみたいだ。





なんのタイトルか、って?







うふふふ

まだ秘密だよ!








ああ、早く梅雨が終わらないかなあ。



明日が、最後の唄入れだ。








●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●











A『この街灯りの中に、あの子がいるんでしょう?』




B『うん、まあ、そうだろうね。』




A『そう考えるだけで、この街灯りがより一層光りを増すようだよ。』




B『うん、まあ、そうだろうね。』




A『……さっきからそればっかりだな。
  君ってば、ロマンに欠ける人だね。』




B『ちがうよ。軽い言葉でこの綺麗な景色を
  ちゃちなものなんかにしたくないだけさ。』




A『ふうん…』




B『まあ、いいじゃないか。黙って見てろよ。』




A『…うん。』




B『それにしても、綺麗だなあ。』




A『うん。そうだね。』







写真:ひぃたん「夜の街灯り」

今日も唄入れだった。




自分のノドの法則、というやつ。
まだまだ見知らぬ、聞き知らぬことはたくさんあるみたいだ。




自分が感じてることと、
相手が感じてることっていうのは、
ちゃんと確かめてみないと
案外ものすごく違っていたりする、ということ。



わかっていたつもりだけれど、

つもり、っていうのは

結局のところ、解ってないのとおんなじことですな。








最近読んだ本


●村上春樹
「1Q84」上下巻

●栗本薫
グイン・サーガ1巻
『豹頭の仮面」








友達に勧められて読み始めたグイン・サーガ、
全100巻くらいまであるらしいんだけど、
なかなかおもしろいです。



物語の設定が、正統派のファンタジーで、
とりあえずパロの真珠がもうめっちゃキレイでクリスタルの(略)







…ゴホン。








そんな感じです。
興味のある方はぜひ。









●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
















お、やるじゃん。














写真:ひぃたん 「壁に張り付いたかえるくん」

帰り際には雨はあがりました。



傘を片手にふらふらとおうちへ帰ります。







もうすぐ、全曲を録り終える。
いい感じだ。


夜風も涼しくて、いい感じ。








昨日のブログでウサビッチについて書いたけど、

あたしが好きな方のキャラクターはキレネンコっていうんだね。
あいつ好きだなー
キレると強くなるあたりが。








でも基本的にはルパンが一番好きです。







アニメ違げぇよ、っていう。
















明日も唄入れ!











●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●








君の考えてること、悪くない。









頭の回路が
理解へと方向転換をはじめ

キリキリカリカリと音がしてる。







赤い眼して、
じっと世界を見据えている君の姿。

なんだか悲しそうだけれど
同時に楽しそうにも見えるんだ。









「世界を半歩先、出し抜いてやるのさ。」









君の考えてること、悪くない。










写真:ひぃたん 「見知らぬ土地の夕暮れ」

↑このページのトップへ