月別アーカイブ / 2007年07月

今日は渋谷リキッドルームでライブでした。

鹿野さんのイベントで、
呼んでくれた鹿野さん感謝です!!


今日のイベントはDJとバンドが交互にやるイベントで、
とても異空間な感じでした。


リキッドルームはこのブログ、「excite」のイベント以来で、
今回で二回目となります。


今日はリハが終わった後、
マキシマム ザ ホルモンのラジオ、
「マキシマム ザ ホルモンの麺堅こってり」の収録に行き、
散々ワイセツな話を披露してきました。笑


ナヲちゃんとだいすけはん、おもしろい。笑
ジン絡み辛くてスイマセン!!!
Bay FMで放送されるので、
是非聴いてみてください。
メンバーの恥ずかしい秘話がもれなく聴けます。笑




今日のイベントは持ち時間が40分と長かったので、
いつもよりたくさん曲が出来ました。
今日のセットリストは

1.雷音
2.創の手
3.メイ
4.パンドラ
5.お天気雨
6.Vuena Vista

という感じでした。



パンドラをライブでやるの、初めてだったので、
なんか唄ってて新鮮でした。
やっぱり、この曲、創って良かったなあ。



次のライブは、夏フェス、ロッキンジャパン2日目、となります。
トリできるの嬉しいーーー!!!
めっちゃ楽しみです。



是非遊びに来てね!!!
Vuena Vistaもよろしく☆




そして今日ライブが終わった後、
TSUTAYAに借りてた「ゲド戦記」のDVDを返しに行く途中、
某ハンバーガーショップに中学時代の友達がいたので、
ついついおしゃべりしてきました。



ハンド部以外の中学時代の友達と話すのは本当に久しぶり。
いろいろ懐かしい話題が出たりしました。



地元の友達は、ジンを応援してくれてる人達がたくさんいて、
改めて有り難いなあと感じました。
あたしがバンドやってる事なんて知らないだろうと思ってたから、
そんなにたくさんの人が知っててくれてるのか、と
なんだか嬉しくなりました。



夜遅くまでなんだかんだ喋って、
なんか勇気もらいました。



この人の中には、
私はあの頃のままの私なんだなー、なんて思ったり。
そういうのが、なんだか嬉しかったり。





ほんのりハッピーな一日でした。




●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●






完全集合体
光の元へ集う


瞬く何億何万の輝き
遠い星の下で見上げてる


一つ
古い手が現れて
私をまた
新しくする


忘れていた呼ぶ声に
もう一度
耳を傾ける


わなないている
おののいている



膝をついて
許しを乞うている



その隙間から
刺すように貫く意思達

己が己が、と

闇の中から際限無く現れる


目をそらしていただろう
耳を塞いでいただろう


その瞬間にも
ほら、また


声や光や匂いや音
こんなにも激しく
こんなにも眩しく


私を呼んでいたのに。




写真:ひぃたん 「太陽と電線と夏」

今日、7月20日はなんと!!





ジン4周年です!!







今日から4年前にジンは結成されたんですね。
早いもんだなあ。

もう4年かあ。






あの頃は今よりもっと何にも知らなかったし、
4年後の自分達がこうなってるなんて知る由もなかった。






何もかもがあっという間で、
でも何もかもがすごく長かったような気もする。






しかも、道はまだまだこれからなんだよな。
まだスタートを切ったばかりで、
幾万もあるドアのうち、多分まだ2つか3つくらいしか開けてない。






この先まだまだ長いぞーーーー
しっかりスタミナをつけて、
がっつり羽ばたいていこーぜ。







これを見てるみなさんも、
今後ともジンをよろしく!!!!






今日は16:00に新宿の埼京線ホームで集合。




埼京線…いろいろ思い出します。
個人的に。
最近乗ってないなあ。




今日はNack5の収録をすべく大宮へ。
イコマンさんとのトークは、
ゆるーくてすっごいリラックスして喋れた!!

イコマンさんのあのオーラ、
かなり素敵だと思います。



そしてコメント撮りのとき、
Nack5に寄せられたメールを見せてもらったんだけど、
嬉しかったなー。

BBSもファンレターもそうだけど、
ああいうファンの声って嬉しいね。
うんうん。
いつもありがとう。





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●







見たままを信じるのは
とても危険で


疑いをかける事こそ
真実を見付ける鍵


騙し合い
騙し合い


なんて醜く愚かで
悲しい世界。






写真:ひぃたん 「不穏」

↑このページのトップへ