月別アーカイブ / 2007年06月

昨日の夜からずっとまなじゃむの家に滞在している。
まなじゃむの家は私の家から徒歩10分圏内なので
すぐに行けるし、すぐに帰れる。



ひたすらまなじゃむに話を聞いてもらう。
懺悔、後悔、希望、今…
ひたすら聞いてもらってたら、
楽になった。



今日は18時〜24時でスタジオで、
久しぶりにまなじゃむもスタジオに来た。



…とは言っても、
最近はひたすら曲作りなので、
楽器隊のセッションを眺めたり、思いつくままに言葉を書いたり、
という事以外やることがないのだけれど。




終わったあと、またまなじゃむと一緒にいた。





帰りの電車が途中でなくなって、
タクシーを拾おうと思ったんだけど、
雨だからなのか中央線が止まっているからなのか
めちゃくちゃ混んでて、
1時間くらい待った。



地元に帰ったら、
二人でカラオケに行き、
唄えるだけ唄った。




今月でカラオケ2回目だ。笑





その後、またまなじゃむ家に泊まり
またいろいろ話をして、
3名様のDVDを見てゲラゲラ笑ったり

ネットやったり
漫画読んだり





いろいろして。






なんだか、いろんなことが
夢みたいだな、って思った。

良い意味でも、悪い意味でも。





だがしかし、
明日もしっかり生きよう。
やるべきことをやろう。





●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●







無数の物語



本棚に一冊一冊
それぞれのジャンルで、
それぞれの背表紙で
私の前に並んでいる。





書きかけだった一冊の本
今日、幕を閉じた。




長いようで
短いストーリー



私はこの中で、生きていたのだ。





終わりはいつも
痛みを伴う。

人間は簡単じゃないから
感情は言葉にできないから

こうして涙が流れる。
こうして笑っていられる。




映画や漫画のように
現実は綺麗じゃない。
生々しくてリアルで
残酷だったりする。





だけれどそれを
ひとつひとつ糧にして
また、
明日の私を創るんだろう。



「素晴らしい私」に成る為に



また、階段を登ってゆくんだろう。





それをやめたりしない限り
私は


一生涯、成りたい私を創っていくんだろう。




写真:ひぃたん 「闊歩」

反省した。
深く反省した。



なんてバカだったんだろう
なんて愚かだったんだろう、と。




ここ最近
こんなに反省したことがあっただろうか、と
思ってしまうくらい




深く深く反省した。





振り返って
やっぱり、と
口にしたい衝動に駆られるけど


それはダメだ、と
私の中の何かが言う。
私の中の何かが止める。






どうしようもないので
涙を流す。
深く深く反省する。





私がつけた傷は
きっと、とても深いだろう。
きっと、とても痛いだろう。





それを考えると
涙が出て止まらない。





だから今日は、
たくさんたくさん泣こう。
たくさんたくさん泣いて




ちゃんと立ち上がろう。





ちゃんと立って
もっと背筋を伸ばして
立派に
力強く
誇り高く
妥協せず




生きることができれば





この哀しみやあの苦しみも、
きっと力に消化できる。





もう
間違ったことはしない。
もう
あんな風にはしない。






今日、心から自分に誓いました。



写真:ひぃたん 「脱ぎ捨てられた服」

今日は、スタジオの後、友達と飲んだ。
そいつもハンド部(過去日記2007.1.3.参照)の一人なんだけど、
なんでも私に相談があるとか。



そいつと私は、
サシで会う事は滅多にないんですが、
年に一回くらい、たまにこうしてサシで話したりします。



地元の見知った居酒屋に行き、
そいつの悩みを聞く。



そして、あたしが出来うる限りの最大限の情報とアドバイスを伝え、
納得したりお互いびっくりしたりして、
いつの間にか話はDVD「THE 3名様」の方へ。




あたし、3名様大好き。




絶対DVD買うもん。





ハンド部と、ノリが似てる。
面白さのツボが似てる。
だから、大好き。
みんなも、是非見て!!
まじシュールだから!笑





そして何故か途中で一個上の友達が乱入してきて、
それまでゆっくり語っていたところを
何故か散々飲まされ、
お互いすっかりヘベレケになって戦線離脱してきました。





なんにしろ、
お前にはぜってー負けねーよ。



だから、
お前も、あたしにぜってー負けないでくれ。






あーーーーー
飲み過ぎて気持ち悪い…。






●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●






日々の折り目
皺の拠り所
暑苦しい朝
鶴は亀と駆け足



例えば、千年
例えば、万年



永らえるとすれば



そのまま
気が違ってしまうでしょう。



頭に入る情報量の分だけの命
処理できるとこまで
全うする


笑い皺のよるところ




写真:パスタ 「埋め込まれたプレート」

↑このページのトップへ