月別アーカイブ / 2017年11月

お待たせしました!

本日よりユコちゃん年賀状の販売をいたします!

っていうか実は24日に販売開始してました!(汗

ばたばたしてつい筆無精のやろうが邪魔を!こんにゃろっ

既に売り切れ間近の商品もございます、嬉しい限りです

さぁ今年も前のめりで、ご注文はこちらのサイトから


「花咲かユコちゃん年賀状」ご注文ページ

 
ユコちゃんイラスト-秋トップ画.jpg
 

IMG_5148.JPG

花咲かユコちゃん年賀状2018年 戌年版

1枚180円(税込)

 

今年も選べる2タイプです
●82円で送る版(1ミリクッション紙)
●52円で送る版(0.6ミリクッション紙)
 

※切手はついておりません
※年賀はがきについては、12月15日から翌年1月7日までの間に限り、これまでと同様に52円で差し出すことができます
※私製はがきを使用して年賀状を差し出される場合は、12月15日から翌年1月7日までの間に限り、52円で差し出すことができますが必ずはがき表面の見やすい位置にはっきりと「年賀」の文字を朱記してください(日本郵便webサイトより)


●送料 1~49枚  180円  /  50枚〜 無料
●27日より順次発送致します
(年賀アートを併せてご注文の場合はそちらの発送日が適用されます)
●まとめ買い得点として10枚ごとに1枚プレゼント! 
●売上の8%作者のふるさと福井県あわら市にふるさと納税いたします
●お支払いは銀行振込(みずほ、ゆうちょ)です

版下確認用.jpg

ご注文はこちらから!

「花咲かユコちゃん年賀状」ご注文ページ


クレジット決済、オンライン決済、コンビニ決済等をご希望の方は
オンラインストアからご注文ください

yukobow online store





そして。。。!
 
昨年大変好評を頂いた金ぴかアイテム

今年もご用意しました!

しましたが、すみません!

24日の注文開始から多数のご注文を頂いており
現在サイトの方では受付をストップしております

オンラインストアの方では少しお取り扱いがあります!

23795229_1654917137905970_2929959267077391219_n.jpg
 

花咲かユコちゃん年賀アート 
フレームセット 4700円(税込)  / リフィルセット 3800円(税込)

 

 

ご注文多数により受付を一旦停止しております 
(オンラインサイトにて僅かですがお取り扱いしております) 



●20セット限定販売です
(予定数はフレーム、リフィル合わせて20セットです)
●裏面にサインとシリアルナンバーが入ります
●フレームセットはアートboxフレームにセットした状態でお届けします
●注文の際フレームカラーをWhite/Brown/Naturalから指定してください
●リフィルセットは2017年版のフレームの中を入れ替えたい方向けのセットです
(リフィルセットは保存用の化粧箱に入れてお届けします)
●送料600円(年賀状とあわせてご注文頂く場合こちらの価格が適用されます)
●合計9,000円以上で送料無料
●発送は12月上旬を予定しています
●フレームの在庫状況により発送にお日にちを頂く事がございます
●お支払いは銀行振込(みずほ、ゆうちょ)です

 

ご注文はこちらから!

「花咲かユコちゃん年賀状」ご注文ページ

クレジット決済、オンライン決済、コンビニ決済等をご希望の方は
オンラインストアからご注文ください

yukobow online store


今年はフレームを3色ご用意しまし
IMG_5170.JPG



 ふるさと納税への想い 】

今年も年賀状でふるさと納税をさせていただきたいと思っております

(まとめ買い特典も継続し10枚ごとに1枚プレゼントします!)

納税先は私のふるさと福井県あわら市です

年賀状をご購入くださる皆様、いつも応援してくださる皆様が

今後もしあわらで活躍するユコちゃんに会いに来てくださった時に

少しでもより良いあわら市であって欲しいという想いを込めて

私なりの恩返しが出来ればと言う思いでこのような形にさせていただきました

そしてこれが皆様にあわら温泉を知っていただくきっかけになれば良いなと言う想いで

今後も継続していきたいと思っています!

10枚ご購入頂くと130円、20枚だと260円、100枚だと1,300円の納税になります

けして大きな額ではありませんがご賛同いただけると嬉しく思います



最後に

花咲かユコちゃん年賀状と金ぴか年賀アートで

皆様の行く年来る年に福がありますようにと願いをこめて販売をしたいと思います

ユコちゃんと共に素敵な新年を迎える準備をしませんか?



#ユコちゃん年賀状

で年賀状に関するこれまでの記事まとめてご覧頂けます

そちらもぜひご覧くださいませ^v^

24日には昨年購入くださった方へ
販売開始のお知らせを送らせていただき


すでに年賀状、年賀アートともにご注文を頂いております

(今年も金箔ラッシュで驚いております)

発送準備中ですのでいましばらくお待ちくださいね




それでは本年もユコちゃん年賀状をどうぞよろしくお願いいたします! 

ご注文はこちらでふ


「花咲かユコちゃん年賀状」ご注文ページ

クレジット決済、オンライン決済、コンビニ決済等をご希望の方は
オンラインストアからご注文ください

yukobow online store

あわら市の公式YOUTUBEチャンネル「あ!わらってネット」内の

アワラスターのシリーズに取り上げていただきました

ふるさとあわら市で撮影をしたり取材していただいたのですが

生まれ育った景色の中でインタビューしていただいたり動画に出させていただくと言うのは

なんだか不思議な感じでもぞもぞしました

いい機材で撮ってもらえたり本格的なナレーションも入れてくださって

被写体以外はまるで情熱大陸です

永久保存版の動画です!
(冗談抜きで半永久的に残るそうです)


OurLuster~ボクラノ標~ #25 なかもとゆう

ご覧ください↓




あわら市公式チャンネル(あ!わらってネット)

なかもとゆうのチャンネル(yukobowちゃんねる)

広報あわら_11月入稿.jpg

11月のユコちゃんです

15日発行の広報あわら11月号に登場しました!

先月は静かに読書をしていたと思ったらやっぱり食欲の秋は外せないようです(^^

ほしおじもおにぎりわっしょいで嬉しそうです

前おきが少し長くなりますがおにぎりといえば、のおはなしを少し

あわら市では「おにぎりアクション」を応援するプロジェクトとして

あわらむすび」プロジェクトと言うものを企画しています

おにぎりアクション」とはおにぎりの写真を特設サイトにアップすると

1枚につき給食5食分に当たる金額がアジア・アフリカの子供たちに寄付されるというもの

そのプロジェクトを応援するべく立ち上がったのが「あわらむすび」プロジェクトです

「あわらむすび」とは。。。

「人と人を結ぶ」をテーマに、あわら市の魅力やあわら市への郷土愛、おもてなしの心、大切な人への感謝の思いをおむすびで表現し、それを県内外の人たちに提供・発信することで、あわら市のブランド振興を図るプロジェクトです 。(あわら市HP)

というものでオリジナルのあわららしいおむすびを販売したり
福井米のいちほまれと花あかりの食べくらべを開催したりしております

なかもとも先日食べくらべに参加しておにぎりアクションしてきました

フォトジェニックなパネルの影でカツラみたいになってるし市長には顔がおにぎりみたいだと言われるし
リアルにでかい顔のせいで市長のギャグが笑えないw
でもこれで世界の子供たちの笑顔に繋がるなら安いもんだ! 
23231135_1426555344125162_8888446167894796348_n.jpg
※写真はあわら市長のFBから拝借しました(^v^

この日も沢山の人が食べ比べを楽しんでいました

お米の國福井としてもとても素敵な取り組みとなっております

あわらにお越しの際はぜひ「あわらむすび」で「おにぎりアクション」!カニも解禁!

おにぎりアクションは現在は終了しています



そしておにぎりの秋と一緒に楽しみたいのはやっぱり紅葉

京都で着物レンタルして雅な気分に浸りたいものですなぁ

11月1日に更新したManga de Japanでは京都でおすすめの紅葉スポットを紹介しています

Yuko-chan's Great Autumn Foliage Spots in Kyoto

 瑠璃光院が本当におすすめ!
 
tlAAbBpfxP.png


ここから前編の続き

(遡る事2ヶ月前。。。) 

 なかもと東京へ行く「福井編」

北陸新幹線「かがやき」に乗って福井へ向かいます
IMG_4488.JPG
 初北陸新幹線にテンションが上がったものの朝も早かったので車内では爆睡

トンネルばかりと評判の北陸新幹線ですがそんな景色を楽しむこともできず起きたら富山でした 

終点金沢で乗り換えてガタンゴトンとあわらへ向かいます

実家についてあんころもちくんに挨拶をして今日のお仕事場へと向かいます!
21685972_1478764842210086_8467894879976943828_n.jpg
(なんで帰ってきたん!?という顔)

本日のお仕事場はこちら!
21686226_1478848335535070_2474519715824686984_n.jpg
 あわら宵市にやって来ました!

あわら宵市は市民が主となって企画実行しているイベントで春と秋の年2回開催されています
飲食はもちろんクラフトやマッサージ、的屋さんもあり子供も大人も楽しめるイベント
夜までまったりゆったり楽しみましょうという感じで14時から20時頃まで沢山の人で賑わいます
芦湯の広場で開催されているので疲れたら足湯で一服
今年で4年目を迎える宵市ですが年々出展者さんや催しも充実してお客さんが増えていて
すっかりあわら定番イベントになっています、やっぱり継続は力なり

あわら宵市facebook

わたしはユコちゃんグッズを扱ってくださっているウチララさんのブースで似顔絵屋さん21686406_1478848398868397_3518995877098106377_n.jpg

取材のお仕事も入っていて密着なかもと24時!(カメラ慣れません)
21686091_1478848342201736_5912669643410073914_n.jpg

沢山似顔絵描きました♬(なんだかんだでずっと描いてた)
21761937_1478985412188029_1969833027864225442_n.jpg

21686008_1478985408854696_7011818671696656955_n.jpg

21686385_1478914468861790_2820085060639329564_n.jpg

盛りだくさんのステージイベントも楽しい
夜はちょっとお酒もはいってわいわいとしていました^^
21617564_1478993462187224_698173096907656198_n.jpg

展示会でドット疲れていたのでこの日はぬるっとイベント楽しもうと思っていたら
沢山の方に似顔絵の注文を頂けて嬉しい悲鳴でした
遠方からの方やお世話になっている方たちも来て下っさってみんなに会えて嬉しかった💕
またタイミングがあれば似顔絵屋さんやりたいなぁ(^v^


tlAAbBpfxP.png


翌日はオフ日にして実家でリフレッシュしました
ランタンのあかりの中でみんなでバーベキュー、楽しかった✨
 21766282_1479929645426939_3346271027988301896_n.jpg
 

tlAAbBpfxP.png

しっかりリフレッシュして次の日にはまた撮影でございました!
ビバ情熱大陸、それっぽい画を撮っていきます
22045640_1480343255385578_2650706649812870538_n.jpg
今回インタビューも沢山撮っていただいたのですが
こういう機会を頂けると改めて自分がなぜ絵を描くのか、絵で何を伝えたいのかを考えます
私はしっかり考えているようで、そんなに考えていないタイプの人間なので
 自分自身を振り返ったり見つめ直す良い機会を与えていただけているように思います

電車を待ち構えてぶらり途中下車の旅的な画も撮りまして
知人が爆笑する程ぎこちない私が写っておりますのでぜひそちらをお楽しみください(笑
相変わらず早口なのでテロップ無いと何言ってるか分かりません 

次の記事に動画を貼っておきますのでぜひご覧頂けると嬉しいです

tlAAbBpfxP.png

長い遠征も終盤に差し掛かり翌最終日は長らく伺いたかった眼鏡の街、鯖江市へ

運良く鯖江市長にお会いする事が出来ました!

似顔絵を描いてお渡ししました(^^
 22050071_1481132391973331_6164739686560270772_n.jpg

牧野百男鯖江市長は御歳なんと75歳

とても若々しくいらして75歳には見えません!

facebookを巧みに使いこなし日々、市の情報を発信されています

その後は市の職員の方に市内を案内していただき憧れの眼鏡館も見学する事が出来ました

いつか鯖江産でオリジナルの眼鏡作るんだ!
(実際に自分だけのメガネづくりを体験できる工房があります) 

眼鏡がトレードマークのわたしなので鯖江には縁もゆかりもありませんが
ずっとお世話になっているふるさとの様な気がしてしまいます 

そんな鯖江市は伝統工芸の街でもあります

眼鏡の他にも漆や木工など多くの伝統技術が今も盛んです

そんな鯖江に惚れ込みIターンで移住してくる若者が多くいます

その方々が鯖江市と一眼となって町おこしのイベントを毎年企画開催していたりもするんです

それが「RENEW(リニュー)×大日本一鯖江博覧会 」 

鯖江市の伝統技術にスポットを当てた、今全国から注目の集まる熱盛なイベントなのです

私も眼鏡を愛するものとして鯖江市に何か関わっていけたら良いなぁと思います

この訪問で鯖江市の魅力をよりリアルに感じる事が出来ました


サンダーバードで帰阪し、こうしてなかもと東京の旅は幕を下ろしたのでした

↑このページのトップへ