_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1350.JPG
10/14(日)
待ちに待ったWakanaちゃんのソロライブ♪
ライブの内容はなんとなく情報として入っていたが、やはりドキドキ💓
Kalafinaのライブはずっと友人と一緒に行っていたが今回は1人だ。私もソロでドキドキ(笑)

2017年のクリスマスライブから10ヶ月経った。
その間に色々ありすぎて、不安で悲しい日々を送っていたが今回のライブで全て払拭出来た!
あーそうか!3人でも1人でもWakanaの歌は変わらないんだ!一曲一曲を全て丁寧に全力で歌っているんだ。
オープニングの「9月」に少し戸惑いと喜びを感じ、緊張感が伝わった「カンタンカタン」。時間が進んで行くうにちに私の心も徐々に慣れていき、新曲「君だけのステージ」「僕の心の時計」「つばさ」「時を超える夜に」「あと一つ」はどれも心に響く素晴らしい曲で聞き入ってしまった。Wakanaの才能に改めて感動した。

カバー曲も、fictionjunctionの曲の歌唱も素晴らしく、皆さんの為に心を込めて歌いますと言ってくれた「夢の大地」には涙が出た。身体が震えた。その後の「believeからむすんでひらく」までなんだかとても懐かしいT^T

もうどっぷりソロシンガーだね♪
それも超ド級の!!!

ラストに差し掛かった時の「ひかりふる」は今まで聴いた中で1番素晴らしい「ひかりふる」だった(T ^ T)

スタンディングオベーション、拍手の嵐!
Wakanaというアーティストの誕生だと思った♪

Kalafinaはいつも心の中に(#^.^#)

そして私はソロシンガー「Wakana」を応援して感動をさせて貰おうと決めた🎵






_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1152.JPG
解散???
お休み???
もうそろそろ3人のKalafinaはどうなったのか、
教えてくれてもいいのでは?
関係者は煮え切らない説明ばかりを並べている。
自分に「ソロになったんだから応援しなくちゃ」と言い聞かせていた!が今回CDの発売でプチンと何かが切れてしまった。10周年のBlu-rayも映画も全て購入済み。ファンは全て持っているはず。今更ベストって。
これって「記念」の意味???

ファンクラブからの情報はHikaruちゃん、Wakanaちゃんのソロ活動の情報のみ。
「ハーモニー」は3人から2人になり、動揺している間に自動継続されていて現在もファンクラブに在籍中の私。fictionjunction クラブにハーモニーも追加したのだが結局何もわからないままだ。

各々個人で動いている様子。だが何かに触れてはいけないと活動している2人の姿がとても痛々しく思う。更新されるブログもお互いに触れ無いようにしているのに違和感を感じてしまう。本人達も向かう道をさぐっている最中だろうが当人達から「ソロで活動していきます。」の一言もない。だったら2人で一緒に活動する道は無いの?ファンの集いだって2人で出来るのに・・・。
ソロ活動しかしないのであればファンクラブ「ハーモニー」の意味は無いしネーミングも悲しい・・・。

ただ、真実を知りたいだけなのだ。
数年後でもいい、本当の事を知りたい。

ファン歴数年、初の武道館の2Daysは感動して心が震えた。懐かしい。

私達ファンがKalafinaを引きずる事や期待する事を辞めればスッキリすると誰かがコメントしていた。

確かにその通りだけど。今は静かに見守る以外無いのだろう・・・。


本当に、惜しいグループを無くしてしまったと思う。(今現在)
唯一無二の存在だったのに。

とはいえ今はソロの応援をするしかない。歌の世界に残って歌い続けてくれる2人の応援をしたい!








ファンクラブより8/11(土)のコンサートの詳細メールが送られてきた。
正直、驚いた!
オケを引っさげて、同じ事務所の元宝塚トップスターとの共演。事務所の力を凄く感じた(^_^;)

勿論、我らがWakanaちゃんの歌唱力はお墨付き!素晴らしい事間違いなし♪( ´▽`)
なのだが、初めてのソロ舞台。
プレッシャーは半端ないに違いない!
応援に行きたい!でもお盆前(^_^;)
取り敢えずチケットだけは予約しておこうと思う。会場をKalafinaのWakanaちゃんファンで一杯にしたい気持ちが大きい♪

10年間、3人で色々悩みながら成長したはずだ!
今回からは1人。なんだかとても心配している私。頑張れWakanaちゃん!
ずっとずっと応援するから(^_^)v

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9895.JPGHikaruちゃんは同じ事務所だけれど、Keikoちゃんの様子が全くわからない(泣)
「あの時は大変だったよね」と3人が笑いながらKalafinaとして集い、歌っている姿を想像する私がここにいる。勿論梶浦さんも一緒に(^_^)
そんな日が早く来ないかな・・・。

↑このページのトップへ