どうも。つい最近も「クローン病は感染する?」と質問された経験がある雲雀です。

そんなこんなで…なんとなく気づいたのですがクローン病が感染すると思われていたのかなということです。
理由は病気になってから、初対面の人に対して、自発的に「僕は病気」と言って円滑に人間関係を運べたことがあまりないからです。
勿論、僕と友人になってくれた人たちのうち、病気を打ち明けても遊びに誘ってくれたり、勉強などを手伝ってくれた人は本当に人間として素晴らしいし優しいなと思います。
総じて痛みの分かる人や純粋な人が多かったイメージです。



クローン病って言うことによって…馴染みがないからスマホなどで調べると思うんです。特に若者なんかすぐ情報を鵜呑みにします。
僕も少しだけ調べたことがあります。「感染説」は調べるとすぐに出てきますね。

僕は教職課程を少しだけかじっていました。実習行く前でモチベーションもなくなり、身体的にもきつくてやめましたが😅履修した中に人権教育を学ぶ講義があります。そこで「ハンセン病」という病気が取り上げられました。過去には「らい病」とも呼ばれていた病ですね。
この病気は人々から感染すると思われ、病気を罹患した人は長年差別されてきました。
患者さんだけでなく、周りの家族の人さえも差別されて忌避される対象となっていたのです。
ハンセン病はずっと昔からあるもので、罹患した人は「療養所」に入っていました。
国の法律で強制的に入れられたのです。
そこで、人々が嫌がるような仕事(書くのが嫌なのですいません。調べたら出てきます)をやらされていました。
要は隔離されていたのです。
法律が廃止されたのは平成に入ってからなのでつい最近のことです。
今の日本は衛生的にも素晴らしい国になり、ハンセン病になる可能性は極めて低く、治療法も確率されてます。
それでも、偏見の眼差しは完全に消えたわけではありません。

このような事例もありますから…

クローン病自体は見た目に影響はないし、身体的に制限が起きませんがよく分からない病気という括りで感染するかもと思って、僕から距離を置いた人もいるだろうなと感じました。
「空気感染するかも…」や「飲み会などの場で同じプレートのものを食べたら感染するかも…」などなど…
人間は心の何処かに差別する心を持っています。


僕の近くにいる親や仲良くして貰っている友人たちも病気にかかった経験はないことから……
個人的には感染説を疑っていますが…

実際のところはまだ分かっていないので断言はできないです。

いつか断言できたらいいなと思っています。

皆さんはジャニーズで好きなグループや曲をよく聴いていたグループはありますか?

僕が好きなジャニーズの曲を挙げていきたいと思います。高校生の頃によく聴いていたものから好きなものを上げていきます。田舎なのでバンドとかは流行らないんですよね〜笑
RadやBumpなどを知ってる人は少しいましたが流行ってるとは言えない感じです。
大体の人がMステを見て、最新の音楽情勢を見てましたし、バンドってあまり出ないじゃないですか…それも一因ですね。


まず、僕はジャニーズでいうなら…嵐とKAT-TUN以外のグループの曲はほとんど知りません。
そんなわけなので、嵐とKAT-TUNの2組で僕の好きな曲を書いていこうと思います。


沢山あるので、抜粋してグループごとに分けて書きますね。

①嵐

   嵐は爽やか系の歌が多いですね。昔は櫻井くんや松潤を筆頭にやんちゃ系な雰囲気、KAT-TUN的なアウトロー路線で売り出してた時期もありましたが徐々に明るい、爽やか好青年系で成功しましたね。
彼らは自然体が合ってたということです。嵐は元々は根が真面目そうでオラつくような人じゃなかったから違和感があったのでしょうね。
あと、やっぱり全体的に身長や体格、雰囲気が可愛らしいから合わなかったのだと思います。
特に、相葉くん、二宮くん、大野くんは生まれ持った人としての性質や顔の感じからして…どう見てもワルには見えないじゃないですか笑
メンバー中3人がそうだとワル路線は厳しいでしょうね。




   ・ A Day in Our Life
この曲は嵐がパッとしなかった時期に発表された曲です。今の嵐にはない尖った雰囲気が感じられる作品でしょう。当時はグループとしてどういったテイストで行くか悩んでいたのでしょう。ラップ調なのでラップブームの今リリースされたなら受けたかもしれないので勿体ない気はします。

  ・Lucky Man
こちらの曲もHIPHOPテイストが感じられます。
まだメンバー全員若いし、元気があって尖っている感があります。歌詞がよく分からないので意味は理解しづらいですが楽しめる曲となってます。


  ・言葉よりも大切なもの
今の嵐と近い雰囲気の曲ですがメンバーが若いこともあり、今よりフレッシュで元気なノリの良い曲です。夏に合うような曲で飲料水CMでも使えそうです。

  ・Oh Yeah
あまり知られていない青春恋愛の曲ですね。しかし、恋の歌にしては歌詞がスッと入ってきますし、意外と深い気がします。

 ・We Can Make It
この曲は印象深いです。松潤がドラマに出て人気が出てきた頃に歌っていたイメージですね。歌詞は単純です。

 ・Move Your Body
この曲もあまり知られてないですね。嵐らしくない曲で好きです。楽しいことがあるときに聴きたいです。

・僕が僕のすべて
これは嵐の中で一番深い曲なんじゃないかな…
にわかなので分かりませんが笑
歌詞は人生についてですね。誰でも共感できる素晴らしい曲です。

・TABOO
 これは嵐全員ではなくて、メンバー櫻井君のソロ曲なんですけどめちゃくちゃカッコいいです。歌詞云々は特に深いとかはないですが洋楽みたいでカッコいいので聴いてみて下さい。

・サクラ咲け
入学や入社シーズンにぴったりの歌です。Rapがダミ声でカッコいいので好きです。

・Still
 恋の曲なのかな?人生の歌にも聞こえますね。分からないですが笑 それでも何故か心に響きました。歌詞の良い隠れた名曲ですね。

・Hero
 特定の誰とかではなく、皆に向けた曲です。地味ですが歌詞が良く落ち着く曲です。

・感謝カンゲキ雨嵐
 言わずと知れた名曲です。24時間テレビなどでも歌っていた気がします。

・Truth
 嵐らしくない曲です。ダークな曲調で少し激しめです。個人的には好きな曲です。「魔王」というドラマで使われていました。ピアノとバイオリンが絶妙なバランスですね。

・Believe
 耳に残りやすい疾走感のあるヒット曲です。Rapがカッコいいです。

・EndlessGame
「家族ゲーム」というドラマで使われていた曲です。家族ゲームが好きだったのでこの曲も印象深いです。

・Paradox
 激しめのダンスで盛り上がる曲ですね。櫻井くんのRapがカッコよくて好きなので選びました。

・Calling
相葉くんの医療ドラマで使われていた曲ですね。歌詞も良いです。

・TogetherForever
ノリのいい曲でアニメのOPぽいな〜と思いました。カップリングですが好きです。サビに向けての盛り上がりが好きです。

・風の向こうへ
NHKの「みんなのうた」で流れてそうな曲です。
励まされます。

・SummerSplash
なんとなくサビ入るまでがRIPSLYMEぽい曲ですね。カッコよく、耳に残ります。
 
・空高く
どこかで聞いたような曲ですね。認知度は低いですがサビがとても良いです。

・Movin'on
Mステでも披露したことのある曲です。認知度は高めだと思います。




 

②KAT-TUN
   最近、元メンバーが逮捕され続けていて悪い意味で有名になっているグループですが…過去には楽曲は数々の著名な方が担当していました。
主にロック調のものが多いです。抜けて騒動を起こしたメンバーにラップ担当の田中君がいますが彼のラップは個人的にジャニーズで一番上手いと思います。ビジュアルや雰囲気もヤンキー風でグループにとって重要なメンバーでした。あと、最初に抜けた赤西君も佇むヤンチャさもあり、ミステリアスな雰囲気がKAT-TUNのイメージを保っていたでしょう。(少年漫画でもスラムダンクの流川とか寡黙でヤンチャですよね。あんな感じです。)
彼ら2人を失ったKAT-TUNが人気低迷となるのも悲しいですが必然的なものだったと思います。
ヴィジュアル系バンド風だった上田君もただのやんちゃなお兄さんになりましたし笑 
ほぼ全ての曲において、オラついているような雰囲気ですが違和感がなく、少年漫画の不良メンバー感を醸し出して人々に不快感を与えなかったのも人気の理由でしょう。
彼らの影響で僕はバンドやアーティストの激しめのサウンドが好みになりました。

・Rhodesia
 激しく重いロック調の曲です。初期なので完成度は微妙かもですがバックの演奏もカッコいいです。田中くんと上田くんの曲です。

・Hell No
 KAT-TUNの曲の中でも激しめでダークな世界観の曲です。ダークな感じの田中君のRapと歌詞もマッチしていますね。多分…失恋か上手くいかない恋愛についての曲です。

・Don't You Ever Stop
 この曲もダークな田中君の自己紹介的なRapとマッチした曲です。曲調はROCK調だと思います。売り上げ的にも成功した代表曲の1つです。

・Signal
 彼らのメジャー2ndシングルだった曲です。良い意味でKAT-TUNらしくない曲で爽やかです。歌詞も世知辛い現代社会を生きる人を励ます内容となっています。

・LIPS
  XJAPANやCrossfaithを想起させるようなドラミングで途中のRap以外はずっと続く曲です。エネルギッシュな曲で激しく、疾走感のあるカッコいいナンバーなのでオススメ。

・Change Ur World
この曲はLIPSの様な激しい要素も含みつつ、高音のサビと田中君のダークなラップがマッチした曲です。何らかのバトルものや戦争ものアニメで使われているような感じでカッコいいですよ。
5人時代の曲では1番好きかもしれません。実際に商業的成功を収めています。Mステスーパーライブでも披露してました。そのパフォーマンスが個人的には1番好きですね。

・Keep The Faith
これはヤンキー映画の主題歌になってそうな曲です。氷室京介さん作曲で王道ロックな曲になっているので是非聴いてください。機械が壊れたような音にラップが入るのも良いですね。ハードコアバンドを想起させます。

・喜びの歌
KAT-TUNの曲では珍しく激しいものではないですが好きな曲です。バラバラな感じで歌うのがカッコいいですね。パフォーマンスを見るのもセットでカッコいい曲です。


・D-Motion
表題曲ではありませんが人気の高い曲です。赤西君が留学してきてから戻ってきて…最後あたりの曲ですね。そのせいか英語と赤西君のパートが多いです。ジャニーズアイドル曲だと思わない1曲になっています。

・Rescue
こちらも赤西君が留学から戻ってきての曲です。知名度も高い曲の1つです。

・Remember
 5人時代の曲です。恋愛に関する曲ですが好きなので入れました。歌詞からして別れた相手を未だに思ってるのでしょうか?Change Ur Worldのカップリング曲です。

・Girls
 いかにもアンダーグラウンドな曲といいますかアイドルの歌う曲じゃないですね笑
クラブで踊りまくっている曲って感じです。
HipHopを好む人が好きそうで暗黒な感じの曲ですね。捕まっちゃった2人とボイパの中丸くんが参加していますが田口くんのソロ曲です。ラストに向かってのカオス感がカッコよかったのですが…😢
アイドルがこのような曲を歌うからギャップが良かったのであって、自身がそっち寄りになるとは…価値も半減かもしれませんね…

・Ultimate Wheels
車のCMにも使われていた曲です。オーケストラか何かのバックの音が心地よく、尖りつつ美しい曲です。

・Sadistic Love
ダウンタウンの浜田さんなら「アウト〜」と言いそうな曲です。カッコいいですが過激すぎる曲です。まあ、それがKATーTUNの魅力なんで良いのですが過激度がMAXの曲となっております。正直、メンバーが薬で逮捕された今聴いたらDV紛いの恋愛やってるのかなとか……😅マイナスな想像をして揶揄する人も出てくるのではないかと…曲自体は良いと思いますし、曲に罪はないと考えています。

・Perfect
 爽やかなアッパーチューンです。自分を肯定する気持ちを後押ししてくれる1曲だと思ってます。

・Fight All Night
これも初期の曲かな?
他の曲と比べても完成度は高くないとは思いますがエナジーを感じます。
歌詞もよく分からない感じですが良い意味でジャニーズっぽくてKATーTUNらしくない曲です。

・N.M.P
失恋の歌ですかね。サビもRapも好きです。
カッコいいですよね。
恋愛系は苦手なんですが恋愛経験豊富な方は響くと思います。

・You
サビが有名な曲ですね。KATーTUNに興味のない人でもサビは聞いたことがあると思います。

・Love
 サビがゴスペラーズやEXILE感がある曲ですね。恋愛の曲ですがカッコいいです。

・Going
 彼ららしくない爽やかな曲です。嵐が歌っていても違和感なさそうですね。

・One Drop
 この曲もEXILEや他の事務所のグループ感といいますか良い意味でジャニーズらしさのない曲です。
あと、サビが耳に残りやすいです。

他にも完成度は低いかもしれませんがWild Of My Heartや上田君赤西君のButterfly、She Saidなど初期の曲もおすすめです。






    



今回はイサックを読んだ。

この漫画は日本✖️欧州という斬新な作品。

日本といってもイサックという侍がオランダへ傭兵として渡っており、そこでイサックが親方と慕う人物を討った人間を見つけ出して仇討ちをするというのが大まかな流れである。

また、僕は知らなかったのだが戦国時代末期に実際に傭兵として多くの日本人が傭兵として渡っていたようだ。

僕の個人的な考えからすれば欧米人は狩猟民族で我々日本人や東洋人は農耕民族で…体格的にも劣る。
そういうわけで…実際に活躍していたかどうか怪しかったのだが…

この漫画を見る限り、日本人の射撃の腕が素晴らしかったのが垣間見れる。イサックの銃の腕は驚異的だ。

また、真偽のほどは分からないが考察コメントが他の作品よりも多く、コメントだけでも見るだけで楽しい作品。

強いてデメリットを言えば作画、絵のテイストだろう。僕は絵についての知識は皆無なので間違えていたら申し訳ないのだが戦闘シーンは劇画タッチな気がした。
上手いのだがモノクロでは少し見づらい作画で、何が起こっているのか分かりづらい点があった。

僕は学生時代から日本史が好きだったので、これからも読んでいきたい作品の1つである。
ハプスブルクやプロテスタントなど世界史で学んだような言葉も出てくるので歴史好きは読むと良い。

↑このページのトップへ