LINEブログは、スマホで書けるから、アップしやすくて良いんだけど、

過去の記事などが、見づらいなぁと。

自分のブログを立ち上げようか悩み中です.…

通販系アプリの分析(4)


通販系アプリの中でも、変わり種のものを。


① IROZA 
• 色から探せる
• マガジン項目もあるけど、掲載マガジンも"色"がテーマ
→商品と関係ない旅のコラムが載っていたり…最後に関連商品が載ってる感じ
• 実店舗もあり、実店舗の方は毎月テーマカラーがある
 →噂によると…ネットと実店舗の連携が上手いらしい


② RiLi
• トップページに #トレンドがある
• コーディネートや、記事が上に出てくる
• かなり見やすい!



ブランドアプリ以外の通販系アプリを見てきた。
ざっくりとした傾向や、どのあたりが見やすい/見にくいのか、ターゲットの年齢層によって表示の仕方も変わってくる。
これをまとめていきたいと思います。

通販系アプリの分析(3)

① BONNE ボンヌ
JUSTSYSTEMS CORPORATION
• ファッションだけでなく、インテリアやキッチン用品もある
• 背景が暗く、高級感あるシックな感じ
• 年齢層は高そう、主婦層がターゲットっぽい
• ピックアップ商品で、商品紹介や関連ページへ飛べる
• いいねを押すと、商品トップページに吹き出しがプカプカ浮く💬


② キトレ
• 韓国ファッション専門通販
• ギャラリーページでコーディネートが載っているが、そこから商品ページへ飛べる訳ではない
• 今、若い子に人気の韓国ファッション専門の通販だか、コンテンツには特に変わっている点はない



③ QVCジャパン
• テレビショッピングのアプリ
• アプリ内でも常にテレビショッピングが流れており、オンエア中の商品が分かりやすくなっている
• 画像を大きく表示する方法のアナウンスが出る →上の年齢層への配慮(?)
• そのままネットで注文もできるが、電話注文のボタンもある





通販アプリ編もあと1回で終わりそう。
通販系アプリの分析が終わったら、
一旦、図表でまとめたいと思ってます。

↑このページのトップへ