こんばんは。
先日大分から帰って来たゆきです。
久しぶりの更新です。
今はあんまり元気がないです。




大分から帰って来たと言ったのですが、
7/31-8/13まで大分に帰省していまして、それはそれは多くの出逢いを頂いて大好きばかりがふんだんに産み出された大分生活だった訳なのです。
それは良かったのです。
とっても最高の時間でした。





ただその反面、東京へ戻ってくるなり、空気の差と現実に戻された反動で、涙が止まらない毎日です。





山の空気が大好きで都会の空気の直接的な息苦しさがあったのですが、悲しいかなもうだいぶそれは慣れてしまって。
ただ行く前からずっとある精神的息苦しさは、戻って来てからも健在。







ちょろちょろどこかで話した気もするのですが、
関東での生活では、外にも出ずに、仕事の話でもなければ友達に誘われでもしないとあんまり誰とも会わずずっと家で一人で居るのですが、(ちなみに家でゲームなりなんなり気晴らしをしようにも、ダメだダメだきっと誰かがみている仕事をしなくちゃ、遊んでいては怒られてしまう、というような毎日)
そんな出逢いのない毎日で創作意欲がフツフツするはずもなく、(自分は出会いの中で作品を作るのだと、こうなってみて初めてきずいた)作りたいけど作れずでも仕事だと決意したんだ作らなきゃと無理に作ろうとし、いざ出来たものに吐き気がして、泣いて寝る。を繰り返す毎日。
が、大分から帰って来て再び降り注ぎ、
無限ループ







学校に行く、以外で、人に出逢おうと行動しようにも、電車賃は無ければ、まず一体お金をかけずどこに行き何をすればいいか分からず結局殻の中。
これは本当にずっと頭でいくら考えても頭が痛くなるばかり。







なんだか
もう本当に、ギターも筆も恐くなってしまった。
産み出そうにも産み出せない。
絵を描こうにもかけない。
でも届けたい。作らなきゃ。






レコーディングでは自分の技術の低さに足も手も震えるし、"仕事"なのに他の方に迷惑をかけて居るのだと思い"すいません"しか言葉は出ないし、どれもこれも自分の努力不足にしか感じられなくて、きっとそう言われ怒られるだろう、と
思うと何も言葉は出ない。

もう意見も無い、言葉も出ない

私の方が周りにいる誰よりも知識もなければ経験もないのでどう言ったって間違えてしまうことは多いはずだ、と思っても、もう当たって砕けろの当たりに行く勇気も無い。

色々恐くて、どうか、静かに、事が進めば…、ばかり考えて、うまく進まない始末。






音楽も絵も大好きだった。
当たり前だ、大好きだった。
もう今は分からない。
きっと周りを気にしすぎてるからなのだろうか
きっと自分に自信がなくなったからなのだろうか
きっとどっちもだな…




どうすれば、周りを気にせず、"私はこうしたいんだ""私はこうしたく無いんだ"、"そんなのに知らない!""今は何もしない!!"と言えるだろうか、
やっぱり言えるだけの自信と自分の才能への確信、それに導くための努力が必要なんだろう…





別で仕事をしながら、趣味で音楽や絵を続ける人もいる。
そういう方が苦しくなかったのだろうか。
そうだったら、大好きなままいられたのだろうか





やってみないと分からないだろう精神なので、
やってみた→くるしい→ならどうすれば乗り越えられるかを考えていけばいい。それで行動すればいい。
という人間だった。



そんな生き方の自分も
もうどうすればいいか分からない。








ただ大分でおばあちゃんと周りのお世話になったご近所さんへプレゼントする為だけに描いた絵は、久しぶりにとても、とても楽しかった。