こんばんは。

湯木です。




ブログ更新、随分久しぶりとなってしまった
今日は
2018/12/31です。




もうあと数時間で(2018)今年1年が終わります。





人間の考えは便利なものだなと思います。


なんらいつもと変わらぬ日々の中で
時間という単位があり、
1分1秒1時間1週間1ヶ月、
1年という区切りを作って、
時には、
その区切りに苦しめられたりもするのだけど、
1年の終わりには、
身の回りも記憶も掃除をするのです、そして、
1年が終わり、始まろうとすると、
また、
新たに踏み出そうだなんて思えたりもするのです。





記憶を掃除する前に書き記しておこうとする
過去に引っ張られ人間の、メモです
時間があれば













今年一年、
私は、
水の中から始まりました。




足も手も思うように動かない
前に進もうとして、もがくうちに自分がどこに居るのか分からなくてなってゆく、
そんなスタートだった気がします




心に波がなく、
荒波に流されるようなものでもない、
ただ、ただひたすらにまとわりつくような
水の中。

表すなら“無”のような
日々が多かった2018年。






創作者として、苦しかった一年だったのです。
『生きることは作ること』
創作が好きでやってきて、いつのまにか
生きる事と深い繋がりを持っていった
そんな創作者として、
苦しい年だったのです。










ただ、

そんななか訪れたのが
訪れさせたのが、



“蘇生”






水の中から出て、

外の空気や世界の
冷たさや、温かさや、
軽さや、重さ、
匂いや、肌触りを



もう一度。





何度でも生まれ変われるのです

何度も、生まれるのです








どうして創作をするのか、
創造するのか、
どうしたら創作できるのか、
創造できるのか、
毎日のように考えた一年




きっと未来への荷造りをする一年だったのです
”無“でも、そんな時間が、今
在ったこと、
偶然ではなく必然だと思う。





きっとそんな年だった。



そんな年だった。




そんな中だからこそ、なのか、
人の温かさは何倍にも感じ、
出逢いは何倍にも大切なものとなった一年だった。


そんな年だった。







数時間後にはきっとみんな
“これから”を見る
明日を見る
ここから始まる1年を見る

何が起こるか、
何に出会うか、
ワクワク、ソワソワ、ドキドキ、無、
色々ある。

新しい年になる
新しく生まれたり
新しい年号になったり
再出発したり







世界が蘇生する瞬間








私は、
創作と共に
ただ真っ直ぐ前を向いて来年
生きて行けたら
思うよ。









イノシシのように
走り抜ける年になるんだ。









どうか、一緒に走ってほしい

私の創作を、乗っけて、
みんなで走り回ってほしい








2018年ありがとうございました。

2019年も、どうぞ、よろしくお願いします。











私の創作を受け止めてくれる、
親愛なる人々へ🐗


























活動に関しては、続報を待たれよ。


_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0283.JPG