月別アーカイブ / 2018年11月

【スタッフより】

いつも西元祐貴を応援いただき、ありがとうございます。

いよいよ、銀座での個展
「陶墨画の世界」が、本日より開催いたしました!

 「陶墨画の世界 11/8(木)〜11/21(水)
 GINZA SIX 5階"Artglorieux"アールグロリュー
 特設サイト:sp.yu-ki.work/event/ginza_six/

EC_slider_PC.jpg

新作含む、およそ30点の陶墨画を展示販売。
初公開となる新作墨絵の展示も行なっております。

11/12(月) 13〜16時には、
西元本人も在廊しまして、
作品のご案内をさせていただきます。

IMG_0011.JPG
IMG_0012.JPG
IMG_0014.JPG
みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

201811-GSIX.png

開催概要------------------------------------

【タイトル】
「西元祐貴 陶墨画の世界」

【日 時】
2018年11月8日(木)~2018年11月21日(水)
10時半~20時半
 ※12(月)および21(最終日)は18時閉場

【会 場】
GINZA SIX 5階 "Artglorieux GALLERY OF TOKYO"

東京都中央区銀座6丁目10−1

【観覧料
無料

 ※グッズの販売は行っておりません。

------------------------------------------------

最新の活動や催事情報をお届けしております。
メールマガジン ⇨ http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg


#陶墨画の世界
#展示会
#販売会
#銀座
#GINZA SIX
#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#墨絵
#陶墨画
#日本画
#yukinishimoto
#indianink
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart

いよいよ明日、11/8(木)より開催いたします


ギャラリーArtglorieux(アールグロリュー)
展示予定の作品を、一点ずつ
陶墨画Galleryスタッフが
ご紹介していきたいと思います。

本日ご紹介する陶墨画は

「離昇飛立(りしょうひりゅう)」

です。



7_000000000391.jpg

離昇飛立(りしょうひりゅう)
https://yu-ki.work/shopdetail/000000000391/
サイズ:W376×H765mm(額装含む)
===========================

光りなき
声すら届かぬ沼底に沈み
心を閉ざさざるを得ぬ時もある
だが人は
自ら光りを探し
自ら声を発し
自ら心を開くことができるようになる
そのきっかけは「想像力」であり
傷を癒すのが「忘却力」である
自らをとことん愛すべし
恥ずべきことは何もなし
===========================




スタッフ4点目のご紹介となって今さらですが、

陶墨画作品には「詩」が詠まれています。


作品に込める想い、描きたいと思ったきっかけ、

焼成して初めて見えてきたもの…そんな色々なお話を

陶墨画Galleryの館長が「くま鈴木」が西元祐貴へインタビューし、

言葉を整えて詩へと昇華しています。

※対談の様子
https://lineblog.me/yuki_works/archives/13127595.html


まずは描かれた陶墨画をご覧ください。

合わせて詩もお読みください。

そして、再度改めて陶墨画をご覧ください。

作品として、またひとつ陶墨画の奥に

込められた「世界」を感じていただけるのではないかと思います。

二度、三度と楽しめる陶墨画。

「離昇飛立」は陶墨画作品の中でも、描かれた題材と

書き起こされた詩が物語としてマッチしている様子が

とても分かりやすい作品の1つでもあります。


作品に込められた物語を知り、陶墨画ギャラリーのスタッフとして

陶墨画をご成約頂いたお客様とお話をさせて頂いていると、

その作品とお客様が出会ってよかった、と思うことが多々あります。

そんな時、お客様と陶墨画の”ご縁”というものを感じずにはいられません。


「離昇飛立」。この美しい作品を見て、込められた物語に触れて。

きっとお客様にとって良い”ご縁”となる時が訪れるはず。

スタッフがそんな風に思わされる作品です。




8_000000000391.jpg

9_000000000391.jpg

11_000000000391.jpg




<個展のご案内>
201811-GSIX.png

開催概要------------------------------------

【タイトル】
「西元祐貴 陶墨画の世界」

【日 時】
2018年11月8日(木)~2018年11月21日(水)
10時半~20時半
 ※12(月)および21(最終日)は18時閉場

【会 場】
GINZA SIX 5階 "Artglorieux GALLERY OF TOKYO"

東京都中央区銀座6丁目10−1

【観覧料
無料

 ※グッズの販売は行っておりません。

------------------------------------------------

#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#墨絵
#陶墨画
#日本画
#作品紹介
#yukinishimoto
#indianink
#wabisabi
#art
#madeinjapan
#Japanart

いよいよ、11/8(木)より開催いたします


ギャラリーArtglorieux(アールグロリュー)
展示予定の作品を、一点ずつ
陶墨画Galleryスタッフが
ご紹介していきたいと思います。

本日ご紹介はこの作品

「双雄徳乗(そうゆうとくじょう)」

です。


6_000000000398.jpg

双雄徳乗(そうゆうとくじょう)
https://yu-ki.work/shopdetail/000000000398/
サイズ:W946×H566mm(額装含む)
===========================

いがみ合うのではない
闘いを挑むこともない
つまらぬ意地など捨て
不毛な喧嘩をせず
強さをひけらかすこともなく
お互いの徳を与え合う
相手を敬い称えるなら
その力は増大し
大きな良心を形成す
強さとは
相手の凄味を認めるところから始まる
英雄は英雄を識る所以
===========================





竜虎相搏つという言葉があるほど、龍と虎は強い存在の

象徴として多くの人が知るところですね。



この作品は西元祐貴が描く龍虎の力強さは言うに及ばず、

キャンパスの陶板にもぜひご注目いただきたい傑作です。


「陶墨画」は、土を整えて素焼きした陶板をキャンパスと

して描いていますが、2015年の制作開始以来、ずっと窯元が

挑戦し続けているのがこの「大きな一枚の陶板」の作成です。



大きな陶板は焼成時にとにかく割れてしまうため、このサイズでは

10枚土を整えて焼いても、素焼きの段階で3枚程度しか残りません。

そこに西元祐貴がインスピレーションから、

例えば「龍」「虎」「武士」と描き、本焼きを入れるのですが・・・

1枚成功するか否かで、残りは割れてしまいます。

そんな非常に厳しい成功率の中で

制作される大陶板作品です。大陶板の作品はこれまでにも


「火花(ひばな)」

「三碧動天(さんぺきどうてん)」


などがありますが、いずれも展示会等で実物をご紹介した途端に

ご成約になってしまい、あまり展示期間が取れなかった作品たちです。

また、WEBでの掲載前にご成約になってしまった大陶板作品もあり、

非常に人気の高いシリーズです。


「双雄徳乗」は11月8日~21日のGINZA SIXではお近くでご覧いただけるよう

展示予定ですので、お近くの方はぜひご覧になってみてください。




さて、この作品。


題材こそ龍虎ですが、冒頭の「竜虎相搏つ」の勝敗を決するという

その言葉とは逆の意味をご紹介することになります。


ここ数年、西元祐貴は個展「龍のキセキ」の大成功を始めとして、

地上波メディアへの出演、コラボLIVEペイントやプロジェクション

マッピングでの特別企画など、多くの一流プレイヤーやスタッフの方々と

お仕事をする機会が増えてきています。


そんな中、まさに凄い人ほど相手の凄さを認め、讃える。

どちらの方が優れているとか、自分の方が凄いとかではなく、

素晴らしいものを素晴らしいと思い、発信できる「徳」を

彼らは持っているのだと、伝えています。


あるいは勝負の世界にあってなお、相手を認めて自らを高めていく。

そんな英雄達の姿が、力強い龍虎の中に収められているようです。





7_000000000398.jpg

8_000000000398.jpg




<個展のご案内>
201811-GSIX.png

開催概要------------------------------------

【タイトル】
「西元祐貴 陶墨画の世界」

【日 時】
2018年11月8日(木)~2018年11月21日(水)
10時半~20時半
 ※12(月)および21(最終日)は18時閉場

【会 場】
GINZA SIX 5階 "Artglorieux GALLERY OF TOKYO"

東京都中央区銀座6丁目10−1

【観覧料
無料

 ※グッズの販売は行っておりません。

------------------------------------------------

#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#墨絵
#陶墨画
#日本画
#作品紹介
#yukinishimoto
#indianink
#wabisabi
#art
#madeinjapan
#Japanart

↑このページのトップへ