西元の拠点、福岡にて700年以上続く祭
 
「博多祇園山笠」。
 
2年ぶりに飾り山笠が公開されることとなり、
 
その1つのイメージアートとして
西元祐貴の墨絵が使われます。
 
天神の十七番山笠ソラリアでは 
 
一刻も早い新型コロナ終息の願いを込めて、
 
福岡で疫病除けの神様として知られる
 
「可児才蔵(かにさいぞう、笹野才蔵)」
 
の人形が飾りつけられ、7月1日より14日まで
公開されています。
 
戦国最強と称される猛将を、
西元が力強く描きました。是非ご覧ください。

【メルマガ会員特典】
今回はは西元が挑戦を続ける陶墨画から
風雅な作品を壁紙にしてお届けいたしております。
 
様々な形での挑戦を続ける現在、質感や発色などの焼き物でこそ表現されるエッセンスと西元自身の筆遣いや表現の特色を以て、今日も表現したい想いを形にするべく焼き上がった作品と向き合っています。

メルマガ会員様には毎月西元祐貴デザインの壁紙をプレゼントしております。また、その他特典もご用意しておりますので是非、この機会にご入会お願い致します。