1.jpg

心から信じるもののため

体に傷があっても

心に重りがのしかかっていたとしても

誰が何を誹謗してきたとしても

たった一人のために走れ

結果など考えるな

ただ走れ

未来は今作られていく

自分で掴み取っていく

走るうちに傷は癒えていく

走れ

信じて走れ

2.jpg

帰命とは、信じる心が強くて、深くて、真摯であることをいう。

何を信じるか。誰を信じるか。信じた先には何があって、どういう結果が待ち受けているか。

行くか、行かずに留まるか。

やるか、やらずに諦めるか。

乗るか、乗らずに戻るか。

それを決める時、何か(誰か)を信じているかいないかは大きな動機になる。


自分を信じることができない場合もある。

それは自分を、客観的にみて信じられないのだ。
何となく、ではない。マジで信じることができない、


なぜなら


経験が絶対的に少ないため、他の人たちより自分が劣っていると感じ、動くことができない。

同時に、知識もまだあやふやで論理的に落とし込めていないから動けない。

さらに、やるぞと決めて始めたとしても、周りの反対にあってしまい、折れて動けなくなる。


ブレブレで弱々しく細々とやっていても、もう早く終わって欲しいと自ら願う状態。

信じることをやめてしまったら、あっという間にできなくなる典型。

一瞬持ち直しても、小さなきっかけでまたできなくなって自分を責める。もしくは人を責める。そのあとでまた自己嫌悪。


もし、自分の道を信じることができたなら一歩でも前に進めるはず。

しかし、そうなるまではなかなか時間がかかる、という現実。

当人にとっては永遠とも思える時間だ。


その時間を短縮する方法がある。


4.jpg

例えば、

自分を信じることが出来ないのであれば、

自分を支えてくれている人を、信じればいい。

つまり、他人を信じる。


他人は

自分のできないことができる先生であり、

自分が思いもつかないことを考えられる友であり、

自分がやりたい!と思うことを実現に近づけてくれるパートナーであり、

自分のことを真っ先に心配して身体を気遣ってくれる、愛する人でもある。

その愛すべき他人を、心から信じてみることから始める。


難しいことではない。


逆に、自分を否定する人の言葉を信じてみるのも一興だ。

それができたらもうあなたには怖いものはなくなっていく。


疑心暗鬼。

字だけの意味を捉えれば、

疑いの心で暗い鬼と化す。


まずは、周りで支え続けてくれる人が、どれだけあなたを思っているかを知る努力をしてみる。

完全な疑いの鬼になってしまうと、元に戻るのが大変だ。


他人の言動や行動の、事実だけをみて判断し、だんだんそれが許せなくなってしまい、言葉で相手を傷つけて、結局自分をも傷つけてしまいかねない。

他人が考えていることややっていることを見て、観察せず感覚だけで判断するのではなく、深掘りして落とし込む。

その人が大切にしていることは何だろう。

その人が誰にも譲れない思いは何だろう。

その人にとっての誇りと自負は?

そうやって見始めると、その人が醸し出す気品や性格の良さがだんだん見えてくる。


3.jpg


観察すればするほどわかってくる。


だんだん好きになっていく。

だんだん尊敬の念が生まれていく。

だんだん一緒に何かをしたくなる。

だんだんその人を信じている自分を好きになってくる。


なぜなら、好きになられたその人は、あなたを好きになるから。


あなたを尊敬し始めるから。

あなたと一緒に何かを始めたくなるから。

するとだんだん、あなたは自分を信じることができるようになってくる。

自他ともに認めるあなたになっていく。


考えすぎて、止まってしまうのはもったいない。

近くにいる信じられる人を思い、

その人のために、何かをしたいと強く思えばいい。

その人を喜ばせたいと行動すればいい。

その人から、もしくはその動きを見ていた周りの人々が少しずつ行動を始めるだろう。

その姿を、あなたは微笑ましく眺めながら進むだろう。

いつの間にかあなたの荷物は減り、傷も癒え、軽快な走りで周りを魅了する。


あなたの勇姿と、あなたがこの世に遺すものは、やがて世界を勇気づけ、人々が自分を信じる力を得ていくはずだ。

今を作ろう。

明日の不安は、今消せる。


作品詳細

---------------------------------------------------------------
※陶墨画の紹介と詩の解説

ここでご紹介する「陶墨画」は、西元祐貴の墨絵の世界観と
陶芸をコラボレーションさせた西元のオリジナルアートです。 
全ての作品には、世界観を表した詩が付属します。
作品と詩を、一点ずつ解説付きでご紹介しております。
---------------------------------------------------------------


メールマガジン ⇨ 
http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg



#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#アート
#墨絵
#陶墨画
#陶板画
#ステイホーム
#yukinishimoto
#toubokuga
#ceramicpainting
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart
#inkart
#olympic
#stayhome