【スタッフより】

いつも西元祐貴を応援いただき、ありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行を受け、
現在福井県の陶墨画ギャラリー
当面の間、営業を自粛させていただいております。
何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

ギャラリーでご覧いただくことはできませんが、
じっくり作品を見ていただけますよう、
いつもより大きめの画像と
作品を表した「詩」を
併せてご紹介いたします。

---------------------------------------------------------------
※陶墨画の紹介と詩の解説

 「陶墨画」は、西元祐貴の墨絵の世界観と陶芸を
 コラボレーションさせた西元のオリジナルアート。 
 全ての作品には、世界観を表した詩が付属します。
 この作品と詩を、一点ずつ解説付きでご紹介します。
---------------------------------------------------------------



0.jpg


千里を伝播す 


その謳(うた)は


時に凄まじき烈風を


時に数多(あまた)の慈雨を


時に優しく注がれる陽光を


真心に届く波動となりて飛ぶ


その豊かなる歌声を


仁徳の心地で聴くならば


天下泰平は近し


2.jpg


世界を一つにする歌がある。

誰かが歌い始めると、他の誰かが口ずさむようになる。


その輪がじわりじわりと広がっていき、
やがて地球を覆うほどの声の波となって、
歌う声が耳から入り、
一人一人の心に深く届く。

歌い終わってもその熱は冷めない。

その熱は自らの役割に気づかせるきっかけになり、
行動力を伴う力に発展していく。


その力は風となって駆け巡る。
人によってそれは優しい微風であり、
烈風にもなる。

風によって波はさらに大きくなっていく。

さざ波の中に生まれる小さな気泡は簡単には消えず、
さらにゆっくりと世界を包み込んでいく。

気泡の中には、温められた愛が充満しており、
それが弾けるたびに慈しみの雨となり地上に降り注ぐ。

やがて雨に濡れた街並みも、
雨を集めてできた川も、
川から流れ込んだ海も、
太陽の光を受けて輝き始める。

綺羅としたその風景に、人の心は踊り跳ね舞い笑う。


1.jpg

それを観て微笑む龍がここに居る。

仁徳の心とは、他者を慈しみ愛する心を言う。

仁なる龍が吐く息は、
汚れた気を浄め、
人をおびやかそうとする疫を飛ばし、
人の真の姿を詳(つまびら)かにし、
大きく息を吸って吐くことができるよう大気を浄化し、
高らかに歌える場所を整える。


3.jpg

「神」とは人の持つ性。

その神性は、歌うことによって表され、
その歌を聴くことによって受け入れられ、
歌で感じた愛情をそれぞれの想いで増幅させ、
静かに溢れた優しさを他の人に渡していき、
笑顔になるたびにどんどん磨かれていく。


4.jpg


どんなに暗い世の中にあったとしても、磨かれた魂は自らが輝き始める。

その輝きは、恩寵となる。

惜しみなく他者に降り注がれる恵みとなる。

神歌恩寵。

闇を祓い、清め、

光を集め、愛の煌めきを拡大させるため、ここに降臨す。






メールマガジン ⇨ http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg



#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#アート
#墨絵
#陶墨画
#陶板画
#ステイホーム
#yukinishimoto
#toubokuga
#ceramicpainting
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart
#inkart
#olympic
#stayhome