GINZA SIXにて開催致しました、


会場のギャラリーArtglorieux(アールグロリュー)にへ
多くのお客様にご来場いただき、
また多くの作品もご縁を結んでいただき、
誠にありがとうございました。

この場を借りて、御礼申し上げます。

会場は本日最終日、18時までではございますが
陶墨画Galleryスタッフが
作品をご紹介して参ります。

本日の陶墨画はこちらです。

1_000000000354.jpg
聖賢道理(せいけんどうり)
https://yu-ki.work/shopdetail/000000000354/
サイズ:W522×H644mm(額装含む)
===========================

為すべきことを知り
成せぬ由を知る
理を見つけ、道をすすむ
姿かたちを変えても
威風満ちる姿で待つ
時は必ず来る
===========================


躍動感を豊かに描き出す西元祐貴、彼が描く“松”の作品です。

繊細なタッチを得てからは静かに佇む女性や、座禅を組む僧侶なども

描いてきていますが、「聖賢道理」のような自然をテーマとした

作品にも、近年になって取り組み始めています。


陶墨画のアトリエは福井県。冬には雪も降り、日本海も近く

自然に囲まれて制作ができる環境となっています。

本人から「以前だったら描こうと思うことも無かった」との

コメントも頂いており、見たもの、聞いたもの、感じたものを

嫌だと思わずどんどん吸収して作品の糧としていく。

西元祐貴の底力を支える、彼の感性の懐の広さを見るかのようです。


さて、日本において“松”は、古来より一年中緑を保ち、冬の寒さの中でも

枯れることなく姿を保つ、神聖な木として扱われてきました。

また樹齢数百年のものがあるなど、長寿の象徴でもあり、

大変縁起の良いものとして親しまれています。

日本海では冬に強烈な海風が吹く中、それでも姿を変えず

じっとそこに在り続ける“松”。

泥釉でもって描きあげられた、賢者あるいは仙人を思わせる姿を

ぜひご覧ください。





2_000000000354.jpg

5_000000000354.jpg







<個展のご案内>
201811-GSIX.png

開催概要------------------------------------

【タイトル】
「西元祐貴 陶墨画の世界」

【日 時】
2018年11月8日(木)~2018年11月21日(水)
10時半~20時半
 ※12(月)および21(最終日)は18時閉場

【会 場】
GINZA SIX 5階 "Artglorieux GALLERY OF TOKYO"

東京都中央区銀座6丁目10−1

【観覧料
無料

 ※グッズの販売は行っておりません。

------------------------------------------------

#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#墨絵
#陶墨画
#日本画
#作品紹介
#yukinishimoto
#indianink
#wabisabi
#art
#madeinjapan
#Japanart