1_000000000022.jpeg

自ら作りあげた

超えられそうにない大きな壁を破るには

その壁の元素を変えてしまえばよい

もともと見えない壁ならば

それは爽やかな碧き流水と意識せよ

いっそその水中に没してしまえばよい

息苦しさも 冷たさも 不安も 憤りも

その中に溶けていく

やがて もがきながらいつの間にか手足を動かし

「生きよう」と天を目指していることに気づくであろう

その時が、己の心に克つ日となる




2_000000000022.jpeg

壁は誰かが作るのではなく、自らの想像力が作り上げてしまう時がある。



できないかもしれない。

超えられないかもしれない。

自分には向いていない。

そもそも無理。



難しいことから、人間が持っている防衛本能をフルに活用して離れようとする。

当然だ。


怖い。

嫌い。

苦手。

やる意味がわからない。

そもそも無理(2回目)。



それでいい。

最初の印象が悪ければ悪いほど、
無理っぽければ無理っぽいほど、
それを超えたときの喜びと快感は大きい。


もちろんそのままそこから離れたっていい。

あなたの心の赴くままに進めばいい。

後退も、前進も結果は同じ。


壁を超えることになる。



3_000000000022.jpeg


後退するということは、その場から逃走するような印象に思えるかもしれない。

理由はどうあれ、逃げたことになるのではないか。

いや。逃げたのではなく、いったん様子をみることにしたのだ。


その近い場所ではわからなかったことが、10年後に見えることもある。

一度「壁」と感じたことは、どう振り払ってもつきまとう。

挑戦しようとしたことは、記憶に残るし、
ダメだった忸怩たる思いも苦く残る。

その壁を無視してきたことを悔やんだりもする。

それでいい。


もちろん、挑戦して失敗しての繰り返しで成長していければ、
それはそれで素晴らしい経験値を得る。

その逆に、いったんやめてしまったことで得る経験値もある。


それをやらずに、休んでいる状態で何ができるか。


人間は、ちゃんと他のことをする。

当たり障りのないことをしながら気を紛らすこともあるだろう。

やらなかった責任をとる場合もあるだろう。

忘れるために全く違う何かを探し出し、そこに向かっていくかもしれない。


でも、忘れることはないのだ。


頭のどこかでは悔しい。

心のどこかで重苦しい。

体のどこかがうずうずして気持ち悪い。


それがピークに達した時、本当にやるべき時になる。

つまり、やらなければならない!

という意識をなくし、ありのままの自分の気持ちに従い、

足掻くのをやめてみる。

壁の存在をなきものにし、流水に身を委ねたら、最初は解放された気分になったが、だんだん苦しくなってきて、呼吸すらもままならなくなり、苦しみの中、酸素を求めて浮上したくなる。

自分の生きる証はやはり、あの壁を超えることだ。

そもそも無理(3回目)ではない。
 

無理そうだが面白い。


とわかる時がやってくる。


それまでの時間は、たとえ長くかかってもいい。

碧き水の壁を破り天を目指すため、
力をため、知識を増やし、気を充填させておけばいい。


やがて見えるだろう。

克己(こっき)の志が。


  

※ こちらの作品は、ありがたいことに、すでにお客様の元へ旅立っています。


作品との出会いは、偶然のようでいて必然にも思われます。

「今、まさにこれが必要だった」

とご購入いただいた方の中には、


痛みの中の希望と勇気として、お手元に置かれていたり、

お世話になった方への御恩返しとして贈り物にされたり、

新しい挑戦をするための道標として
会社の誰もがみる場所に飾っていただいたりと、

様々な想いと、人々のドラマが垣間見られて感動させられるのと同時に、
厳粛な思いに駆られます。

西元祐貴の作品に宿る強いメッセージを、
我がことのように共感していただき、
こう在りたいと定め、

こう成るためにどうするかを探し、

こう動くと決め、

実際に結果を出していく方々を近くで見るたびに思います。


この作品たちを、世に広めるのは私たちの使命だと。

毎回、長々とした文章にお付き合いいただいている皆様。

心から感謝しております。ありがとうございます。


よろしければ、今後の西元祐貴の活動を一緒に体感しつつ、
「新しい挑戦」をすることにご理解をいただきつつ、
若き作家の成長を見守ってやっていただけると幸いです。

何卒、よろしくお願い申し上げます


陶墨画ギャラリー館長 鈴木幸一



---------------------------------------------------------------
※陶墨画の紹介と詩の解説


ここでご紹介する「陶墨画」は、西元祐貴の墨絵の世界観と
陶芸をコラボレーションさせた西元のオリジナルアートです。 
全ての作品には、世界観を表した詩が付属します。
作品と詩を、一点ずつ解説付きでご紹介しております。
---------------------------------------------------------------


メールマガジン ⇨ 
http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg



#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#アート
#墨絵
#陶墨画
#陶板画
#ステイホーム
#yukinishimoto
#toubokuga
#ceramicpainting
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart
#inkart
#olympic
#stayhome