【スタッフより】

いつも西元祐貴を応援いただき、ありがとうございます。

西元祐貴、最大級の巡回個展
多くのお客様より「〇〇には来ないんですか!?」とお問合せを頂いております。ありがとうございます。

次回の開催はこちら

キセキ展画像PC用.jpg

「西元祐貴 北九州のキセキ」展をご案内いたします。

女性をモチーフとしたカラー作品や、金の屏風作品など、
新作20点以上を含む約80点の作品が展示されます。

プロジェクションマッピングなどの最新デジタル技術を使った演出や、これまでメディアなどで目にされた西元のあの作品やこの作品など、西元作品の魅力が最大限に活かされた展示を、お楽しみいただけます。


そして開催に先駆け、LIVEペイント&サイン会の開催が決定です!

【日時】
11月2日(土)【1回目】11:00 【2回目】15:00

【場所】
北九州市芸術劇場 中劇場(リバーウォーク北九州6階)

【定員】
各回500名

【応募方法】
住所、氏名、電話番号、希望回を書いて往復はがきにてお申込みください。
(はがき1通につき2名様まで。お連れ様の名前を明記)

〒803-0812
北九州市小倉北区室町1丁目1番1号リバーウォーク北九州7階
北九州市立美術館分館「西元祐貴 ライブパフォーマンス」係

【応募〆切】
10月13日(金)

【お問合せ先】
北九州市立美術館分館
093-562-3215

詳細はこちら


皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

開催概要------------------------------------

【タイトル】
「西元祐貴 北九州のキセキ」展

【日 時】
2019年10月27日(日)~12月26日(木) 会期中無休
10時~18時(入場 〜17時半)
※土曜は 10時~19時半(入場 ~19時)


【会 場】
北九州市美術館分館 リバーウォーク北九州5F
〒803-0812 北九州市小倉北区室町1丁目1番1号


【観覧料

当日券 一般・大学生1,200円、高大生800円、小中生500円
前売券 一般1,000円、高大生600円、小中生300円
 ※20人以上の団体は前売り料金。

 ※身体障碍者手帳・療育手帳・精神障碍者保健福祉手帳の提示者と介護者1名は無料。
 ※北九州在住の65歳以上の方は2割減免(年長者施設利用証等の提示が必要)。

展覧会に関するお問合せ先
092-532-1111(FBS福岡放送内 平日9:30~17:00)

龍のキセキ 公式サイト

http://ryunokiseki.jp/

------------------------------------------------



最新の活動や催事情報をお届けしております。
メールマガジン ⇨ http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg

#龍のキセキ
#北九州
#小倉
#個展
#ライブペイント
#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#墨絵
#陶墨画
#日本画
#yukinishimoto
#indianink
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart

【スタッフより】

いつも西元祐貴を応援いただき、ありがとうございます。

西元が、墨絵の世界を跳び越え、2015年より新たに挑戦を始めた「陶墨画」。
現在、販売可能な唯一の西元直筆作品として、
年に数回の販売個展を開催致しております。
touboku.png

オンラインストアでは、随時新作を追加掲載いたしております。直筆の作品はすべて一点のみ限定となります。
オンラインストア.jpg
また、作品を実際に見てご購入いただける販売個展のほうは、次回開催は、山形屋(鹿児島市)3号館3階画廊となります。(
2019年 11/6(水)〜11/12(火)開催)
69595591_826027581126313_3646807789881262080_o.jpg
今年の夏には、大個展「龍のキセキ 鹿児島展」でも大いに盛り上がりました鹿児島にて、秋には「陶墨画の世界」の開催になります。
決して色褪せることのない永久のアートを、その目でご覧ください。

みなさまのご来場、お待ちいたしております。

開催概要---------------------------------------

西元祐貴 『陶墨画の世界』

【日時】
2019年11月6日(水) ~11月12日(火)
午前10時~午後7時半
*最終日は午後4時閉場。

【場所】
山形屋 3号館3階画廊
(鹿児島県鹿児島市金生町3-1
https://www.yamakataya.co.jp
--------------------------------------------------





最新の活動や催事情報をお届けしております。
メールマガジン ⇨ http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg



#鹿児島
#山形屋
#陶墨画の世界
#販売会
#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#墨絵
#陶墨画
#日本画
#yukinishimoto
#indianink
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart

【スタッフより】

いつも西元祐貴を応援いただき、ありがとうございます。

西元祐貴イメージアルバム「墨音(すみおと)」のご紹介です。


墨絵アーティスト西元祐貴氏が、ライブにて作品を描き上げる際に使用するオリジナルサウンドを、世界的バイオリニスト金子飛鳥氏が作曲したことをきっかけに、ピアニスト梁邦彦氏など4組のアーティストも、西元氏の作品からイメージした曲を提供し、オリジナルアルバム「墨音」が完成しました。

10月25日発売 「墨音」

・CD 2枚組 全7曲 約54分
・B5 サイズ スペシャルジャケット
・西元祐貴のポートレイトポストカード

 
[¥3,500 税抜]
 企画 ROAD AND SKY MUSIC PUBLISHER
 発売元 ジェマティカ・レコーズ

 オンラインストアにてご予約受付中! 
2_000000000452.jpg
4_000000000452.jpg
7_000000000452.jpg
5_000000000452.jpg

世界で活躍する5組のアーティストが、西元祐貴氏の墨絵作品をイメージして作曲と演奏を手がけた、
インスパイアミュージックアルバムです。ジャンルも作風も異なるサウンドでありながら、どことなく
東アジアの香りが漂うアルバムに仕上がっています。
外間隆史氏のデザインによるスペシャルジャケットも、アルバムの雰囲気を盛り立てています。
 

参加アーティスト紹介


・金子飛鳥(かねこ あすか)
世界中で活躍する、女性ヴァイオリン奏者、作曲家。
多数のアーティストと共演し、クラシック、ジャズ、ロックといったジャンルを自由に横断する、幅広い音楽性の持ち主。映画、CMでも数多くの作品を残している。
現在は
東京と米国セントルイスを行き来しながら精力的に活動している。
金子飛鳥 WEBサイト

・Watusi(ワトゥシ、ワツシ)
プログラミング、ベース、ギター、編曲、DJ。
プロデューサー、ベーシストとして活動し、COLDFEETを結成。サウンドの中枢を担う。
COLDFEET WEBサイト

・梁 邦彦(りょう くにひこ)
ピアニスト、作曲家、音楽プロデューサー。
活動当初は浜田省吾や香港のロックバンドBEYONDのアルバムプロデューサーとして活躍し、アジア地域のポップアーティストのアルバム制作やライブにも数多く参加。
2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開・閉幕式の音楽監督。
梁邦彦 WEBサイト

・鈴木 俊介(すずき しゅんすけ)
ギタリスト、編曲家。
多くのアーティストのライブサポートを務めライブアレンジも手掛ける。数多くの楽曲の編曲を担当し、『モーニング娘。』を擁する『ハロー!プロジェクト』のアレンジを長年担当し続けていることでも知られる。

・ミン・ヨンチ(韓国伝統音楽家)
大阪生まれ。今は韓国、世界で活躍されているテグム・チャンゴ奏者。
洗練された新しい音楽シーンを創り出し、日韓両国で好評を博している。

・トライソニーク
ピアニスト、ハクエイ・キムを中心とするピアノ・トリオ・ユニット“トライソニーク”。
杉本智和(b)、大槻“KALTA”英宣(ds)と結成した未来志向のピアノ・トリオ・ユニット。


金子飛鳥さんは西元がLIVEペイントを描く際の楽曲も提供されており、今回のCDにも収録されています。素晴らしいサウンドに合わせて描く西元をイメージしつつ、お楽しみ是非お聴きください。

リリースは10月25日。西元祐貴オンラインストアにてご予約受付中!
お届けまで、楽しみにお待ちください。

ご予約ページ↓↓↓
https://yu-ki.work/shopdetail/000000000452/




最新の活動や催事情報をお届けしております。
メールマガジン ⇨ http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg


#西元祐貴
#墨音
#すみおと
#金子飛鳥
#Watusi
#梁邦彦
#鈴木俊介
#ミン・ヨンチ
#外間隆史
#トライソニーク
#yukinishimoto
#indianink
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart

↑このページのトップへ