unnamed.jpg


本日は、ご自宅や日常の中で

 

西元祐貴の墨絵の世界を

 

お楽しみいただける

 

グッズ等をご紹介いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 梅雨入りが近づく毎日に「雨傘」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 

季節はまもなく梅雨に入ります。
 

雨の日のお出かけをお楽しみいただける

「雨傘」をご紹介いたします。

 

雨傘は長傘の「龍」と、

折りたたみ傘「風神雷神」の2種類を

 

ご用意しております。

 

 

▼雨傘(長傘)

https://yu-ki.work/shopdetail/000000000379/

image.png

▼雨傘(折りたたみ) 

https://yu-ki.work/shopdetail/000000000380/

image.png

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■柔らかな肌触りの「Tシャツ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

オンラインストアでは、西元祐貴の墨絵で

デザインしたTシャツを展開しています。

 

肌触りがやさしいオーガニックコットンを

使用したシリーズは、様々なシーンで

お楽しみいただけるおすすめのグッズです。

  

Tシャツ「真龍(ホワイト)」

https://yu-ki.work/shopdetail/000000000436/image.png

 

Tシャツ「真龍(グレー)」

https://yu-ki.work/shopdetail/000000000437/image.jpeg

 

Tシャツ「Lady」

https://yu-ki.work/shopdetail/000000000397/image.png

 

 

このほかにも、デザイン多数ございます。

ぜひオンラインストアをご覧ください。

https://yu-ki.work/

----------------------------------------

 

 

公式オンラインストア

https://yu-ki.work/)では、

購入されたお客様全員に

 

龍滴の香りがついた特製ポストカードを

プレゼントいたしております。

 3_000000000446.jpg

ポストカードとしてお部屋に飾りつつ、

「龍滴」の香りも併せてお楽しみください。

 

----------------------------------------

 

 

福井県の【陶墨画Gallery】

では、新型コロナウイルスの

拡散防止のため、5月31日(日)

まで、お休みを延長させて

いただいております。

※状況に応じ、営業自粛期間は変更する場合がございます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 

オンラインストアでは、
 

直筆作品(陶墨画)や、
オリジナルグッズの新作を

随時を追加して
ご紹介いたしております。  

----------------------------------------

▼直筆陶墨画一覧
 http://yu-ki.work/html/page19.html

▼オリジナルグッズ一覧
 https://yu-ki.work/html/page3.html

----------------------------------------

 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 

▼公式サイト

 http://yuki-nishimoto.com/?utm_source=Email&utm_medium=email

▼オンラインストア

 http://yu-ki.work/?utm_source=Email&utm_medium=email
▼公式ブログ

https://lineblog.me/yuki_works/

▼フェイスブック

https://www.facebook.com/yuki.nishimoto.works/ 

▼インスタグラム

https://www.instagram.com/yu_ki.nishimoto/

 

----------------------------------------

 

【お問い合わせ先】

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

皆さまのご意見・ご感想もお待ちしています。

http://sp.yu-ki.work/contact/?utm_source=Email&utm_medium=email

 

■お問い合わせは

  原則2営業日以内に対応いたします。

(営業日:平日10:00~17:30)
 

■いただいたお客様の声や

  メッセージは、

  ホームページやブログにて

  紹介させていただくことがございます。

 

----------------------------------------

 

【メールマガジンの配信停止】

 

下記リンクより、解除する

メールアドレスをご入力ください。

 

解除フォームURL

https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=yuukiworks&task=cancel

 

----------------------------------------

Yu-ki Nishimoto WORKS

 - 墨絵・陶墨画アーティスト西元祐貴

 公式オンラインストア - 

 http://yu-ki.work/?utm_source=Email&utm_medium=email
 

運営・発行:ジュエラ株式会社

〒918-8231 福井県福井市問屋町1-3

---------------------------------------


オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg


#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#オンラインストア
#グッズ
#メールマガジン
#美術
#墨絵
#陶墨画
#陶板画
#yukinishimoto
#indianink
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart


0.jpg


伏流真水を追い求め

水の中を悠々と飛ぶ

世の煩(わずら)いを

尾鰭(おびれ)のひと掻きで緩め

人々との平和を

広げた胸鰭(むなびれ)で保つ

天から観るその風景は

百華泉中の戀煌(れんこう)也


3.jpg

水の流れに逆らって進めば体勢は自ずと真っ直ぐになる。
それは水の勢いに負けないようにするためで、
同時に筋肉は硬直する。


しかし、硬くなればなるほど勢いに負ける場合がある。


水流は渦を巻きながらやってくるため、
少しでも違う角度で入ってきた場合、
それに押されて姿勢が崩れてしまうからだ。


一度崩れるとそれを修正しようと反対の力を入れ、
それによってまたバランスが悪くなり力み、
ずっと修正を繰り返していなければならなくなる。


集中していないと体ごと持っていかれて、
思わぬ澱みに入ってしまうことにもなりかねない。
気を緩めることができない。


恐怖を伴う。


心も硬くなる。


たどり着けるかどうか不安にもなっていく。


2.jpg


反対に、

水の流れに逆らわず、その力に身を任せながら前に進めば、
なんの力も要らない。
ただ身を任せ、時折手足をふわりと動かすだけで方向転換も容易だ。


しかしその余裕は、
水流に逆らって身も心も硬くしながら進んだ経験があるからできる。


どうしてもたどり着きたい場所があるからと、

向かってくる流れの強さにへこたれず、

時折顔に当たる小枝や小石の痛みに耐え、

少しずつ進んではまた引き戻され、

永遠に目的地に着かないのではないかという恐怖に打ち勝ち、

筋力と精神力を鍛えてきたからこそ楽しめる今がある。



自らが笑顔で平和に過ごせる場所は簡単には見つからない。

見つける方法は、ただラッキーを待つだけではなく、

「この先にある」

「まだ行ける」

「次にできるはずだ」

「もうちょっとだ」

と信じて進むことにある。


たとえやっとたどり着いた目的地に、目標物がなかったとしてもいい。


そこまでたどり着いた自信と達成感が、
次に進むための筋力となっていく。


水流に立ち向かったご褒美として、
ふっと力を抜き、
水流に身を任せ遊べばいい。


恐怖と緊張で硬くなった筋肉は、
その遊びの中で超回復し定着する。

1.jpg


ついに、目的地である自分の最高の場所を見つけたら、
それを大切な人と共有したくなるだろう。
やがてその喜びの噂は世界中に広がっていく。


しかし、まずそこにとどまれるのは
水流に耐え、諦めず、希望を持って進んできた者たちだけになる。


身体中の筋力が発達し、
両手を広げひと掻きするだけで流れに勝てるようになっているからだ。


無駄のないその美しさを観た人々は憧憬の眼差しでため息をつく。


自分もああなりたい。
そこに行きたい。
一緒に笑い合いたい。


激流の中に悠々と、華々しい美しさを湛えながら
そこがまるで静かな泉の中に在るがごとく泳ぎ、遊び、揺蕩う。


天から見ればそれは戀焦がれ煌めく人花が咲く泉、に観える場所。


そこにいずれたどり着くため、今が在る。

とするならば、

動き出そう。

流れに逆らってでも。



 作品の詳細はコチラ⇨https://yu-ki.work/shopdetail/000000000360/

---------------------------------------------------------------
陶墨画の紹介と詩の解説

ここでご紹介する「陶墨画」は、西元祐貴の墨絵の世界観と
陶芸をコラボレーションさせた西元のオリジナルアートです。 
全ての作品には、世界観を表した詩が付属します。
作品と詩を、一点ずつ解説付きでご紹介しております。

※陶墨画とは⇨https://yu-ki.work/html/page2.html
---------------------------------------------------------------



メールマガジン ⇨ 
http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg



#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#アート
#墨絵
#陶墨画
#陶板画
#ステイホーム
#yukinishimoto
#toubokuga
#ceramicpainting
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart
#inkart
#olympicま
#stayhome


1.jpg




準備は整った



あとは風に乗るだけでいい



身を任せていれば



目的の地へと誘(いざな)わる



ただ一つ



童たちを見守ることを誓い


愛し続けることを永久の約定とせよ



2.jpg


準備はゴールがあってこそ。ゴールとは、結果だ。

どこにどうたどり着いて、どうなりたいか。

ゴールを決めるからこそ、しっかりと準備を整えることができる。

と言われることもある

がしかし、

そうではない時もある。


ゴールを決めてないのに、なぜ準備ができる?

と不思議に思う人もいる。


子どもは、できる。


しいて「ゴールなしの準備とは」なんぞや、と問われたら

「夢中で遊ぶための準備」となるだろう。


例えば、


遊びは危険を伴うかも知れないから、絆創膏を準備。

遊びは汗をかくかも知れないから、タオルと着替えを準備。

遊びはお腹が空くかも知れないから、おにぎりとお茶を準備。

遊びは友達が増えるかも知れないから、清潔感のある服を準備。

遊びは時間を忘れるかも知れないから、時計を準備。

この場合全て「かも知れない」と曖昧だ。


子どもは、遊びたい!と思ったら、準備もそこそこで飛び出していく。

準備はそばにいる人が心配して、あれ持ったのかこれ持ったのかと伝える。

が聞いていない。

上に挙げた全てを無視して、とにかく準備もせずに出発。

とにかく、楽しい遊びのイメージでいっぱいでワクワクで、これから起きることにドキドキで、何が面白いのかもわからないけど、どれだけ笑えるのかもわからないけど、友達と一緒にどれだけ楽しい会話ができるかもわからないけど、すでに夢の中にいる。
その集中力は半端ない。

3.jpg

なぜ、準備なく行動できるのか。

それは、想像力があるからに他ならない。

子どものすごいところは、遊ぶ道具がなかったら、野原の草や、小石ですら遊び道具にしてしまう。
自分たちで勝手なルールを作り、繰り返し笑いながら遊ぶ。

遊びをどんどん成長させていき、やがて組織まで作ってしまい、いつの間にかリーダーができて、パーフェクトに統率されていたりする。

友達の輪の中心から発せられた言葉には、尊敬の念で対応し、同調し、応援し、許し、楽しむ。

怪我をした子がいたら、その子の家におんぶして帰る力持ちがいたり、悔しくて泣いた子がいたら、それを慰めてやれる子がいたり、ルールがわからず右往左往してる子がいたら迷わず手を繋いで一緒に行動する子がいたりと、仲間意識の中で行動する。

準備などできないほど広い範囲で、子どもたちの遊びには、高度な気遣いや、一瞬の判断力や、優しさの行動力が発揮され続ける。

4.jpg

面白いことには貪欲に心を動かし、大きな口を開けて笑い合い、お互いの存在を認め合い、元気のある子が元気の出ない子を思いやり、楽しめない子にきちんと説明して優しく教え諭し、教えられた子は涙ぐんで頷きながら笑顔を取り戻し感謝する。

楽しむ という漠然としたゴールに準備など要らない。

本能で問題を解決し合い、心で相手を思い合い、体全部を使って思い切り遊ぶ。

それだけでいい。

盤遊之風に吹かれながら、遊べる日は近い。

それまで体力を温存し、気持ちを夢中にさせる何かを探しておこう。

たとえ力が出なくとも、たとえ一歩も歩けなくとも、想像力は無限大だ。
そして、夢中で遊んでいれば、仲間たちも集まり始め、一緒になって楽しむことができるようになる。

そうすれば、風が吹いてくる。

いや。

もしかすると、自分で風を起こせる「かも知れない」


※ 作品の中の貫入をご覧ください。貫入とは、陶芸作品特有のガラス部分がひび割れる状態のことを言います。一点から放射状に広がる貫入と、縦に複数広がる貫入があります。窯の中でどんなドラマがあったのかはわかりませんが、盤遊の龍が遊んでくれたものだと思います。じっくりご鑑賞いただければ幸いです。


作品詳細

---------------------------------------------------------------
※陶墨画の紹介と詩の解説

ここでご紹介する「陶墨画」は、西元祐貴の墨絵の世界観と
陶芸をコラボレーションさせた西元のオリジナルアートです。 
全ての作品には、世界観を表した詩が付属します。
作品と詩を、一点ずつ解説付きでご紹介しております。
---------------------------------------------------------------


メールマガジン ⇨ 
http://yu-ki.work/maga/

オフィシャルサイト.jpg
オンラインストア.jpg
フェイスブック.jpg
いんすた.jpg



#西元祐貴
#墨絵アーティスト
#美術
#アート
#墨絵
#陶墨画
#陶板画
#ステイホーム
#yukinishimoto
#toubokuga
#ceramicpainting
#sumie
#art
#madeinjapan
#Japanart
#inkart
#olympic
#stayhome

↑このページのトップへ