いろいろ予選が始まって 皆さん観戦
お忙しいところ 失礼します

みなさん 鯛の鯛 って知ってます?

小さい頃 お祝いらしき日の食卓に
お頭付きの鯛がデンと真ん中に置かれ

おじいちゃんが 
「鯛には弁慶の七つ道具があってな」
と 毎回同じ話をしながら ホグホグして
エラの近くから
「ほれ これがナギナタだ」 とか言って
小さな骨を取り出していくのです

そして最後に必ず
「さあ これが鯛の鯛だ」 と
確かにお魚みたいに見える骨を見せて
「この鯛の鯛を見つけられるとめでたい」
と言う決まり台詞で締めて
おじいちゃんの鯛の解体ショーは終了

やっとほぐした身を 食べるのですが

これって 当時の家庭では
普通に行われてたのでしょうか?

先日 鯖をいただいておりましたら
偶然 お魚みたいな骨を発見

おじいちゃんに教えてもらった
鯛の鯛 を思い出しました

鯛ではなくて 鯖ですので
これは 鯖の鯖 ・ ・ ・ ですかね?