歌:南健太郎(矢崎広)&東方雅美(林伊織)
作詞:三ツ矢雄二
作曲:佐橋俊彦

⬆《コートから離れた場所/リョーマと太一》
⬆《ダブルス2~ダブルス1(1)》
⬆《「俺たち地味’S」 in winter 2004-2005
side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院》
《回想C/大石・菊丸 VS 赤澤・金田》

[南&東方]
俺たち ジミーズ 派手じゃないが
要所要所で 見せ場を作る
実力派の名 欲しいままさ
いぶし銀の魅力って 分かるかい
そう 俺たち ジミーズ

[南]
培ってきた テクニック

[東方]
ひけらかす事はないけれど

[南]
確実に 

[東方]
相手の 

[南&東方]
弱点を突く

蜂の一刺し 針の穴でも
致命傷なんだぜ
俺たち ジミーズ 目立たないが
押さえるとこは 押さえてみせる

玄人(くろうと)はだし プロ顔負け
いぶし銀の魅力って 分かるかい
そう 俺たち ジミーズ
そう 俺たち ジミーズ
そう 俺たち ジミーズ

やあ

⬆《Talk13》 ⬆《「リズムにのるぜ」》 
⬆《Talk14》 ⬆《Talk15》 
⬆《「俺たち地味’S」 Dream Live 2nd》 

歌:青学・ルドルフ・山吹
作詞:三ツ矢雄二
作曲:佐橋俊彦

⬆《大会前夜(2)・ファミリーレストラン》
⬆《都大会決勝へ》 
⬆《「いよいよ決勝都大会」》 
⬆《「行くぜ!」 in winter 2004-2005 side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院》

[ルドルフ]
手のひら 重ねようぜ
お互い 血潮感じて
高まる 栄光の予感
いても立ってもいられないぜ

拳を ぶつけようぜ
エナジー 押さえられない
広がる 目の前のコート
決めまくって必ず勝つぜ

行くぜ やるぜ 俺たちのパワー
明日(あす)に届けよ
行くぜ 勝つぜ 俺たちはファイター
勝負の時が来た

[青学]
ハートを 感じようぜ
みんなのGOOD VIBRATION
必ず 一丸となって
敵 やっつけられるはずさ
行くぜ やるぜ 俺たちのパワー
明日(あす)に届けよ
行くぜ 勝つぜ 俺たちはファイター
勝負の時が来た

[手塚]
「いよいよ、都大会決勝だ。相手は、強豪山吹中。
油断するな!」

[乾]
「山吹は、とにかくダブルスが強い。ダブルスは昨年、全国へ二組とも行っている。心して掛かれ!」

[手塚]
「まずは、ダブルス2。河村と不二、行って来い!」

[菊丸]
手のひら 重ねようぜ

[大石]
お互い 血潮感じて

[乾]
高まる 

[乾・手塚]
栄光の予感

[桃城・海堂]
いても 立ってもいられないぜ

[河村]
俺と お前 鉄壁の絆 未来につなげ

[不二]
いつも 仲間 暗黙の了解

[青学]
目指そうぜ優勝

行くぜ やるぜ 俺たちのパワー
明日(あす)に届けよ

[ルドルフ]
行くぜ 勝つぜ 俺たちはファイター

[山吹]
勝負の時が来た

[青学・ルドルフ・山吹]
行くぜ やるぜ 俺たちのパワー
明日(あす)に届けよ
行くぜ 勝つぜ 俺たちはファイター
勝負の時が来た

歌:1年トリオ
作詞:三ツ矢雄二
作曲:佐橋俊彦

⬆《大会前夜(2)・ファミリーレストラン》
⬆《都大会決勝へ》 
⬆《「いよいよ決勝都大会」 in winter 2004-2005
side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院》 
⬆《「行くぜ!」》

[1年トリオ]
ヤーヤー みんな元気?
ヨーヨー みんな乗ってるかい?

[堀尾]
俺 堀尾

[カチロー]
僕 カチロー

[カツオ]
僕 カツオ

[1年トリオ]
相変わらずの3人組さ
これからもよろしくね

[堀尾]
さあさあ 都大会の後半戦
波乱含みで始まった

[カチロー]
準決勝 第一試合 不動峰バーサス山吹

[カツオ]
会場に来る途中 

[カチロー]
「あ、猫!」

[堀尾]
「あー!」

[カツオ]
事故にあった不動峰メンバー
試合途中で 棄権をしちゃったよ

[1年トリオ]
驚いたよね びっくりしちゃったよね
決勝進出 山吹中

[堀尾]
「あれが、ラッキー仙石だ!」
 
[カチロー]
「あぁ」

[カツオ]
「カッコいいね!」

[堀尾]
「で、1番後ろに見えるのが地味’S」

[カチロー]
「何処?」

[カチロー]
「見えないよ」

[堀尾]
「心で見れば見えるんだよ」

[カチロー・カツオ]
「心?」

[堀尾]
我らが 青学の準決勝は
どんな相手と対戦だ?

[カチロー]
準決勝 第二試合 銀華中バーサス青学 

[カツオ]
銀華中のメンバー 試合開始の挨拶の時に
腹が痛いと 棄権をしちゃったよ

[1年トリオ]
ずっこけたよね 全員腹痛かよ
決勝進出 我ら青学

ホーホー 待ちに待った
イェイェ 都大会決勝
青学バーサス山吹

我らが青学 絶対優勝 間違いなし!

↑このページのトップへ