同じ物事でもどの角度から見るかによって、もしくは人によって、解釈が全く異なってくる
というのはよく聞く話
例えば
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0317.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0322.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0318.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0319.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0323.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0324.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0320.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0321.PNG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0325.PNG
四角だったものが、違う角度から見たら、なんとも形容しがたい形になって、最終的には丸になる
という
つまり、現実や物事は、見る人や角度によっていかようにも受け止め方がある

とまぁよくありがちな図なのですが、

ここで、ではじゃあそのように色々な角度から現実を見れるようになるために、自分なりに思うことを書いてみようと思います

Aという現実があって、それに対して◻︎という解釈をしたとして、それを例えば、自分以外の人に話すとする。
そうすると、それに対してその話を聞いた人は、でも△という解釈もあるんじゃないかなあ?
と言う

ここで、そっかあ、なるほどーそういう見方もあるのか、
と思えると自分の視野や世界が広がるのだけれど、どうしてもそう思えない時ありますよねぇ?
それで、なかなか前に進めなかったり、同じところをグルグルとただ回ってるだけのように感じたりして(><)

んで、このループから抜けるには…

まず、そのAという現実を□と解釈したことに対して付随してくる、自分の感情を全部感じてみるんですね

この時ポイントは、

こんな風に感じたらダメ、とか
こう感じるべき、とか

一切しないことですね
そこが結構難しい気がする
とにかく、ポジティブもネガティブもぜーーーーんぶ感じ切る、全肯定する
たいがいの人は、ネガティブとされてる感情を感じるのがしんどいので巧妙に蓋をするのですよねー

感情の感じ方は前の記事にも書きましたけれど紙に書いたりとか、色々方法はたくさんあると思います

そういう地道な内観を続けていると、ある時ポーンと気付いたり、抜ける瞬間がある気がします

その時に初めて、こんな解釈もあんな解釈もあるということを受け入れることが出来るようになるのだなあと

で、さらに進むと、現実や物事はただ起きているだけ

という視点に立てるのかなあと

なかなか、日々地味な作業ですね





今日も本当に暑い!
皆さま体調に気をつけてご自愛くださいませー❤️


日々是好日

ゆか🎺