前の記事で、自分の闇をも愛することが本当の自己肯定だ、と書きました

じゃあ、何故闇が存在するのかということについて私なりに書いていこうかと思います。

私も何回も何回も思ったことがありますが、
なんで私ばっかりこんな辛い思いしなくちゃいけなかったんだろう もしくはしなくちゃいけないんだろう
なんのためにこんな苦しい思いをしてきたんだろう
みたいな

そんな風に思ったことある方もいらっしゃるのではないでしょうか?もしくは今現在そう思って辛い真っ最中ですとか

渦中にいて、それこそ闇にどっぷり浸かってる時は、なかなか違う視点を持つのって難しいのですけれど

私たちは、元々肉体を持たない次元、つまり生まれる前とか魂だけの存在だった時は、光しかない世界に存在していたそうです。
光しかない世界とは、例えば、思ったら思ったことがすぐ叶うとか、自己否定や罪悪感とかなんて全くない世界だそうです
んで、光しかない世界の中ではこれ以上光を深めることは出来ないので、わざわざ闇を経験するために地球に降りてきたといわれています。

つまり、この世は全て陰陽の法則で出来ていますので、闇が深ければ深いほどそれだけ光も深く強くなれるのだということ
それだけ、自分の世界(宇宙)が広く深く拡大していっているということなのだと思います。

で、これらの話は、私は実際に見てきたわけじゃないので、ただただ感覚やイマジネーションで感じ取ってる世界観ではありますが、
でも、ここで強くいいたいのは、
闇は光を深めるためにあって、さらにそれをやりたくて人間に生まれてきた
と思えたら、少しでも楽になりませんかね!?
というところです


ちょっとマニアックな話になりましたが、苦しくて仕方ない人も、それ絶対抜ける時が来ますよー
明けない夜はないですよー
ってことをお伝えしたいです。
後で振り返った時に、全て必要な体験であったと腑に落ちることを信じてみれたらよいですよね


gSHXXgxbYk.jpg
今日も幸せ❤️


ゆか🎺

自分を愛してあげる、とか、自己肯定とかってよく言われますが、自己肯定ってそもそも何なのかなあと突き詰めていくと色々見えてきたことがあったので、私なりにまとめてみたいと思います。

といっても、言葉で書くのはすごく簡単でサラッと書けてしまうのですが、実際にそのように腹落ちして思えるまでものすごく時間がかかりました 
まだ出来てないときもかなり沢山ありますけれども

まあ、要は、タイトルにあるように、自分の闇の部分も受け入れてあげるということなんですが。

自分の良いところを受け入れるのはラクじゃないですか?
けど、自分のダメなところや苦手なところや失敗したことや忘れたい過去やいわゆるモラルに反してることを自分がしてるということもしくはしてたということや人への嫉妬や悪口や怒りや蔑みや、なんやらかんやら

そういうのほんっとに全部にOK出せて初めて、自己肯定出来たって言えて、それが出来ないと本当の意味で自分を丸ごと愛せてるとは言えないと思うんですよね

んで、まあ本来そういうものは幼少期に親からの無償の愛という形で受け取るものだったりするんですが、それが足りない場合、自分でやるしかありません
それについて掘り下げるとまた長くなるので、今は割愛します

ヒントとしては、どんな自分もジャッジしないということなのかなあと思います。
まあ、言葉で言うのは簡単だけどね

それ少しずつ出来ていったら、自分以外の人にももっと優しく出来るし、自分に対しても変な期待とかを手放せると思います。
そして、そもそもそのジャッジって誰目線なん!?何基準なん?と思えるようになってくるように思います。


で、ミュージシャン的にはここからが重要なんだけど、そういうことが出来てくると、人前で思い切って自分を表現できるようになる気がします。
誰の前でもどんな状況でも自分のままで在れるという感じ?


さあ、少しずつでもいいから自分責めをやめよう!!

私も少しずつ楽しんでやっていきます!!


ゆか🎺

よく直感で、こう感じたー
私は直感的にこっちだと思う!

とかって言ったりすると思うのですが、では、この直感というものに繋がるにはどうしたら良いのでしょう
自分なりにまとめてみたいと思います。

ありきたりな解答ですけれど、
頭を空っぽにする
ってところなのかなと思います

よくリラックスしてたり、緩んでるときに、直感が降りるとか言いますが、まさにそんな感じで、(私自身は散歩してる時とか、お風呂入ってるときですかね)
んで、そのような状態の時って、大概、『今』に居れてるときなんですよね

思考が騒いで、あーでもないこーでもない、なる時は大概、過去か未来に意識がいっていると思われます
こういう時は、心は大体不安や心配に駆られてるときかなあと。

まぁ、でも、常に今にいるのってなかなか難しいことだとは思いますし、人間やってる限り未来の計画とかももちろんある程度必要だとは思います

出来るだけ頭空っぽにして、今に意識が居れるようになって、直感がピンときて、それに基づいて動いていると、段々とシンクロ(偶然の一致)が増えてくるのかなと思います。
そうすると、物事がスルスルと運びやすいんやなあと感じます。余計な行動がショートカットされるというか


んで、これは人前で演奏する時にももちろん共通してて
あー次高い音がくるーとか、ここよく間違える嫌なとこだーとか、そういうことを考え出すと、もう全く、今に居るどころではなくなりますよね
でも、頭空っぽにして、演奏することが出来たら、演奏してるときの場合は、直感は、音楽=うた、として降りてくるのだと思います



今日もリラックスして頭空っぽにして、アホになろう笑



ゆか🎺

↑このページのトップへ