わたしの中のアツい部分が出始めました。


すごく冷静なときと

結構交互に出てくるのですが、


10代20代に比べて30代の自分は驚く程冷静で、

でもわたしの中にある根本は

アツいスポ根なんだろうなと思うのです。


個人戦よりチーム戦が好きで、


高校時代の部活動を思い出します。

役者時代の撮影・舞台現場を思い出します。



みんなでひとつのものをつくること。


やっと私もみんなに混じって演技する時間がきました。

もうすでに空気感ができていて、


とても嬉しくて

とても居心地よくて


みんなの息を感じて演技することが

すごく楽しくて。

空気感に乗って

更に盛り上げられるように

私の役割を演じたいと思うのです。



仲の良いとか悪いとか

そんなの関係なくて、

みんながひとつのところを目指すこと。

1人気持ちが冷めていると達成感すら、一体感でさえ感じられません。


今、を生きるということは

どういうことだろうか。

あと4日。

今、に集中して、

本番を迎えたい。


まだチケット購入したい方がいましたら、お知らせくださいませ。


タタウラオリタヒチコンペティション
9/4
新宿文化センターにて開かれます。