ただいま〜っと!モグタン)

ちょっと(だいぶ、だよw)お暇をいただいて
武露愚の世界に帰ってきました

なんか今年は特別暑いような気がしていますが……
まずは
研究員のみなさんに暑中お見舞い申し上げます!!
レッツチャットステッカー.jpeg

3月に発売した「'80Sガーリーデザインコレクション」(グラフィック社)は
おかげさまでズリズリ3刷(ずり)に突入〜
発売に関連した冷や汗ダラッダラのサイン会やトークショーなどのイベント系も落ち着き
(ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました)、
しばらく充電(という名の自堕落生活)をしていたのですが、
何もしていなかったわけではなく、
じつは水面下でとある国家的プロジェクトに関わっていたのです

Twitterやインスタではすでにリリースが流れていますが、

80’sキャラ×ヴィレヴァンコラボグッズ

というすんばらしいプロジェクトで
アテクシゆかしなもんが
総合プロデューサー(笑)として
製作総指揮(笑)に当たらせていただいたのです


昭和的ガーリー文化研究所・ゆかしな所長プロデュース!!
80’sキャラ×ヴィレヴァンコラボグッズ爆誕☆

TAMA_all.jpg
見よ! この80年代テイスツみなぎる昭和的ガーリーなグッズの数々を
 
第1弾はあの「うちのタマ知りませんか?」(SCP)

タマに関するうんちくは
「'80Sガーリーデザインコレクション」を見ていただきたいのですが、
1983年に彗星のごとく登場したタマは、
「うちの〜」という和名と
和猫のキャラ、愛らしい手書き風の文字や「猫がいなくなった」という斬新なコンセプト

一躍人気者となり、
来年2018年には生誕35周年を迎えるという
国民的エバーグリーンキャラに成長したのです


気になるラインナップは
・缶バッジ3個セット 1000円+税
・ステッカー全5種 各380円+税
・Tシャツ(S、M、L) 各3000円+税
・トートバッグ 2800円+税
・ポーチ 1800円+税
・ポストカード3枚セット 450円+税

の6種

※詳細はコチラ


このオファーをいただいた時から、
私の心は昭和時代の小学校の教室に飛んでいってしまい、
あの頃、あの遠い夏の日、
クラスメイツが持っていた
「うちのタマ」グッズに出会った瞬間の衝撃(そして一目惚れ)を思い出してたわけで

80年代のガチ当時ものの絵素材のみを使い、
リアルな昭和ファンシーグッズ感を出すことを目指したのでした

各アイテムのこだわりポインツについて
総合プロデューサー(笑)の秋元ゆかし氏のコメントを添えて
解説させていただきます

缶バッジ3個セット
TAMA_badge.jpg

「'80Sガーリーデザインコレクション」でも言及しましたが、
80年代は極論すれば缶バッジの時代でした
当時、
缶バッジをたくさん付ければ付けるほどカルマが上がるとされていたため(嘘です
Tシャツやバッグ、ポーチなどに3個まとめて付けることを想定して、
色みやデザインのバランスを考えました
「ポチ」のえさを盗み食いしようとして怒られているタマがすごく可愛いので
どうしても単体で入れたく、
形もかわゆい♡形にしてもらいました
(♡形の缶バッジは、当時もすでにあったのです)

ステッカー全5種
TAMA_sticker.jpg

ステッカー(シール)も、
昭和ファンシーグッズの王道アイテムと言えるでしょう
奇をてらわず、
「うちのタマ〜」の
あまりにも有名な初期のアートワーク「飼い猫を探すポスター」
(「ポチ」ver.もちゃんとアリ)を中心に、
飼い主「岡本たけし」君の素朴な手書き文字とトボケたタマの表情が
楽しめるラインナップになっています
1種、必死にテーブルに登ろうとするタマの絵がありますが、
個人的にはコレが可愛くてオススメかもw
生徒手帳(あるいは年金手帳)に貼ったり、
携帯電話に貼ったりして(画面に貼るなよ)
いつもタマと一緒に

Tシャツ
TAMA_teeM.jpg

タマのキャラTシャツを着ることは、私の永遠の夢だった、
と言っても過言ではありません
Tシャツという超重要アイテムのデザインとなると
数ある初期絵の中でも
最もクラシカルなタマの絵(およびロゴタイプ)であるべきだと考え、
迷わずこのキービジュアルをチョイスさせていただきました
幸か不幸か、Tシャツのボディ自体もクラシカルなので
着れば誰もがたちまち「リアル80年代の人」になれます
近年は
あえてビッグなTシャツをルームワンピース的にダボッと着るのが流行っているそうなので、
Lサイズもご用意しました
ナウくケミカルウォッシュのジーンズにINするもよし(頭にはバンダナ巻いてネ)、
おうちでネグリジェ的にパジャマパーティーするもよし、
貴女らしく着こなしてください


 トートバッグ
TAMA_bag_front.jpg

TAMA_bag_back.jpg


トートバッグは念願のアイテムでした
'80SスクールガールのハブVSマングースショー、いいえ、マストハブといえば
トートバッグでしたから
カラーは絶対にペパーミントグリーンと決めていました
当時もののタマグッズにもよく使われている色です
イラストは、贈り物の上に乗っているタマ
前面と背面が対になっている珍しい元絵があったので、
それをバッグの裏表で使ったら可愛いかなと
箱の柄はもともと無地でしたが、80年代当時のグッズで、
この箱部分が赤白ストライプになっている絵が実際にあったので、それを再現しました
内側はイエローになっていて、表地とのコントラストもきゃわわわ〜
内ポケットも付いていてめちゃんこ便利どえ〜す

ポーチ
TAMA_pouch.jpg

すでに既存のタマのポーチが
本家やほかのライセンシーからも
いろいろと世に出ている中で、
チャレンジャー精神で臨みました
やはり、欲しかったのは初期アートの総柄もの……
ということで
タマやポチたちが点々といる中に、「めざしごはん」をアクセントに入れることにしました
この「めざしごはん」は
最初期のタマグッズに頻繁に用いられていた超重要アイコンだったため、
当初は候補のリストになかったのですがどうしてもデザインに入れたく、
無理を言って「めざしごはん」のデータを探して提供していただいたのでした
(40女のわがままほど見苦しいものはない)

なので、みなさん「めざしごはん」にぜひ注目してくださいw
ポーチ本体はどこか懐かしいファニーなピンク色×ファスナーはライトなブルー、
内側はイエローと、ファンシー三原色の基本を抑えた仕上がりとなっています
内側には間仕切りが付いて、実用性も◎

ポストカード3枚セット
TAMA_card.jpg

昭和ファンシーグッズ界の功績のひとつが、「おてまみ(お手紙)」文化の啓蒙でした
おてまみを書くこと、おてまみを送ること……
そんな「心」を贈る優しい世界を、ファンシーグッズが後押ししてくれたと思っています
今回の企画で最初は「レターセットを」というお話もあったのですが、
あえて「いや、ポストカードにさせてください」と進言させていただきました
なぜなら
ポストカードは
贈れる、飾れる、持ち歩けるの三拍子揃った優秀アイテムだからです
くどいようですが
80年代のクラシカルアートから選ばせていただきつつ、
さらに
「ぬいぐるみを使った実写版のデータはありませんか?!」
これも前のめり気味に
無理矢理わがままを言ってソニクリさんに探していただいたのが
一番下の実写のものです

三丁目のシーンが当時のぬいぐるみで再現された
世にもかわゆい'80S「実写ぬいぐるみシリーズ」のポストカード
これを、どうしてもどうしても完全復刻したかったので
ついに夢が叶いました(涙
ぬいぐるみの丸っこい感じ、やはり当時感がリアルに出ていて最高〜

以上、開発に至ったゆかしなもんの熱き思いをつらつら〜と演説させていただきましたが、
最後までお読みいただいたみなさんありがとうございました

さらに、イベント情報〜ッ
タマと撮影会@ヴィレッジヴァンガード渋谷本店

下記日時、タマが来店!
お手持ちのスマホやカメラで2ショット写真が撮れます!!(参加フリー)

《日時》
8月12日(土)12:00~13:00、15:00~16:00
8月13日(日)12:00~13:00、15:00~16:00

《イベント開催場所》
ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧銀共同ビルB2F
お問い合わせ:03-6416-5649
 

ゆかしなもんプロデューヌ「うちのタマ知りませんか?」グッズは
2017年8月11日(金)より一部のVV店舗およびオンラインストアにて超限定販売


※詳細はコチラ

近年のネコグッズブームにとどめを刺す(かもしれない)
ゆかしなもん渾身の昭和的「うちのタマ〜」グッズ


ぜひぜひよろしくお願いしますだよ〜

おかもとたけし&ゆかしなしょちょうより