みなさま、おはこんばんちは

ゆかしなもんです


いや〜すっかり秋ですよね

「秋」といえば男闘呼組の2枚目のシングル曲ですが、

この曲、発売されたのは
12月27日
だったんですよ奥さん

「冬」やんww


という小ネタを挟みつつ、

今日はいろいろ告知をさせてください


まず、

以前からお伝えしている

ゆかしなもんプロデュース ヴィレッジ・ヴァンガード×’80Sキャラシリーズ
ですが、

第1弾の「うちのタマ知りませんか?」
につづいて

第2弾の「レッツチャット」(9月)
が発売になっているよ〜

「レッツチャット」(1981)は

お茶目なペンギンの「ペンジャミン」とあひるの「パッツィダック」

DKY-Nt3UQAAjXyJ.jpg


元気で陽気な80年代の幕開けにふさわしい、お茶目なキャラだったよネ


今回の企画では

当時のアートワークそのまんまをふんだんに生かした、

ナウい雰囲気
になっております


とくに、黄色いトートバッグは

激レアな
パッツィとペンジャミンの2ショットver.

これは絶対に「買い」です

その他にもコミカルでラブリーなデザインのポーチやステッカー、

ポストカードなどがい〜っぱい


持てばたちまち'80Sスクールガールになれちゃうわよ〜

♫グ〜ッバイーアーイラービュー、ウウウ〜ウ〜





そして、情報解菌❣️

10月14日には、
第3弾「バイキンクン」
が発売になります〜

(ドンドン、パフパフ〜


一連のVV×'80Sキャラシリーズ、

最終章にして最高傑作
が出来上がりました



 



baikin_allitems.jpg

見よ、この画力(えぢから)を


この平成もそろそろ終わろうっていうときに

まさかあの
「バイキンクン」
が還ってくるとか誰が想像しただろう?!

今回も、しつこいようですが

当時のアートを忠実に生かし、これまた当時のようなクールなモノトーンや

ビビッドな原色を使いながらカッコいいバイキンクンの世界観を再現しています

トレーナーは奇をてらわず、

一番有名なアートワークとキャッチコピーを配置

このトレーナーに、ダボダボのスウェット、頭にソリコミ入れてパンチかけて

カンフーシューズ(ズック)履いて歩いたら

間違いなく80年代ヤンキーになれちゃうw

ハロウィンの仮装にもピッタリですよ、奥様 


カンバッジ3個セッツは

いつもバイキンクンが着けている
「Keep Clean」バッジ
を完全再現
!!!

 (これは、ゆかしなもんの悲願でもありました


ポストカードやステッカーも

初期のアートや 中期のアートをいろいろセレクトしているので

いろんなバイキンクンが楽しめちゃいます


シンプルなダイカットのクリアキーチェーンも激カワだし、

総柄のポーチも真っ赤なトートバッグも、めっちゃ可愛く仕上がりました


「うちのタマ〜」のときもシャウトさせていただきましたが



まだ80年代は終わってなどいない



一部限定店舗+オンラインストアでしか購入できないのと

完全数量限定品なので

欲しい方は真剣(マジ)でお早めにお願いします


 そして、

今日はさらに告知をさせてください〜


昨年末に開催した、朝日カルチャーセンターすんずく(新宿)教室の

「昭和的ガーリー文化研究所ファンシー教室」

ふたたび帰ってくることになりました〜(パチパチパチ〜


【概要】
2017年12月10日(日) 13:00〜14:30
受講料 会員 3240円 一般 3888円
朝日カルチャーセンター 新宿教室


80年代ファンシーカルチャーの秘密に迫る、熱き1時間半!

詳細なテーマは現在鋭意検討中です


今年はなんと特別ゲストとして

元・サンエックスデザイナー、かないじゅんさん
をお迎えし、

当時のファンシームーブメントの裏話をいろいろ聞いちゃおうというスペシャルな時間も

かない先生は
「ヘルシーモーモー」
(「'80Sガーリーデザインコレクション」を見てネ)ほか

数々のヒットキャラクターを手がけられた「神」であらせられます


さらに、

昨年末の第1回開催時、教室が興奮と笑いの渦に包まれた

参加者のみんなのお宝鑑賞タイム
もありますwww

(有名無名ファンシーグッズ、80年代アイドルグッズ、少女まんがふろく、パチモン系など、

いわゆる昭和的ガーリー的アイテムであれば何でもOKだよ)

みんな、アツい思い出を語ってくれ〜


親父、すんずく(新宿)で待つ(by 沖ゆかしな)


トゥルルルルルル、ガチャ
もしもし〜?
私、誰だか分かる?(薬師丸ピロ子)


こんにちは

ゆかしなもんで〜す
!!

今回は80年代の
「テレホンサービス」
に関するスイートメモリーズを……


小学4年生のときに初めて自室を与えられ

(なぜか部屋に非常ボタンが設置されていたw)、

部屋に憧れの「マイ電話
電話」(といっても、子機な)がやってきてから
私が熱中したことといえば

「テレホンサービス」に興じること、だった(暗いだろ?


説明しよう(
コピーライトタイムボカン
「テレホンサービス」とは、

電話をかけるとあらかじめテープに録音されたニュース、

天気予報などの情報を聞くことができるサービスのこと

今やテレホンサービス界の古典ともいえる
「リカちゃんでんわ」
は有名だよね

テープの放送だけでなく、

直接オペレーターが対応するもの、または自分の声を吹き込む録音パターンの番組もあったのだ


ニュース、気象、スポーツ、レジャー、旅、音楽、教養・趣味、悩みごと、健康、経済、暮らし……


など、

そのジャンルは多岐にわたり、内包するコンテンツも非常に細分化され、充実していた

(エロの要素はいっさいナシでひたすら真面目
 そんなピュアさも好きだった)


ゆかしなが主に好きだったのは

やっぱり
「星占い」

占い師の人(おばさん)が直接語ってるから、

その語り口やイントネーションも含めてなんかクセになってじっと聞き入ってたw

あとは
「アイドルの新曲情報や近況」、「映画情報」「アニメ情報」
などの昭和ガーリー的な番組は

マストだったわよね


自分の部屋のドアに、

「テレホンサービス一覧表」を貼って、

「今日はどれにかけようかな〜」
と選んでいた日々(暇かw


なんていうか、

幼い自分にとっては「電話をかける」(=どこか別の世界に繋がる)ということが

ドキドキ体験だったんだよな


そんな80年代「テレホンサービス」の静かなる熱狂的オーディエンスだった私が、

当時の珠玉の名コンテンツを

気まぐれに振り返っていきます


aNLorbr5gV.jpg

当時は「光GENJI」情報専用ダイヤルがあったんですね〜

と、問題はそこではなく

合間に
「もしもし日野誠テレフォン」
が紛れていることwwww

これ、ネタなのか?? それとも同姓同名の誰か?

別人だったとしたら、
並びが神すぎる


o064006401372271610147.jpg

パラダイス銀河出身、最後のスーパーアイドル
日野誠
クン

「ゆかしなEXPO」で伝説の東京ドームコンサート(@東中野w)を開催してくれた


JnN0svZ0qf.jpg

これは以前Twitterでもアップしたんだけど、

さすが北海道としか言えない番組
「松山千春の近況」

「浅香唯おもしろ情報」も十分気になるんだけどね

(本当におもしろいんだろうな?みたいな)


uq7LZAn89B.jpg

動物の生態や鳴き声系のコンテンツも多数あった

そんな中で

「イルカショーと水中トンネルの実況放送」
て、

受話器越しにどう楽しめと??


4cQ5Z3qgrc.jpg

まず
「コシヒカリ讃歌」
ってなに?っていうささやかな疑問と、

 
「聖飢魔Ⅱ」専門チャンネル
的なものがあったという史実を後世に語り継ぎたい


eflloDhbM2.jpg

こういうタレントのトーク系テレホンサービスはキャッチーで好きな部類なのだが、

「のりっピー語」
でズッコけるw


y_jlXCKjkL.jpg

ジョーク系励まし系コンテンツもいろいろ

これぞ昭和のテレホンサービス、という気がしないでもない


24iQvvU1yi.jpg

「ファミコンの音」聞いてどうすんねんw

と常識人ぶった大人達はしたり顔で言うだろうが、

いやいや、

あのアナログチックなピコピコサウンドは最高にヒーリング効果あるし、

むしろ今の疲弊した時代にこそ必要なダイヤルなんじゃないかとすら思う

一番下の
(フミコン)
って

(ファミコン)のことか??


qDOVMOP192.jpg

「85'科学博の各ロボットの声」

これは今
ゆかしなもんが最高にアタックしたいテレホンサービスNo.1
かもしれない

レトロフューチャー感すごいだろうな〜


まだご紹介したいのですが、

今日のところはこのへんで……(眠くなってきたw)


「テレホンサービス」の、

あのテープ感あふれる再生の声が恋しくて

いまだにしょっちゅう「時報」や「天気予報」にかけてしまうの、私だけだろうか
電話

que-13143999148.jpg

「もしもし、お前ポアするぞ」

 

電電公社 ゆかしなもん


↓最近出たこちらの写真集、80年代アイドルの当時写真が載っててなかなか楽しかったです

オススメ
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2863.JPG

ただいま〜っと!モグタン)

ちょっと(だいぶ、だよw)お暇をいただいて
武露愚の世界に帰ってきました

なんか今年は特別暑いような気がしていますが……
まずは
研究員のみなさんに暑中お見舞い申し上げます!!
レッツチャットステッカー.jpeg

3月に発売した「'80Sガーリーデザインコレクション」(グラフィック社)は
おかげさまでズリズリ3刷(ずり)に突入〜
発売に関連した冷や汗ダラッダラのサイン会やトークショーなどのイベント系も落ち着き
(ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました)、
しばらく充電(という名の自堕落生活)をしていたのですが、
何もしていなかったわけではなく、
じつは水面下でとある国家的プロジェクトに関わっていたのです

Twitterやインスタではすでにリリースが流れていますが、

80’sキャラ×ヴィレヴァンコラボグッズ

というすんばらしいプロジェクトで
アテクシゆかしなもんが
総合プロデューサー(笑)として
製作総指揮(笑)に当たらせていただいたのです


昭和的ガーリー文化研究所・ゆかしな所長プロデュース!!
80’sキャラ×ヴィレヴァンコラボグッズ爆誕☆

TAMA_all.jpg
見よ! この80年代テイスツみなぎる昭和的ガーリーなグッズの数々を
 
第1弾はあの「うちのタマ知りませんか?」(SCP)

タマに関するうんちくは
「'80Sガーリーデザインコレクション」を見ていただきたいのですが、
1983年に彗星のごとく登場したタマは、
「うちの〜」という和名と
和猫のキャラ、愛らしい手書き風の文字や「猫がいなくなった」という斬新なコンセプト

一躍人気者となり、
来年2018年には生誕35周年を迎えるという
国民的エバーグリーンキャラに成長したのです


気になるラインナップは
・缶バッジ3個セット 1000円+税
・ステッカー全5種 各380円+税
・Tシャツ(S、M、L) 各3000円+税
・トートバッグ 2800円+税
・ポーチ 1800円+税
・ポストカード3枚セット 450円+税

の6種

※詳細はコチラ


このオファーをいただいた時から、
私の心は昭和時代の小学校の教室に飛んでいってしまい、
あの頃、あの遠い夏の日、
クラスメイツが持っていた
「うちのタマ」グッズに出会った瞬間の衝撃(そして一目惚れ)を思い出してたわけで

80年代のガチ当時ものの絵素材のみを使い、
リアルな昭和ファンシーグッズ感を出すことを目指したのでした

各アイテムのこだわりポインツについて
総合プロデューサー(笑)の秋元ゆかし氏のコメントを添えて
解説させていただきます

缶バッジ3個セット
TAMA_badge.jpg

「'80Sガーリーデザインコレクション」でも言及しましたが、
80年代は極論すれば缶バッジの時代でした
当時、
缶バッジをたくさん付ければ付けるほどカルマが上がるとされていたため(嘘です
Tシャツやバッグ、ポーチなどに3個まとめて付けることを想定して、
色みやデザインのバランスを考えました
「ポチ」のえさを盗み食いしようとして怒られているタマがすごく可愛いので
どうしても単体で入れたく、
形もかわゆい♡形にしてもらいました
(♡形の缶バッジは、当時もすでにあったのです)

ステッカー全5種
TAMA_sticker.jpg

ステッカー(シール)も、
昭和ファンシーグッズの王道アイテムと言えるでしょう
奇をてらわず、
「うちのタマ〜」の
あまりにも有名な初期のアートワーク「飼い猫を探すポスター」
(「ポチ」ver.もちゃんとアリ)を中心に、
飼い主「岡本たけし」君の素朴な手書き文字とトボケたタマの表情が
楽しめるラインナップになっています
1種、必死にテーブルに登ろうとするタマの絵がありますが、
個人的にはコレが可愛くてオススメかもw
生徒手帳(あるいは年金手帳)に貼ったり、
携帯電話に貼ったりして(画面に貼るなよ)
いつもタマと一緒に

Tシャツ
TAMA_teeM.jpg

タマのキャラTシャツを着ることは、私の永遠の夢だった、
と言っても過言ではありません
Tシャツという超重要アイテムのデザインとなると
数ある初期絵の中でも
最もクラシカルなタマの絵(およびロゴタイプ)であるべきだと考え、
迷わずこのキービジュアルをチョイスさせていただきました
幸か不幸か、Tシャツのボディ自体もクラシカルなので
着れば誰もがたちまち「リアル80年代の人」になれます
近年は
あえてビッグなTシャツをルームワンピース的にダボッと着るのが流行っているそうなので、
Lサイズもご用意しました
ナウくケミカルウォッシュのジーンズにINするもよし(頭にはバンダナ巻いてネ)、
おうちでネグリジェ的にパジャマパーティーするもよし、
貴女らしく着こなしてください


 トートバッグ
TAMA_bag_front.jpg

TAMA_bag_back.jpg


トートバッグは念願のアイテムでした
'80SスクールガールのハブVSマングースショー、いいえ、マストハブといえば
トートバッグでしたから
カラーは絶対にペパーミントグリーンと決めていました
当時もののタマグッズにもよく使われている色です
イラストは、贈り物の上に乗っているタマ
前面と背面が対になっている珍しい元絵があったので、
それをバッグの裏表で使ったら可愛いかなと
箱の柄はもともと無地でしたが、80年代当時のグッズで、
この箱部分が赤白ストライプになっている絵が実際にあったので、それを再現しました
内側はイエローになっていて、表地とのコントラストもきゃわわわ〜
内ポケットも付いていてめちゃんこ便利どえ〜す

ポーチ
TAMA_pouch.jpg

すでに既存のタマのポーチが
本家やほかのライセンシーからも
いろいろと世に出ている中で、
チャレンジャー精神で臨みました
やはり、欲しかったのは初期アートの総柄もの……
ということで
タマやポチたちが点々といる中に、「めざしごはん」をアクセントに入れることにしました
この「めざしごはん」は
最初期のタマグッズに頻繁に用いられていた超重要アイコンだったため、
当初は候補のリストになかったのですがどうしてもデザインに入れたく、
無理を言って「めざしごはん」のデータを探して提供していただいたのでした
(40女のわがままほど見苦しいものはない)

なので、みなさん「めざしごはん」にぜひ注目してくださいw
ポーチ本体はどこか懐かしいファニーなピンク色×ファスナーはライトなブルー、
内側はイエローと、ファンシー三原色の基本を抑えた仕上がりとなっています
内側には間仕切りが付いて、実用性も◎

ポストカード3枚セット
TAMA_card.jpg

昭和ファンシーグッズ界の功績のひとつが、「おてまみ(お手紙)」文化の啓蒙でした
おてまみを書くこと、おてまみを送ること……
そんな「心」を贈る優しい世界を、ファンシーグッズが後押ししてくれたと思っています
今回の企画で最初は「レターセットを」というお話もあったのですが、
あえて「いや、ポストカードにさせてください」と進言させていただきました
なぜなら
ポストカードは
贈れる、飾れる、持ち歩けるの三拍子揃った優秀アイテムだからです
くどいようですが
80年代のクラシカルアートから選ばせていただきつつ、
さらに
「ぬいぐるみを使った実写版のデータはありませんか?!」
これも前のめり気味に
無理矢理わがままを言ってソニクリさんに探していただいたのが
一番下の実写のものです

三丁目のシーンが当時のぬいぐるみで再現された
世にもかわゆい'80S「実写ぬいぐるみシリーズ」のポストカード
これを、どうしてもどうしても完全復刻したかったので
ついに夢が叶いました(涙
ぬいぐるみの丸っこい感じ、やはり当時感がリアルに出ていて最高〜

以上、開発に至ったゆかしなもんの熱き思いをつらつら〜と演説させていただきましたが、
最後までお読みいただいたみなさんありがとうございました

さらに、イベント情報〜ッ
タマと撮影会@ヴィレッジヴァンガード渋谷本店

下記日時、タマが来店!
お手持ちのスマホやカメラで2ショット写真が撮れます!!(参加フリー)

《日時》
8月12日(土)12:00~13:00、15:00~16:00
8月13日(日)12:00~13:00、15:00~16:00

《イベント開催場所》
ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧銀共同ビルB2F
お問い合わせ:03-6416-5649
 

ゆかしなもんプロデューヌ「うちのタマ知りませんか?」グッズは
2017年8月11日(金)より一部のVV店舗およびオンラインストアにて超限定販売


※詳細はコチラ

近年のネコグッズブームにとどめを刺す(かもしれない)
ゆかしなもん渾身の昭和的「うちのタマ〜」グッズ


ぜひぜひよろしくお願いしますだよ〜

おかもとたけし&ゆかしなしょちょうより 

 

↑このページのトップへ