お世話になります。
前田です。


ベーススクールのコラム用に記事を書いたのですが、明らかにこれからベースを始めようという人向けではない記事になってしもうたので、もうこっちで書きます。


以下本文↓



お世話になります。
前田です。



前回のグルーヴのお話から繋がるところがあるのですが、前ノリ、後ろノリなんて聞いたことあると思います。

メトロノームから若干位置をずらして、メトロノームに対して早く弾くと前ノリになって疾走感が出る、遅く弾くと重量感が出る、ということでベーシストやドラマーの間ではよく議論になります。



ただ正直言いますとこの前後理論について僕もイマイチ半信半疑なところがあります。

というのも、じゃあドラムに対してベースを少し後ろにずらして弾いてみます。するとどうでしょう。ただ単にずれて聞こえるのです!

レコーディングのときにプロデューサー的な人に「もっと後ろで弾いて」と言われたので「はい!」と元気よく返事をしてもう一度全く同じように弾いたら何故かOKだったこともあります。

めちゃめちゃメタル好きな人に「このスネアの位置が後ろでカッコイイ!」という曲を聞かされ力説されたのですが、フィルでめちゃめちゃ走ったりするのでそもそもあまり上手くない人が叩いてるという印象しか受けませんでした。



こんな経験ばかりしてる僕なので、当然「こんなことを長い時間かけて議論して意味があるのか…ジャストに近づける努力をした方がいいんじゃないのか…」という気持ちになってきます。

そこで今も僕が通っているドラムの先生に前後理論について聞いてみました。

「あぁ、ロックの人ってそういう話したがるよね」



(';')…



メトロノームに合わせて手拍子してみると、最初はメトロノームの音が消えるくらいジャストで叩けるのですがそれをひたすら維持できる人も稀で、大体前か後ろにずらしてメトロノームの位置を確認して修正して…というのを繰り返します。

それがクセであり、前後理論の正体です。

前にずらすか後ろにずらすか、どれだけずらすかというのも然り、普段どんな曲を演奏するか、今までどんな音楽を聴いてきたか、どんな音色で楽器を鳴らしているか、どんな練習をしてきたか、いろんな要素が絡まって複数名のメンバー全員のバックボーンが見事に一致したときに言いようのないグルーヴが生まれるのです。

歴が長かったりしっかり練習してるバンドはもうお互いのクセなんかも熟知してるからすっごい演奏が出来るんでしょうね。
BLANKEY JET CITYとか無茶苦茶やってるのに何故か合ってるみたいなグルーヴ感があります。
始めてセッションするメンバーでも、バックボーンが一致すればそれはもう楽しい時間になるでしょう。



しかし人々はその奇跡のグルーヴを追い求めるあまり「クセ」までコントロールしようとしました。

この前後理論も冒頭に述べたような疾走感や重量感というメリットだけが先走りして安易にコントロールしようとした挙句、わけもわからず後ろノリで弾けとか言い出す悲しきプロデューサーを生み出してしまったのでしょう。

まるで人間が神に近付こうと天にも届く塔を建て、神の怒りに触れて言語をバラバラにされた「バベルの塔」の物語そのものではありませんか。



もちろん前ノリ後ろノリはグルーヴを生み出す大きな要因なのですが、それは「コントロール」するのではなくアンサンブルを意識して一緒に音楽を作るメンバーを信頼し寄り添った演奏をしていれば自ずと出来上がるものなのではないかというのが僕の意見でございます。

少々難しい話ではありましたしが、何かご参考になれば!

お世話になります。
前田です。

めっちゃブログ空いてしもうたやん。

と言いますのも某マッチングサイトでベースの生徒を募るためにそちらでばかりブログを書いておりました。
そちらは単なるベースうんちくおじさんですけどね。

さて、来月イッチオシしたいライブがございます。

7/12@梅田Shangri-La
open18:30 start19:00
adv¥2000 door¥2500
(別途1drink¥600)
GOZORO’P
モチモチの樹
Droopys
marvel in vain
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0461.JPG

出演はトップバッターの19:00から!
いいよトップバッターのヒリつく感じ!

やっぱ仕事とかで来れない人がいたり、トリの方がオオモノみたいなしきたりがあるのでトップバッターってあんまり美味しくないということを思われがちなんですけど、そういう外的要因を取り除けば好きなバンドが最初に出てきてくれるのが普通に嬉しいですよね。
そんなバンドに私はなりたい。

お待ちしております!

今月6/28はロボトミートロボの2マン!
こちらもお願いします!
EK9W004Zgn.jpg



さて、タイトルに書いたベーシスト教えて症候群なんですけども、どうやら僕は「ベーシスト」に関する知識が著しく欠如しているということに気付きました。
そりゃね、有名な人は知ってますよ。
いかりや長介とかマーカスミラーとかジャコパストリアスとかビクターウッテンとか。

しかし聞いてきた音楽が音楽なだけに「誰がベース弾いてんねんこれ」っていうなんちゃらうんちゃらトリオとかそんなんが多かったので、ベーシストの名前を知りません。
彼の名前を僕は知らない。

エイブラハムラボリエルとかエディゴメズとか、気に入ったベーシストはいたんですが「じゃあこの人のリーダープロジェクト掘ってみよっと♪」とまではならないんですよね。
ベーシスト主体のアルバムで面白いと思ったのはジャコパスくらいですし…

そんな調子なので、本当こんなブログのこんな下の方まで読んでくれた方はTwitterのリプでいいので、おすすめのベーシストを教えて欲しいです。
僕が聞いて気に入ったらいいねしますし、あんまりだなと思ったらブロックします。

よろしくお願い致します。

お世話になります。
前田です。

昨日は初めてのアコースティックギターサポートさせていただきました。
ナトナキュラのあきらくんは本当いい奴です。
たこ焼き作るの上手いし。
歌もいい感じにロー~ミドルテンションを出せるいいボーカリストです。

さて、負けてられませぬということで各種告知でございます。

【ロボトミートロボ】
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0140.JPG
2018/5/18(金)@南堀江knave
「mondo vol.2」
ロボトミートロボ
レベル27
前売 2,000円/当日 2,500円(ドリンク別)
開場 19:00/開演 19:30
ロボトミートロボの3ヵ月連続企画第二弾!
タイマン相手にはレベル27!
くぼんぬと遊べるぞ!

【KITANO REMベースサポート】
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0341.JPG
2018/6/1(金)@北堀江club vijon
【コシモトユイカ×KITANO REM pre. 青と紫の革命】
前売 2,300円/当日 2,800円(ドリンク別)
女性割 1,300円
開場 18:30/開演 19:00
シンガーソングライターKITANO REM氏のサポートでベース弾かせていただきます。
ホンマに普段一人でやってるんかいというくらいバンドサウンドに技巧が求められる珍しいパターン!
KITANO氏本人も含めてひーひー言うてやってるので是非見に来ていただきたいッ!
U8ZITfq4tm.jpg
2018/6/6(水)@大阪RUDIO
"Reasons to be Cheerful Part.24"
marvel in vain
オルタニカ
Colors to cooks
The Mayllows
doppel drop
前売 2,500円/当日 3,000円
開場 18:00/開演 18:30
オルタニカ!またやりたいと思ってたんじゃ!
The Mayllows!またやりたいと思ったんじゃ!
カラクク!またやりたいと思ってたんじゃ!
doppel drop!またやりたいと思ってたんじゃ!
というのが一日で叶ってしまいました。
楽しいことになりますよ!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0246.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0263.JPG
お弁当が大人気です。
梅田近辺でランチをお探しの方。
夜にお腹も空いててお酒も飲みたい方。
是非お越しください!
また、イベント、パーティ、会議、個展などのご利用も可能です。
なんでも出来るぜ!



ということで5月病なんて吹っ飛ばせ!
夕暮れスタミナブログでした!

↑このページのトップへ