今、安寧を壊す罪悪感。胸の中に渦を巻いている、漆黒の濁流。どうやらわたしは、願わくも破壊者になってしまうようだ。これまで連綿と続いてきた静謐な空気が、一瞬にして破壊される瞬間。耐えがたい重圧が、全身の神経をうだらせる。

午前〇時三十九分。時計の短針は、ゆっくりと右回りをしている。

わたしは、人の才能を殺すことを、したくない。人の才能を殺すのは、人を殺すこととなんら変わりない、重罪が伴う酷事だと思っている。

書類作成ソフトを開いた。感情的にキーボードを叩いた。文字は一字一字と入力が進んでいく。

頭の中には、理性的な天使と夢幻の悪魔が常在していて、互いに罵り合っている。わたしはそのとき、誰も経験したことがなかったことに手を伸ばそうとしていた。極度の眠気と、鈍痛が感じられる。


「破壊は何をもたらすか」


ふと頭に浮かんだ一文がはらを鋭く刺した。定まった回答を得られていなかった。思考の処理がスタートする。


「既存のものを変えてしまうことには、リスクが伴う。罪も伴う。はっきりいって、物怖じしている」

「もう無理だ。何もかもが不可能であるように思われる」

「なぜこのようなリスクを負ってまで、破壊を行わねばならないのか。それは何を生むのか___負の遺産?」

思考の蔦が、ごちゃごちゃに絡み合っていた。


しかしそのとき、急激な思考の転換が起こった。

「だが、もし、破壊がもたらす次の創造を進化と呼ぶならば、それは創造的破壊になりえないか?」

「それにより新しい世界が開けるとしたら?」

「確かに巨大な利潤は、巨大なリスクからしか生まれない」

「革新的破壊は、ビックバンを生み出す」

追い風を受けたボートのように、気分の高揚は加速していった。

「やるしかないよ、だってその先はきっと良いものになるから」

「未来を見るのが待ちきれないよ」

「もっとこの世界は良くなっていくんだ!」

謎の根拠に基づいた破天荒な歓喜が、心を満たしていく。

この状態は、いいパターンだ。

毎度、何かを行うときには、必ず不安が生じる。だが、それに負けてはいけないんだ。さらなる上級の価値を発見するためには勇気が必要で、その勇気は破茶滅茶なものでも良いからとにかく、自分が正しいと思ったことに、ためらわず挑戦することが大切なんだ。きっと目の前には、希望が溢れている。