月別アーカイブ / 2016年12月

いやぁ、ブログの存在忘れてたわ!
みたいなベタな展開で始めつつ、、、
 
最近、我が家の近所…と言えば近所だが、
そうでもないと言えば、そうでもない的なところにあるラーメン屋が
とんでもなく美味しかったんです。


で、
「なるほど、この手のラーメンて、こういう味なのか!」
と、なったわけです。
 
わかりにくいですかね?
例えるなら、、、
「家系って、こういうのか」
とか、そんな感じです。
ようは、ジャンル?みたいなのです。
 
 
で、ですね。
初めて食べた某タイプのラーメンが非常に美味しかったので、
他に近所にないのかな? と調べてみたところ、
すこぶる評判の良い店があったので、そこに行ってみたんです。
 

すると、どうでしょう。
 





ぜんっぜん、違う!!



もう、見た目も味も、ぜんっっっっぜん違うんです。
 
「あ、肉っぽいものが上に乗ってて、汁が茶色いんだ?」

ぐらいしか共通点なし。
あとは、強いていうなら

「麺が入っている」
 
ぐらいですかね、共通点は。
その麺も、ぜんっっっっっっぜん違う麺で、もうガッカリです。
 
やっぱりジャンルで括るというのは、こういう結果を生みますね。
ある程度カテゴライズすることで便利になることも多々ありますが、
同じジャンルでも、ここまで違うのか〜と痛感した夜でした。
ちなみに2軒しか食べていないので、どちらがその「ジャンル」の系譜としてよりわかりやすいのか、
もしくはどちらも全然違っているのかは、わからないので何系なのかは、またいつか。
 
 
悔しかったというか、求めていたものを食べられなかったのでハシゴしようとしたところ、
その間に、最初に食べた気に入ったほうの店が閉まってしまったので、
そば食べて帰りました。



1481884559925.jpg











 

その1つに、そばつゆで食べられるかどうかがあり、
さらにそこから細分化された中に、
つゆを店員を呼ばずに自分で足せるようにポットなどで提供してくれるかどうか、がある。
これは、薬味にも同じことが言える。
 
なぜなら、鍋料理というのは、同じ鍋を囲んで会話を楽しむことも大事な要素になることが多く、
そのためには、話の腰を折られたくない、または折りたくないというのが基本にあるからだ。

IMAG1706.jpg

ようするに、完璧でした

amazonを使用していて、わからない部分があったから
チャット問い合わせをしてみた。
 
  
 
8V7hxuR8GO.47.51.png
 
 

頑なに俺の質問に答えてくれなくて、闇を感じている……。
 
 
 

↑このページのトップへ