月別アーカイブ / 2010年12月

 
ギターマガジン1月号に、
作曲時の機材等の紹介で載ってます。
 
101217.jpg
 
1ページまるっと俺の作曲環境の紹介です。
 
その後のページの自宅スタジオのコーナー、
モニタースピーカーやヘッドフォンに対する簡単な知識など、
入門として判り易いことが多々載っていますので、
興味ある人は読んでみて下さいな。
 
 
あと、1/3の赤坂ブリッツのチケットも発売中です。
 
買いなさい。
 

 
忘年会、新年会ってのは無理や!笑
 
 
なんか色々と敷居が高いというか
考えれば考える程、壁がある。
 
 
しかし、いったい、いつまでなら新年会なんやろか?
忘年会は、流石に年明けたらアカンと思うけど、
新年会はいつまでなんや…???
 
最近、会話の中でも、頻繁に
 
「忘年会しようぜー」
 
と言われ、スケジュールをどうこうしてるうちに
 
「じゃ、新年会で!」
 
という流れになる。
で、俺が
 
「ハロウィンパーティーせな!!」
 
って言って、オチへと向かっていく。。。
 
 
うーん。。。
 
 


CD全般のセールスが落ちている。
そんなことは、業界の人ならずとも知っている人が大半なほどに
言わば周知の事実というやつになっていると思う。
 
 
レコード会社のセールス統計が、この3年で半分以下になったらしく
しかも大きなセールスを保有しているアーティストが決まっている為、
総じて見ると、もっと落ち込んでいると考えてもいい状態なわけですが、
とあるCDショップの経営者に、そのショップの状況について訪ねてみたらば、
3年前から数えて、翌年(2年前)は約40%減。
ようするに、アマゾン等のネット販売を無視した場合、
この段階で、すでに約半分になっている可能性があるわけです。
(勿論、この店だけの情報なので全体がどうかはわかりません)
 
そして、2年前から今年度に関しては、
そこから更に約60%減だそうです。
ようは、年商1億だとして、1年で6000万になり、
その翌年には2400万になった、ということです。
 
億で例えると想像がつきにくいですが、
1000万なら、この3年で240万になったということです。
要は、76%減です。
 
ヤバいでしょ?
勿論、全体でここまでは落ちていません。
ネット上での販売は延びている可能性もあるので。
ただ、ショップでのセールスの一例として、
こういう現状があるというのは事実です。
 
たまたま音楽における話なだけで、
他のものでも販売業は、ネットの躍進により
今後、同じようなケースに陥る可能性は十二分にあると思います。
 
とは言え、ネットの躍進に反対したいワケではないし、
やはり便利な部分も感じているし、ホント難しいテーマだと思うのです。
時代の流れの中、変わっていくものと変わらないもの、
変わるべきものと、変わってはいけないもの。
ソレらのバランスも、各々の置かれた境遇で違うでしょうし、
答えが無いからこそ難しく、面白く、切なく、熱いのでしょう。
 
 

↑このページのトップへ